ノルド祖語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノルド祖語
話される国 スカンディナヴィア
消滅時期 8世紀古ノルド語 になった
言語系統
表記体系 en:Elder Futhark
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3
Linguist List 1be
  qdl
Glottolog olde1239  perhaps[1]
 
テンプレートを表示

ノルド祖語(ノルドそご、Proto-Norse language)は、スカンディナヴィアで話されるインド・ヨーロッパ語族の言語である。紀元後1世紀ゲルマン祖語の北方言になったと考えられる。北ゲルマン語群の特徴をもつ最も初期の段階であり、スカンディナヴィアの古フサルク英語版によって記録された最も古い言語である。2世紀から8世紀にかけて話された。ヴァイキング時代の紀元後800年頃には古ノルド語方言に分化した。

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Older Runic”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/olde1239.