バルト・スラヴ語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バルト・スラヴ語派
話される地域: 東ヨーロッパバルカン半島バルト海東岸
言語系統: インド・ヨーロッパ語族
 バルト・スラヴ語派
下位言語:
バルト・スラヴ語派

バルト・スラヴ語派(Baltic-Slavic language)とはインド・ヨーロッパ語族バルト語派スラヴ語派を含むグループである。バルト語派とスラヴ語派は他の語派には見られない、いくつかの言語学的共有点をもち、最も近い共通の祖語をもつと考えられる。ほとんどのインド・ヨーロッパ語学者はバルト語派とスラヴ語派を同一の枝に位置付けているが、詳細な点では議論もある[1][2] 近年の言語学者はバルト・スラヴ語が東バルト語群、西バルト語群、スラブ語派に同時に三分岐したとの見方を示している。[3][4]

バルト・スラヴ祖語比較方法によって再構され、インドヨーロッパ祖語からは、明瞭に定義される共有の音韻対応によって分類づけられる。ある一つの革新的な方言が、バルト・スラヴ方言連続体からわかれ、スラヴ祖語となったと考えられる[5]

脚注[編集]

  1. ^ Balto-Slavic languages. Encyclopædia Britannica. Encyclopædia Britannica Online”. Encyclopædia Britannica Inc.. 2015年6月閲覧。 “Those scholars who accept the Balto-Slavic hypothesis attribute the large number of close similarities in the vocabulary, grammar, and sound systems of the Baltic and Slavic languages to development from a common ancestral language after the breakup of Proto-Indo-European. Those scholars who reject the hypothesis believe that the similarities are the result of parallel development and of mutual influence during a long period of contact.”
  2. ^ Fortson (2010:414)
  3. ^ Kortlandt, Frederik (2009), Baltica & Balto-Slavica, p. 5, "Though Prussian is undoubtedly closer to the East Baltic languages than to Slavic, the characteristic features of the Baltic languages seem to be either retentions or results of parallel development and cultural interaction. Thus I assume that Balto-Slavic split into three identifiable branches, each of which followed its own course of development." 
  4. ^ Derksen, Rick (2008), Etymological Dictionary of the Slavic Inherited Lexicon, p. 20, ""I am not convinced that it is justified to reconstruct a Proto-Baltic stage. The term Proto-Baltic is used for convenience’s sake." 
  5. ^ Young (2006)