バルトロマエの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バルトロマエの法則 (バルトロマエのほうそく、:Bartholomae's law) は、インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派音韻法則ドイツ印欧語学者イラン研究家、インド学者であるクリスティアン・バルトロメー1855年1月21日1925年8月9日)が1882年に初めて指摘した。

有気有声音の直後に無気無声音が隣接した時、*bʰudʰ-to > サンスクリット語: buddha (「目覚め=た(者)」)の様に同化が起こり、前側の有気音無気音に、後側の無気無声音が有気有声音になる事をいう(なお、語頭の b に変化しているのはグラスマンの法則による)。

関連項目[編集]