フッター派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フッター派: Hutterite)は、16世紀に生まれたキリスト教のひとつ「アナバプテスト」の流れを汲む一派。ハッターライトハッタライトフッタライトハテライトとも表記する。

名称は、南チロル出身の創始者で、火焙りの刑に処されたヤーコプ・フッターen:Jacob Hutter, de: ? - 1536年)に因む。

ヤーコプ・フッターは1533年からモラヴィアアウステルリッツ再洗礼派のグループを指導し、数組の夫婦とその子ども達からなるコロニーに組織した。この組織は、財産共有など典型的な宗教的・キブツ的共同体主義に基づいていた。

19世紀後半から20世紀初頭にかけ、東方やアメリカ、カナダに移住した。この時移住したフッター派の町にはドイツ語の名前がある。1988年の時点で、北米にはコミュニティーが約260個所あり、その他の多くはカナダのアルバータ州マニトバ州を中心に分布し、総数は約40,000人いると見込まれている。各集落では主として農業が営まれている。農業生産者としての技術力は非常に高度であり、自給自足以上に農産物を生産し、外部社会に販売している。 隔絶的な生活、信仰と固有の文化に固執し、フッター派ドイツ語de:Hutterisch, en:Hutterite German, eo:Huterita dialekto)を固持していることは、アーミッシュのようである。文化の同化せず、投票など政治活動にも参加しない。また、基本的に離婚は認めない。また、避妊も認めていないため、人口の増加率が非常に高い。集落が大きくなると分村(Branching-out)する必要が生じる。この分村に必要な資金は農産品を外部に販売することで外部より資金を調達している。

作業をするフッタライトの婦人

略歴[編集]

弾劾

日本のフッター派[編集]

  • 新フッタライト大輪キリスト教会 (栃木県

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ペーター=リーデマン・著、榊原巌・訳 『フッタライト派信仰告白』 平凡社 1977
  • 榊原巌・著 『殉教と亡命・フッタライトの四百五十年』 平凡社 1967
  • ハンス=ゲオルク=フィッシャー・著、榊原巌・訳 『ヤコブ・フッター伝』 平凡社 1978
  • ロバート=フリードマン・著、榊原巌・訳 『アナバプティズムの神学』 平凡社 1975

外部リンク[編集]