ドイツ農民戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドイツ農民戦争
宗教改革
Karte bauernkrieg3.jpg
ドイツ農民戦争を時系列で表した地図 薄灰色の部分は、ドイツ農民戦争以前の反乱地域を表す。1524年の反乱は赤で示した地域、すなわちミュールハウゼン、フォルフハイム、ならびに現在のドイツ南西部を含む小規模な範囲で起こった。1525年3月20日までに反乱は特に南部で東に向かって広がり(薄赤)、1525年3月と4月の反乱は北に向かって一気に広がった(茶色)。スイスも反乱の中にあった。1525年4月30日以降の反乱は南東へすなわち現在のオーストリアへ向かっている。白い×印は主な戦闘が起こったところ。実線は神聖ローマ帝国の国境、点線は2003年時点のドイツの国境
1524–1525
場所現在のドイツスイスオーストリアアルザスチェコ
結果 反乱の鎮圧と参加者の処刑
衝突した勢力
農民軍(Peasant Army) シュヴァーベン同盟
指揮官
トマス・ミュンツァー 
ハンス・ミュラードイツ語版英語版 
ヴェンデル・ヒプラー英語版 
en:Georg, Truchsess von Waldburg
戦力
300,000
被害者数
>100,000
プロテスタント宗教改革
95Thesen.jpg
迫害の歴史
宗教改革の始まり
宗教改革者
各国の宗教改革

ドイツ農民戦争(ドイツのうみんせんそう、: Deutscher Bauernkrieg, : German Peasants' War)は1524年、主にドイツ南部・中部の農民が起こした大規模な反乱

この反乱の代表的指導者はトマス・ミュンツァーであったが、次第に急進化し社会変革を掲げるようになった。そのため社会制度に対して保守的なマルティン・ルターは始めこの反乱を支持していたものの、鎮圧の側に回り、反乱は最終的に鎮圧された。このためこの地方の農民からルター派は支持を失い、以後カトリックが主流となる(→文化闘争)。

一方ルターが保守的であることを知った領主階級はカトリック教会を通じて支配体制を強化しようとするカール5世との対抗の必要上、ルター派を支持するようになった。

関連項目[編集]