反乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

反乱叛乱(はんらん、英語: rebellion、insurgency、uprising)とは、国家等の支配者に対して被支配層が徒党を組み、組織的な暴力的、破壊的、示威的行動によって何らかの不満を表明し、その不満の原因解決を迫り、あるいは被支配層みずからの手で不満の原因を解決しようとする行為である。

漢字圏の歴史上の叛乱には「~の(らん)」とのみ呼ばれるものもあるが、「乱」に反乱の意味はなく、この場合の「乱」は単に「世が乱れること」を意味している[1]

また、国家的規模でなくとも、軍隊の構成員や船の乗組員などが共謀して公然と上官等の権威に対抗する場合も反乱という。この場合の反乱には英語では「mutiny」の語が充てられる。

なお、この語はあくまで反乱を「起こされる側」の表現であり、実際に「起こす側」が自ら反乱と言うことはなく[要出典]「決起」などと呼ぶ。

最古の反乱[編集]

人類がいつどこで反乱という行為を最初に起こしたのかについては分かっていないが、文明を築き、集団生活の中に「社会」を構成し始めた4大文明の時代から近代まで、常に反乱は発生してきた。

シュメール王朝を吸収して北部メソポタミア地方に興ったアッカド帝国第2の王、リムシュが生きた紀元前2300年代にはすでに、旧シュメール王朝派の都市国家ウルの王、カクを中心にした勢力がリムシュに対して反乱を起こし「シュメールと激しく戦った。8742人の兵士を殺し都市を破壊し、城壁を崩した」と記録が残されている。

この反乱の原因が、旧シュメール王朝派によるクーデター的なものだったのか、帝国による旧シュメール王朝派への何らかの迫害の結果なのかは判明していないが、より詳しく歴史をつづるようになったその後の人類による反乱の記録を見てゆくと、反乱が発生した国家の支配層には、常に公的な部分に何らかの問題があることが読みとれる。

反乱の背景[編集]

問題とは時に被支配層へのある種の弾圧であったり、貧困が原因の食糧不足であったり、非政治的で、比較的原始的なものである。こうした一時的あるいは慢性的な問題を、被支配層が選挙デモ、請願などの平和的主張によって訴えることができ、支配者がその訴えを受け止める国家ならば、反乱は発生しづらい。あるいは、支配者が有能であり、被支配層の生活を考慮して善政を行う場合も、反乱が起きる可能性は低いと言える。

逆に、被支配層から支配者への訴えを権利として認めない国家、訴えを弾圧する国家、あるいは平和的手段によって訴える事はできるが、支配者が常にそれを黙殺するような状態の国家、深刻すぎて平和的に訴える次元を過ぎたような問題のある国家では、反乱の可能性は高まる。

現代における例を挙げるなら、中華人民共和国は、共産党の政治腐敗による搾取、農村地帯と都市のあまりもの貧富の差などが原因で、小規模な農民反乱が各地で起こっている。1989年の第二次天安門事件で、学生による非暴力的デモ行為を反乱として軍事力を用いて鎮圧したことは記憶に新しい。前述の「反乱が起こる可能性の高いの国家」に該当すると言えるだろう。

言い換えれば反乱とは、被支配層による、支配者への究極の意思表示方法であると考えられるが、支配者側から見れば重犯罪であり、鎮圧されれば生命の保証はなく、後がない状態であることを承知の上で被支配層が反乱を起こすと言う事態は、それだけで支配者と被支配層の完全な没交渉状態を表しており、その国家運営が部分的に破綻していることの現れだと言うことができる。

歴史的に、選挙・請願・デモなどの平和的主張が被支配層の「権利」として認められるのは、民主政が定着し始めた19世紀から20世紀を待たねばならず、それ以前の帝政・王政が主流の世界では、被支配層には支配者を批判したり、不満を表明する手段がなく、またその権利を自覚していなかったため、幸運が有能な支配者をもたらさない限り、被支配層は支配者に対する不満を蓄積し続け、結果として反乱を起こす可能性が非常に高い時代だったと言えるだろう。

「反乱」と類義・近似の言葉は、日本語にも英語にも数多くあるので「反乱とは何か」を考えるとき、その境界を見つけるのが多少難しい。英語では、反乱を大きく rebellion とし、民衆が非武装なら nonviolent resistance市民的不服従)、武装していれば uprising と呼ぶ。

一例をあげれば、明智光秀は何かしらの不満があって織田信長を誅したのだから「本能寺の変」は「明智光秀の反乱」とでも言えそうだが、彼は飢えた農民たちを率いた無名の男ではなく、織田信長の腹心であり、本能寺の変は最初から最後まで、支配層の内側で起こった政治的な背景を持った事件である。日本語は従者が主人に反逆することを「謀反」と呼ぶが「本能寺の変」は、明智が政権を奪ったクーデターであり、そこから豊臣と明智の短期間の内乱に発展したと言えるだろう。

そこで反乱とは「下層」の被支配層が「上層の」支配者に対して起こす「非政治的な階級間闘争」であると考えれば「反乱」の構図が明確になる。起こす側と起こされる側の階級差が大きく、理由が非政治的であれば反乱であり、階級差が少なく、理由が政治的であればクーデターまたは内乱ということである。剣闘奴隷という最下層の人々が巨大なローマ帝国に挑んだスパルタクスの反乱(下記リンク参照)は、完全に反乱の概念を満たす事件であるし、日本の農民一揆も同様である。

だが、階級差は大きいが、理由が政治的なものもある。それは「革命」である。「ロシア革命」はニコライ2世皇帝一家とツァーリズムという国家体制の打倒と、その後の共産主義国家の樹立を目指しており、完全に政治的な背景を持つ事件である。

コミュニストたちはこの運動に成功したゆえに「革命」と呼ばれているのだが、これが途中で鎮圧され、首謀者であるレーニンたちが処刑されていたら、最終目標だったニコライから見たそのままに、後世では「コミュニストの反乱」などと呼ばれたかもしれない。

後世から見れば反乱を起こした人々が持つ大義は十分理解できるものだが、反乱を鎮圧した当時の支配者は、反乱を起こした人々を、支配者の地位を脅かした大罪人としてひとくくりで処罰し、彼らには汚名と「反乱」というやや悪性のイメージしか残されない。

反乱とリーダー[編集]

反乱にはときに、現状を正さねばならないという主張があり、行動力またはカリスマ性のあるリーダーが現れ、被支配層を統率して進行する場合がある。リーダーは反乱の象徴であり、中心であるため、リーダーが倒れると同時に、その反乱は失速し、終息に向かう場合がある。

19世紀後半から20世紀前半にかけ、アジア・アフリカ地域の民族主義が高まってゆく中で、欧米による植民地支配に対抗して起きた独立運動の盛り上がりの中には、インドのマハトマ・ガンディーなどのような歴史上特筆されるリーダーは少ないが、反乱によって圧制者の手から国家の独立を勝ち取らねばならない場合には、1人のリーダーよりも「民族の誇り」が、大衆全体をより強く動かしうる。

当事者の支配層から見れば、規模の大小や、そこにどのような大義があるかは関係なく、それまで下に見ていた者が上に向かって弓を引く行為はすべて反乱としか見えない。イギリス側がインドの独立運動を「インド大反乱」と呼び、インド側は「第一次インド独立戦争」と呼ぶのは非常に象徴的である。

主な反乱一覧[編集]

戦争一覧内戦一覧および独立戦争一覧も参照。

複数年にわたる反乱は、蜂起した年のみ挙げる。

出典[編集]

  1. ^ 広辞苑』第5版「乱」。「乱」に叛乱の意味がないことは、各種の漢和辞典でも確認できる。

関連項目[編集]