ケルト語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケルト語派(ケルトごは、アイルランド語: Teangacha Ceilteacha、ウェールズ語: Ieithoedd Celtaidd、ブルトン語: Yezhoù keltiek、スコットランド・ゲール語: Cànanan Ceilteach、コーンウォール語: Yethow Keltek、マン島語: Çhengaghyn Celtiagh)はインド・ヨーロッパ語族ケントゥム語派に属する語派の一つ。元々ヨーロッパに広く栄えていたケルト人によって話されていたが、ローマ人ゲルマン人に追われ、現在はアイルランドイギリスフランスの一部地区に残る少数言語となっている。イタリック語派とはいくつかの共通点があり、また語彙の点でゲルマン語派との一致も見られる。

発音の特徴[編集]

大別して2点あり、まず印欧祖語の語頭及び母音間の *p が消滅している点が挙げられる。

英語 father fish
ラテン語 pater piscis
アイルランド語 athair iasc

もう一つは印欧祖語の *kʷ 及び *kw の推移である。現存するケルト語には、これらを [p] に変えたPケルト語と、印欧祖語に近い形で保存しているQケルト語の2種類がある。

文字[編集]

オガム文字と呼ばれる独特の文字を持っていた。

もう一つ当語派起源の文字としてカロリンガ体が挙げられる[要出典]。これはラテン文字だが丸っこく、縁が植物の様に太くなっているもので、原始宗教において植物を信仰していたケルト民族(ロールプレイングゲームで御馴染みのドルイドも、ケルト文化の植物信仰にちなむ神職である)の影響が出た書体とも言える[要出典]

地名[編集]

ケルト人が先住民族だった名残はヨーロッパの地名に表れており、ロンドンパリベルン等の地名はケルト語起源である。

分類[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]