古ウェールズ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古ウェールズ語
Hen Gymraeg
話される国 ウェールズ
消滅時期 12世紀初頭
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 cel
ISO 639-3 owl
テンプレートを表示

古ウェールズ語(ウェールズ語名 Hen Gymraeg)は、西暦800年頃から12世紀初頭まで使われていたウェールズ語を指す呼称。それ以降から14世紀頃までのものは中期ウェールズ語として区別される[1]。ウェールズ語が他のブリソン諸語と違う性格を持ち始めたばかりのものは原始ウェールズ語とも呼ばれる[1]

多くの文献が発見されており、時の紛争で戦死した戦士を悼む Y Gododdin が最古の詩とされ、600年頃の創作と推定されている(これはスコットランド人の創作という説もある[2])。

古ウェールズ語文[編集]

Surexit Memorandum[編集]

参考例として8世紀後半から9世紀に書かれたBook of St. Chad(参照en:Lichfield Gospels)中の、Surexit Memorandumを挙げる。これは6世紀から7世紀のものの複写と言われている。

原文[編集]

tutbulc filius liuit hagener tutri dierchi tir telih haioid ilau elcu filius gelhig haluidt iuguret amgucant pel amtanndi ho diued diprotant gener tutri o guir imguodant ir degion guragon tagc rodesit elcu guetig equs tres uache, tres uache nouidligi namin ir ni be cas igridu dimedichat guetig hit did braut grefiat guetig nis minn tutbulc hai cenetl in ois oisau

特徴[編集]

古ウェールズ語 現代ウェールズ語
tir tir
lau llaw
diued diwedd
ir yr, y
nouid newydd
guetig gwedy
cas cas
hit hyd
did dydd
braut brawd
in ois oisou yn oes oesoedd
  • いくつかの言葉はそのまま廃れたが、他の多くの言葉は現代ウェールズ語と余り相異ない[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b Koch, John T. (2006). Celtic Culture: A Historical Encyclopedia. ABC-CLIO. 
  2. ^ Jackson, Kennet H. (1969). The Gododdin: The Oldest Scottish poem. Edinburgh University Press. 
  3. ^ Price, Glanville (1985). The Languages of Britain. London: Edward Arnold. ISBN 0-7131-6452-2.