千野栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

千野 栄一(ちの えいいち、1932年2月7日 - 2002年3月19日)は、日本言語学者東京外国語大学名誉教授、元和光大学学長。言語学、およびチェコ語を中心としたスラブ語学が専門。晩年は「千野榮一」と表記した。

人物・生涯[ソースを編集]

東京府豊多摩郡渋谷町(現・東京都渋谷区)栄通1丁目生まれ。1948年東京都立高校(旧制)尋常科(現東京都立桜修館中等教育学校)修了。当時からの友人に地理学者江波戸昭がいる。

1949年、東京都立高校高等科(現・首都大学東京)修了。1955年東京外国語大学第四部(ロシア語)卒業。1958年東京大学文学部言語学専攻卒業。

同年、チェコスロヴァキア政府奨学生としてプラハカレル大学に入学。ヨーゼフ・クルツチェコ語版[1][2]のもとで古代教会スラヴ語ならびにプラーグ学派を研究すると共に、1959年から同大学日本語科講師を務める(1967年まで)。1964年、カレル大学文学部スラヴ語科修了。1967年12月に日本へ帰国。

1969年東京教育大学文学部の助教授として着任し、教授だった河野六郎と親交を深める。1976年、東京外国語大学外国語学部助教授。1977年、同教授。

1988年、チェコスロヴァキア国際交流協会金賞受賞。1989年ヨゼフ・チャペックカレル・チャペックを研究する日本チャペック兄弟協会を設立、会長となる。1991年、ポーランド語科およびチェコ語科の新設に伴い、東京外国語大学ロシア・東欧語学科教授着任。

1992年12月、『言語学大辞典』の業績により第46回毎日出版文化賞特別賞受賞。1993年、東京外国語大学名誉教授。1994年、同大学を定年退官。同年、和光大学人文学部文学科教授着任。同年11月、東京外国語大学ポーランド語科およびチェコ語科の創設の功績により、原卓也と共にポーランド功労十字章受章。1997年、和光大学学長就任(2003年まで)。

2000年9月、日本におけるチェコ語の普及ならびにチェコ文学・チェコ文化の紹介によりチェコの文化功労賞を受ける。

2002年3月19日、国立病院東京医療センターで死去。2002年4月9日朝日新聞「惜別」に学芸部・伊左恭子の追悼文がある。

元妻の千野ズデンカ、再婚相手でチェコ語研究者の保川亜矢子千野亜矢子)、ズデンカとの間の娘の千野花江は共にチェコ語講師。

著書[ソースを編集]

単著[ソースを編集]

  • 『ポケットのなかのチャペック』(晶文社, 1975年)
  • 『言語学の散歩』(大修館書店, 1975年)
  • 『言語学のたのしみ』(大修館書店, 1980年)
  • 『外国語上達法』(岩波書店 <岩波新書> , 1986年)
  • 『注文の多い言語学』(大修館書店, 1986年)
  • 『エクスプレス チェコ語』(白水社, 1986年)
  • 『プラハの古本屋』(大修館書店, 1987年)
  • 『世界ことばの旅―地球上80言語カタログ』(研究社, 1993年)
  • 『言語学への開かれた扉』(三省堂, 1994年)[3]
  • 『ビールと古本のプラハ』(白水社, 1997年)
  • 『ことばの樹海』(青土社, 1999年)
  • 『言語学フォーエバー』(大修館書店, 2002年)
  • 『言語学――私のラブストーリー』(三省堂, 2002年)

共著[ソースを編集]

  • (千野ズデンカ)『チェコ語の入門』(白水社, 1975年)

編著[ソースを編集]

  • 『講座言語 (4)言語の芸術』(大修館書店, 1980年)
  • 『日本の名随筆(別巻93)言語』(作品社, 1998年)

共編著[ソースを編集]

  • 西江雅之)『月刊言語別冊1:アフリカの言語と文化』(大修館書店, 1974年)
  • 亀井孝・河野六郎)『言語学大辞典』(三省堂, 1988年)
  • 竹林滋東信行)『世界の辞書』(研究社, 1992年)
  • (亀井孝・河野六郎)『日本列島の言語』(三省堂, 1997年)
  • (亀井孝・河野六郎)『ヨーロッパの言語』(三省堂, 1998年)
  • 石井米雄)『世界のことば100語辞典:ヨーロッパ編』『同:アジア編』(三省堂, 1999年)
  • (河野六郎・西田龍雄)『世界文字辞典』(三省堂, 2001年)
  • (石井米雄)『世界のことば・出会いの表現辞典』(三省堂, 2004年)

訳書[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

  • 千野栄一『言語学フォーエバー』(大修館書店, 2002年)
    • 死後に出版されたエッセイ集。『言語学の散歩』、『言語学のたのしみ』、『注文の多い言語学』からの再録と書き下ろし、略年譜、主要著作リストを収録。

脚注・参照[ソースを編集]

  1. ^ Kurz, Josef - Webcat Plus
  2. ^ Search records | 東京外国語大学附属図書館OPAC
  3. ^ 書評『言語学への開かれた扉』 - 山岡政紀創価大学教授)による書評

外部リンク[ソースを編集]