亀井孝 (国語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

亀井 孝(かめい たかし、1912年6月3日 - 1995年1月7日)は、日本国語学者言語学者一橋大学名誉教授

人物[編集]

東京府生まれ。ユーラシア史学者・亀井高孝の長男。

慶應義塾幼稚舎武蔵高等学校 (旧制)を経て、1935年東京帝国大学文学部卒業1938年同大学大学院を中退し、同大助手に就任。

東京商科大学(のちの一橋大学予科非常勤講師、同教授を経て、戦後、一橋大学助教授を経て教授。1977年定年退官し、名誉教授になる。成城大学教授、1984年東洋文庫研究員となる。「国語学よ、死して生れよ」をテーゼとする。

中世文献からキリシタン文献まで研究国語史に業績を残した。特に日本語音韻について研究した。論文集全6巻がある。哲学者亀井裕

著書[編集]

単著[編集]

  • 詩集 松と杉 亀井高孝 1925
  • 概説文語文法 吉川弘文館 1955
  • 亀井孝論文集 全6巻 吉川弘文館 1971―96
  • ことばの森 かめいたかし 吉川弘文館 1995.7
  • お馬ひんひん 語源を探る愉しみ 小出昌洋編 朝日選書 1998.12

共編著[編集]

校註・翻訳[編集]

  • 下学集 岩波文庫 1944
  • 史記桃源抄の研究 本文篇 第1-5 水沢利忠共著 日本学術振興会 1965―73
  • 改編節用集 勉誠社 1974
  • 語学資料としての中華若木詩抄(校本) 清文堂出版, 1977.3
  • 語学資料としての中華若木詩抄 系譜 清文堂出版, 1980.2
  • うつりゆくこそことばなれ エウジェニオ・コセリウ 田中克彦,かめいたかし共訳 クロノス 1981.6