Y染色体ハプログループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Y染色体の系図

Y染色体ハプログループ(Yせんしょくたいハプログループ)とは、父系で遺伝するY染色体ハプログループ(=ハプロタイプ集団)のことである。言語学上の区分に近いが、外見上の人種区分とは違うパターンが少なからずある。

概要[編集]

ハプログループEの分布図
ハプログループJの分布図
ハプログループNの分布図
ハプログループOの分布図
ハプログループQの分布図
ハプログループRの分布図

ハプログループは同じハプロタイプに属する(正確には同じSNPを持つ)人々の集まりである。Y染色体のSNPは、突然変異により生まれ、新たなサブグループを形成する。

系統樹[編集]

Y染色体アダム

A(A00~A3) アフリカで多い。コイサン語族と関連。カポイド人種。


BT

B アフリカ、ピグミーネグリロ人種)に多い。


CT(ユーラシアン・アダム)
DE(YAP)
D

D1a チベット等に多い。



D1b 日本固有。アイヌ人沖縄人に特に多い。




E アフリカで多い。コンゴイド人種。



CF
C
C1

C1a1 日本固有。日本列島でわずかに見られる。



C1b2 オーストラリア先住民オセアニア先住民で多く見られる。




C2 モンゴル高原シベリア北東アジア北アメリカ先住民に多い。アルタイ諸語古シベリア諸語ナデネ語族と関連。



F

F*, F1-F3 ドラヴィダ人に多い。その他南アジア中央アジア地域にも少し見られる。




G コーカサスで多く、ヨーロッパでも少し見られる。




H インド、特にドラヴィダ人に多い。


IJK
IJ

I バルカン半島北欧で多く見られる。クロマニョン人もI2に属す。



J 中東紅海地中海沿岸。特にアラビア半島に多い。



K

K* パプアニューギニアに多く見られるほか、オーストラリアなど。東南アジアでも少数だが見られる。


K1

L インド・パキスタンで見られる。



T インド、中東、東アフリカ、ヨーロッパで低頻度ながら見られる。



K2

MS パプアニューギニアに多い


NO

N フィン人エストニア人サモエド人などウラル系民族ヤクート人など、北ユーラシアに広く分布する。


O 東ユーラシア最多系統
O1

O1b1 中国南部東南アジアに多い。オーストロアジア語族と関連。



O1b2 日本本州朝鮮半島満州など東アジア北東部に多い。




O2 中国大陸や朝鮮半島で多い。日本でも20%程見られる。シナ・チベット語族と関連。




P

Q 南北アメリカ大陸のネイティブアメリカンに非常に多い。ケット人などシベリアの一部でも見られる。


R 西ユーラシア最多系統

R1a 東ヨーロッパ、北インド、中央アジアに多い。西ユーラシア全域で見られ、インドヨーロッパ語族と関連。



R1b 西ヨーロッパに特に多く、ヨーロッパ全域で一般的に見られる。特にケルト系民族バスク人に多い。














Y染色体ハプログループと人種[編集]

崎谷満は人類のY染色体ハプログループが出アフリカ後にイラン付近を起点にして南ルート北ルート西ルートの3ルートで拡散したとしている[1][2]。すなわち南ルートをとった集団がオーストラロイド、北ルートがモンゴロイド、西ルートがコーカソイド、非出アフリカがネグロイドということになる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 崎谷満(2009)『新日本人の起源』勉誠出版
  2. ^ 崎谷満(2009)『DNA・考古・言語の学際研究が示す 新・日本列島史』勉誠出版


ヒトY染色体ハプログループ系統樹
Y染色体アダム (Y-MRCA)
A0 A1
A1a A1b
A1b1 BT
B CT
DE CF
D E C F
G H IJK
IJ K
I J K1 K2
L T MS NO P K2*
N O Q R