イタリア・ケルト語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イタロ・ケルト語派から転送)
移動先: 案内検索

イタロ・ケルト語派(いたりあ・けるとごは、Italo-Celtic)、イタリア・ケルト語派インド・ヨーロッパ語族における仮説上の語派。

印欧祖語が語派に分岐する途中にイタリック語派ケルト語派に共通の言語があったという説にもとづく。Ringe & Taylor(2002)によると両語派は姉妹群をなす。[1]。またGray & Atkinson 2003[2]の系統樹によると、両語派はゲルマン語派を含めて単系統群を形成するとしている。イタロ・ケルト語派を支持する遺伝子指標としてY染色体ハプログループR-S116が想定される。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Oettinger, Norbert, Zur Diskussion um den Lateinischen ā-Konjunktiv, Glotta 62 (1984) 187–201.
  • Schmidt, Karl Horst, Contributions from New Data to the Reconstruction of the Proto-Language. In: Edgar Polomé and Werner Winter, eds. Reconstructing Languages and Cultures. Berlin/New York: Mouton de Gruyter (1992) , 35–62.
  • Calvert Watkins, Italo-Celtic Revisited in Birkbaum, Puhvel (eds.) Ancient Indo-European dialects, Berkeley (1966) , 29–50.

脚注[編集]

  1. ^ Ringe, Warnow & Taylor, Transactions of the Philological Society 100, 2002
  2. ^ Gray, R.D.; Atkinson, Q.D. (2003), “Language-tree divergence times support the Anatolian theory of Indo-European origin”, Nature 426: 435–9