アーリア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アーリア人: Aryan, : Arier, サンスクリット語: आर्य, ペルシア語: ‏آریا‎‎ )は、狭義と広義で対象が異なる。広義には中央アジアステップ地帯を出自とし、南はインド亜大陸、西は中央ヨーロッパ、東は中国西部まで拡大したグループ。狭義にはトゥーラーンを出自としたグループを指す。

概要[編集]

前15世紀以降にイラン集団(イラン・アーリア人)が拡大していったと言われる。その後はテュルクモンゴル民族の勃興と中央アジア北部インド西アジア 支配によりさらに細かい複数の集団に別れそれぞれが次第に独自の文化を形成していった。

現存する近縁の民族としてはパシュトゥーン人ペルシア人タジク人北部インドの諸民族などがあり[1]、彼らはアーリア人の末裔である。また、広義には現存の彼らを指してアーリア人と呼ぶこともある。

この項では基本的にはイラン・アーリア人、またそれらの最も近縁な共通先祖を、もしくは広義においてはその現存の子孫をアーリア人と呼ぶこととするが、アーリアン学説ではより広い意味でアーリア人という言葉を用いており、インド・ヨーロッパ語族に属する諸語を使う民族全般の祖をなすと想定された民族を指す。アーリアン学説における意味でのこのアーリア人を、この項では、アーリア人と呼ぶのではなく、アーリア人種と呼ぶ事にする。

アーリアン学説によるアーリア人、すなわちアーリア人種は多くの民族を子孫とするとして想定された。このアーリア人種は元々インドに住んでいたが、中央アジアイランへ広がり、更にロシアや東欧まで拡散したという。[2]

これによると、アーリア人には以下の狭義と広義が存在することになる。

広義のアーリア人の内、北インド諸民族のほとんどがインド・アーリア人を祖先に持つものであり、それ以外の上述されている民族はイラン・アーリア人を祖先に持つ。ただし、北インドのアーリア系民族の中にもパールシーなどのように、イラン・アーリア人を祖先とする民族もある。パールシーはサーサーン朝ペルシア帝国滅亡後にインドに移ってきたゾロアスター教を信奉する古代ペルシア人の子孫である。

現在狭義におけるアーリア人は消滅したと考えられているが、「イラン」という国名自体ペルシア語で「アーリア人の国」を意味し、イラン最後の皇帝であるモハンマド・レザー・パフラヴィー1979年イラン革命による失脚で廃位)は自らの称号を「アーリア人の栄光」を意味する「アーリヤー・メヘル」に定めるなど、現在もペルシア人は自らをアーリア人であると自認する者が多い。

尚、最広義のアーリア人(またはアーリア人種)という概念や呼び方は、元来は単なる学術上の仮説として想定された概念であるが、後にオカルティズムやナチズムと結びつき、人種差別や優生学を生み出した。しかしナチズムが想定していたような、ドイツ国民こそ最も純粋なアーリア人であるとする見解は現在では疑似科学だと見なされている。詳細はアーリアン学説の項を参照のこと。(インド・ヨーロッパ祖語を話していた人々に関する今日の科学的見解に関しては、インド・ヨーロッパ祖語en:Proto-Indo-Europeansクルガン仮説を参照。)。


本項では基本的には狭義のアーリア人を取り扱い、関連として広義のアーリア人も一部記述しているが、詳細はそれぞれの民族の項を参照されたい。

本項で取り扱う狭義のアーリア人は司祭が社会的に重要な地位であった。 自然現象を神々として崇拝する宗教を持っていた。

語源と名称の変化[編集]

アーリアの語源は、サンスクリット語の「アーリア (ārya)」および、それがペルシャ語に取り入れられた「アリイア (ariia)」とされる。いずれも「高貴な」という意味で、他民族より「高貴な」民族と考えたアーリア人が自称した。古代ギリシア人がイラン高原をアリアナ地方 (Aryana)、当地の住民をアーリア人と記録しており、その頃には地中海東部地域でも既知の民族名だったと言える。

宗教[編集]

イスラム教以前のイランの宗教はマズダー教(及びその内の多数派であるゾロアスター教)である。マズダー教の特徴として世界を善悪の二つの神のグループの戦いとしてとらえる。善神がアフラと呼ばれ、悪神はダエーワと呼ばれる。これに対して、インドの宗教はバラモン教であり、バラモン教の特徴として世界を善悪の二つの神のグループの戦いとして描写する局面を含有しつつも、リグ・ヴェーダ以来インドで一般に神を意味する単語はデーヴァであり、悪神はアスラと呼ばれる[3]

バラモン教[編集]

バラモン教は、インド・アーリア人が創り出した宗教である。

バラモン教が影響を与えた他の宗教[編集]

  • 仏教は、バラモン教の習慣、言語習慣を用いて教えを説いた。
  • ヒンドゥー教は、バラモン教を土台に、その他の宗教を取り込んで再構成されたものである。
  • ジャイナ教は、仏教と同時期にヴァルダマーナによって提唱された教えで、より徹底した不殺生を説く。なお仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の三者は成立以降、互いに影響し合って発展してきた経緯がある。
  • シク教は、ヒンドゥー教とイスラム教の宥和を目指して構築されたもので、両者の教義を取り入れている。

遺伝子[編集]

アーリア人はハプログループR1a (Y染色体)が高頻度である。インド北部では48.9%[4]パシュトゥーン人に51%[5]タジク人に44.7%[6]みられる。

脚注[編集]

  1. ^ 青木健「アーリア人」216ページ
  2. ^ Y-Chromosome distribution within the geo-linguistic landscape of northwestern Russia
  3. ^ 辻直四郎(1967)『インド文明の曙 ヴェーダとウパニシャッド』38頁。要するとデーヴァ(ダエーワ)とアスラ(アフラ)はインドとイランで正反対の好対照をなしている。
  4. ^ Trivedi, R.; Singh, Anamika; Bindu, G. Hima; Banerjee, Jheelam; Tandon, Manuj; Gaikwad, Sonali; Rajkumar, Revathi; Sitalaximi, T; Ashma, Richa (2008). "High Resolution Phylogeographic Map of Y-Chromosomes Reveal the Genetic Signatures of Pleistocene Origin of Indian Populations" (PDF). In Reddy, B. Mohan. Trends in molecular anthropology. Delhi: Kamla-Raj Enterprises. pp. 393–414. ISBN 978-81-85264-47-9.
  5. ^ Haber, Marc; Platt, DE; Ashrafian Bonab, M; Youhanna, SC; Soria-Hernanz, DF; Martínez-Cruz, Begoña; Douaihy, Bouchra; Ghassibe-Sabbagh, Michella; Rafatpanah, Hoshang; Ghanbari, Mohsen; Whale, John; Balanovsky, Oleg; Wells, R. Spencer; Comas, David; Tyler-Smith, Chris; Zalloua, Pierre A. et al. (2012). "Afghanistan's Ethnic Groups Share a Y-Chromosomal Heritage Structured by Historical Events". PLoS ONE 7 (3): e34288. Bibcode:2012PLoSO...734288H. doi:10.1371/journal.pone.0034288. PMC 3314501. PMID 22470552.
  6. ^ Wells, Spencer et al. 2001, The Eurasian Heartland: A continental perspective on Y-chromosome diversity

アーリア人と関連した出来事[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 出典は「世界地名の語源」(牧英雄 編著 自由国民社、1980年)
    • 「世界地名語源辞典」(蟻川明男 編著 古今書院)がある
  • 青木健「アーリア人」(講談社選書メチエ 2009年)
  • 後藤敏文「アーリヤ諸部族の侵入と南アジア基層世界」長田俊樹編 『インダス 南アジア基層世界を探る』 京都大学学術出版会、2013年。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]