西アジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西アジア(にしアジア、英語: Western Asia , West Asia)は、アジア西部を指す地理区分である。今日の欧米ではほぼ中東と同じ領域を指す場合が多い。一般的には、アフガニスタンよりも西のアジアを指し[2]中央アジアおよび南アジアより西、地中海より東で、ヨーロッパとはボスポラス海峡アフリカとはスエズ運河によって隔てられている地域を指す。

概要[編集]

一般に国家としては、イラン(イラン・イスラム共和国)、イラク(イラク共和国)、トルコ(トルコ共和国)、キプロス(キプロス共和国)、シリア(シリア・アラブ共和国)、レバノン(レバノン共和国)、イスラエル(イスラエル国)、ヨルダン(ヨルダン・ハシミテ王国)、サウジアラビア(サウジアラビア王国)、クウェート(クウェート国)、バーレーン(バーレーン王国)、カタール(カタール国)、アラブ首長国連邦オマーン(オマーン国)、イエメン(イエメン共和国)、パレスチナおよびエジプト(エジプト・アラブ共和国)の一部がここに属す。また、黒海カスピ海の間にある(コーカサス山脈の南側)旧ソ連アゼルバイジャンアルメニアジョージア(グルジア)を含めることも多く、これらの国々を含めない場合は西南アジアと呼んで区別することもある。国連の定義した区分ではアフガニスタンとイランを南アジアに含むが、日本外務省による解説ではアフガニスタンを西アジアに分類している[3]

アフガニスタンは、マザーリシャリーフを中心とする北部では中央アジア最南端の宗教都市がありウズベキスタンと関係が深い。ヘラートを中心とする北西部ではイランにまたがるホラーサーン地方の一部で、イランと関係が深い。カーブルを中心とする南部はカイバル峠を通じて南アジアのパキスタンインドと繋がりが深い。しかし、普通は19世紀イギリスの統治下に入ったインド亜大陸を南アジア、北のロシアの支配下にあった地域を中央アジアと呼ぶ。アフガニスタンは両国の緩衝帯として独立国のまま残された。

地域[編集]

西アジアに含まれる国は以下の通り。

言語[編集]

民族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ UNSD―Methodology”. United Nations. 2021年5月2日閲覧。
  2. ^ コトバンク 西アジア
  3. ^ アフガニスタンQ&A(FAQ)”. 2022年5月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]