インド・ヨーロッパ語族の音韻法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インド・ヨーロッパ語族における諸語派の主な等語線。

インド・ヨーロッパ祖語が崩壊するにつれ、それぞれの娘言語音韻法則によってその音韻体系は多分に分岐した。

概説[編集]

特筆すべきはルキの法則と関連付けられる、サテム語派を生み出した口蓋化である。

他にはゲルマン祖語におけるグリムの法則ヴェルナーの法則アルメニア語におけるグリムの法則に類似した変化、ケルト祖語における母音直前の*p-の消失、インド・イラン祖語英語版ブルークマンの法則英語版バルト・スラヴ語派ウィンターの法則英語版ヒルトの法則英語版、北部諸語における有声破裂音有気破裂音や/a/と/o/の融合、インド・イラン諸語バルトロマエの法則ゲルマン祖語ジーヴァースの法則英語版などがある。

また唇口蓋音の唇音への変化がイタリック語派ケルト語派のいくつかの言語で共通して見られる。これらはPケルト語とQケルト語という区別を生み出した。同様にPイタリア語とQイタリア語に分かれたがこれらの用語の使用頻度は低い。

そのほか、ギリシャ語、インド・イラン諸語、アルメニア語間で共通した起こった音韻変化も多くあり、ギリシャ語とインド・イラン諸語の間で起こったグラスマンの法則やギリシャ語における/s/から/h/への弱化がある。

関連項目[編集]