クシャトリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クシャトリヤ階級の
英雄シヴァージー像(ムンバイ)

クシャトリヤ: क्षत्रिय Kṣatriya: Khattiya [カッティヤ]、刹帝利)は、古代インドバラモン教社会におけるヴァルナ (varṇa) の第2位である王族・武人階級。

概要[編集]

上位階級に聖職者・僧侶階級であるバラモンを頂き、下位階級のヴァイシャ(庶民)とシュードラ(隷民)の2階級を統治する階級である。バラモンが最上位階級であることの権威づけは、ヴェーダなどによって裏付けられている。ただし、現実社会においては、他にジャーティ (jati) という階級制度が機能しており、こちらが今日のインドの数千種存在するとされるカーストに相当している。よってヴァルナとカーストとは、厳密に言えば、同一視されるべきものではない。

仏教の開祖釈迦は釈迦族の王子であり、ヴァルナの中ではクシャトリヤに属した。また、仏教を保護したマウリヤ朝アショーカ王クシャーナ朝カニシカ王もクシャトリヤ階級に属している。

神話的起源[編集]

リグ・ヴェーダ』に収載された「プルシャ賛歌」によれば、神々が祭祀を行うにあたって原人プルシャを切り分けた時、巨人の口の部分がバラモン、巨人プルシャの両腕がラージャニヤ(クシャトリヤ)となったという。なお、両腿はヴァイシャ、両足はシュードラとなったとされている[1]

東アジア仏教圏における文化的影響[編集]

朝鮮半島[編集]

三国遺事』巻三・皇龍寺九層塔条には、

慈藏法師西學。乃於五臺感文殊授法、文殊又云、汝國王是天竺剎利種。王預受佛記。故別有因緣。不同東夷共工之族。

とあり、新羅王はクシャトリヤであると主張している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 辻訳『リグ・ヴェーダ讃歌』(1970)p.320
  2. ^ 李成市 『古代東アジアの民族と国家』 岩波書店1998年3月25日、234頁。ISBN 978-4000029032

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]