中央ヨーロッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中央ヨーロッパ(ちゅうおうヨーロッパ、: Central Europe: Mitteleuropa)は、ヨーロッパの中央部に位置し、西ヨーロッパ東ヨーロッパに挟まれた歴史的・文化的世界。人口規模が大きくかつ社会資本も高いレベルで充実しており、ドイツのようにすでに経済大国となっているかあるいはポーランドのように着実に先進国化を進めている国々を含む非常に活発な地域である。中欧と表記されることもある。

構成国[編集]

中央ヨーロッパのもっとも一般的な分類
ドイツ語圏におけるヨーロッパの地域区分と中央ヨーロッパ(Mitteleuropa)の範囲

一般に、以下の国が中央ヨーロッパの国々としてあげられる。

なお、スイスを含めない分類、スロバキア・ハンガリーを含めない分類もある。

そのほか、クロアチアの全域、ボスニア・ヘルツェゴビナルーマニアトランシルヴァニアセルビアの北部、モンテネグロコトル湾フランスアルザス・ロレーヌイタリア南チロルウクライナ西部、バルト諸国を含むこともある。

アルプス諸国とヴィシェグラード・グループ[編集]

アルプス諸国とヴィシェグラード・グループの位置

ドイツ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、スロベニアの5か国はアルプス諸国とも呼ばれる。しかし、アルプス山脈に近接するという地理的要素以外にこの5カ国のまとまりを規定する要素は特にない。

他方で、アルプス諸国より東に位置するポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリーの4カ国はヴィシェグラード・グループ (V4) という地域協力機構を作っており、これは「ミニ欧州連合(ミニEU)」と呼ぶべき類の政治連合で、特に外交・経済政策においてこの4カ国は関係を緊密化する方向で動いている。

歴史[編集]

古代[編集]

ヨーロッパの中心がローマであった古代からルネサンスの時代にかけては、現在中央ヨーロッパと呼ばれる地域は"ローマから見て"「北方」に位置していたため「北方地域」と呼ばれていた。当時「北欧」は現在の中央ヨーロッパから北を指した。

中世・近世[編集]

中欧のカトリック化はラテン語圏(具体的には神聖ローマ帝国)を通して行われたため、西欧との一体性が強かった。また近世には、オーストリアのハプスブルク王朝の支配下に置かれ特にドイツ語圏の影響が強くみられる。ウィーンは地理的にはハンガリー、チェコ、スロバキアからも中心に位置し、ハプスブルク王朝の領土そのものを指して中欧でありウィーンは中欧の首都の機能をもっていた。なお、比較的早く神聖ローマ帝国を離脱したルクセンブルクや、さらに早く分離したため言語、民族ともドイツとは別個に考えられるようになったオランダなどは、まず中欧に含まれることがなく、ウィーンを軸とするドイツ系民族の広がりと中欧はイコールではない。

19世紀の歴史家で政治家のフランチシェク・パラツキーは、民族主義が高まりつつあった当時、ハプスブルク帝国を諸民族の同権をもととする連邦制国家に変え、西のドイツと東のロシアに対抗する中欧国家として形成されるべきと唱えた[1][2]

現代[編集]

第二次世界大戦後、これらの地域の多くは共産圏に入った。冷戦期には社会主義圏全体が東欧と呼ばれたたため、中欧という概念は忘れられたかに見えた。

しかし、1989年から1991年にかけての東欧革命による共産党政権の崩壊による民主化によって中欧は再び蘇った。ベルリンの壁崩壊後はロシアの影響力が後退して西欧の影響力が復活し、2004年には中欧地域がすべてヨーロッパ連合に加盟するに至った。

東ヨーロッパとの比較[編集]

冷戦期に共産圏に含まれた中央ヨーロッパは、現在でも東欧とみなされることは多い。しかし、東欧と比較すると以下のような文化的差異が見られる。

西スラヴ諸国のポーランドやチェコは言語の区分では東スラヴのロシアと同じくスラヴ語派に分類されるが、西スラヴ諸国の地域は先史時代より東スラヴ諸国の地域とは異なる発展をしており、歴史的文化的区分でも東スラヴのロシア世界とははっきりと一線を画している。キリスト教の時代においても西スラヴの諸国は歴史的には古くからローマ・カトリックを受入れて政治的に西欧世界で発展してきたのであり、正教会とは区別される文化に属していた。また、法体系においても西スラヴ諸国は私法公法から分離・発達したローマ法(西ローマ法)の体系を基礎として発展してきた社会であり、私法の発達が絶対に不可欠な民主主義資本主義の考えが根付きやすく、この意味では西ヨーロッパ諸国に属する。いっぽう、正教会の社会は私法公法が未分化である6世紀のローマ法大全由来のローマ法(ビザンティン法・東ローマ法)の体系を基礎として発展してきた社会であり、この意味で東ヨーロッパ諸国に属する。

また、特にポーランドはその歴史において多民族共存主義・多文化主義の特殊な社会を維持していたこともあり、その国民であるポーランド人はスラヴ系言語であるポーランド語母語とするものの、その民族的出自は非常に多岐にわたっており、特に隣国ドイツとも歴史的関わりも深く、血統的・文化的には一概にスラヴ系とは言い難い面がある。(ポーランド人あるいはシュラフタの記事を参照)

宗教がほとんどすべてを規定していた時代のためその影響は今日から考える宗教的なものにとどまらない。たとえば、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリーの文字はキリル文字ではなくラテン文字である。

東ローマ帝国領土であった南東欧バルカン諸国)はビザンティン文化とよばれる中欧とは異なる文化的基盤を持っていたが、ポーランドなどは現代も熱心なカトリック国である。

バルト三国[編集]

中世には大国であったリトアニアはポーランドの影響の下にカトリック化しており、さらにポーランドと連合国家(ポーランド・リトアニア共和国)を形成するに至って中欧地域に入ったが、その後、ロシアの支配下に置かれることによって一時中欧からは離脱した。

エストニアラトビアも中世にはドイツ騎士団に征服されたカトリック地域(現在はプロテスタント)であるが、リトアニアと合わせこれらバルト三国は中欧には含まれないこともある。また北欧とも関係が深く、北東ヨーロッパとも呼ばれる事もある。

国際連合の行政における(便宜上の)ヨーロッパの地域の分類 [1]
CIA World Factbookによるヨーロッパの地域の分類
  北ヨーロッパ
  西ヨーロッパ
  中央ヨーロッパ
  南ヨーロッパ
  南東ヨーロッパ
  南西ヨーロッパ
  東ヨーロッパ
  南西アジア
  北アジア
  中央アジア
  中東

バルト三国はソヴィエト連邦の構成共和国であったことから東欧に分類されていたが、1991年ソヴィエト連邦解体後は、地理的、文化的背景に基づき、北欧に含まれるという扱いが世界的には主流になりつつある。しかし、日本においては未だこのような新しい概念は浸透しておらず、バルト三国が東欧であると認識している者が多い。世界的にも、米国CIAは東欧、国連の行政は北欧に分類している(右図と左図を参照)。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ František Palacký. Psaní do Frankfurtu. 1848.
  2. ^ 石川達夫「書き換えられる地図としての「中欧」」、『思想』第1056巻、岩波書店、 5頁。

関連項目[編集]