ルシタニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルシタニア語
Lusitano2.jpg
話される国 イベリア半島
消滅時期 2世紀
言語系統
インド・ヨーロッパ語族
  • イタリック語派(?)[1][2]
    Para-ケルト語派(?)[3][4]
    • ルシタニア語
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 xls
Linguist List xls
Mapa llengües paleohispàniques-ang.jpg
 薄い水色がルシタニア語の分布
テンプレートを表示

ルシタニア語(Lusitanian)は古代イベリア半島の言語。インド・ヨーロッパ語族に属す。イタリック語派[1][2]ケルト語派[3][4]双方とのつながりがある。記録された文字資料は5点しかないが、現在のポルトガルスペインに当たる範囲で話されていたことがわかっている[5]

イタリック語派、ケルト語派の双方の特徴がみられることは、両語派の祖先であるイタロ・ケルト語から直接派生した言語である可能性を示している。その分布からビーカー文化の担い手であったかもしれない。

脚注[編集]

  1. ^ a b Prósper, Blanca Maria; Villar, Francisco (2009). "NUEVA INSCRIPCIÓN LUSITANA PROCEDENTE DE PORTALEGRE". EMERITA, Revista de Lingüística y Filología Clásica (EM). LXXVII (1): 1–32. Retrieved 11 June 2012.
  2. ^ a b Villar, Francisco (2000). Indoeuropeos y no indoeuropeos en la Hispania Prerromana (in Spanish) (1st ed.). Salamanca: Ediciones Universidad de Salamanca. ISBN 84-7800-968-X. Retrieved 22 September 2014.
  3. ^ a b Kruta, Venceslas (1991). The Celts. Thames and Hudson. p. 55.
  4. ^ a b Stifter, David (2006). Sengoídelc (Old Irish for Beginners). Syracuse University Press. pp. 3, 7. ISBN 0-8156-3072-7.
  5. ^ Koch, John T (2011). Tartessian 2: The Inscription of Mesas do Castelinho ro and the Verbal Complex. Preliminaries to Historical Phonology. Oxbow Books, Oxford, UK. pp. 33–34. ISBN 978-1-907029-07-3. オリジナルの2011年7月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110723195518/http://www.oxbowbooks.com/bookinfo.cfm/ID/91450//Location/Oxbow.