モケーニ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モケーニ語
Mòcheno
話される国 イタリアの旗 イタリア
地域 モケーニ渓谷
話者数 1700人 (2011年)[1]
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 mhn
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

モケーニ語ドイツ語: Mochenisch, イタリア語: Mocheno)は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派西ゲルマン語群高地ドイツ語上部ドイツ語バイエルン語に属する言語である。モケーノ語とも呼ばれる。イタリアトレント自治県モケーニ渓谷の3つの町で話されている。モケーニ語話者は標準ドイツ語バイエルン・オーストリア語キンブリ語を部分的に理解できると言われているが、モケーニ語の文法、語彙、発音の多くが本質的に異なっているために標準ドイツ語話者にはモケーニ語の理解は困難である。

分布[編集]

2001年国勢調査(母語の記録が行われた最初の調査である)では、以下の自治体においてモケーニ語母語話者が多数を占めた。

トレント自治県内の他の自治体でも 1,329人がモケーニ語を母語として申告しており、トレント自治県におけるモケーニ語母語話者の総数は 2,276人であった[2] 。2011年の国勢調査では、トレント自治県におけるモケーニ語母語話者は 1,660人に減少している[3]

トレント自治県におけるモケーニ語の分布(中央部の緑)

現状[編集]

国と地方の法律により、トレント自治県においてモケーニ語は公的に認識されている。1990年代からさまざまな法律や規則がイタリア議会や地方議会を通り、モケーニ語とその文化は保護下に置かれる事となった。また、法によってつくられた研究機関がモケーニ語の保護と教育の役割を担っている。さらに、学校の教育においてモケーニ語で教えるカリキュラムが用意され、道路標識もモケーニ語併記がなされている。

[編集]

主の祈りの言語間比較(日本語はカトリック教会日本聖公会の共通口語訳)

モケーニ語 標準ドイツ語 英語 日本語

Vatar ingar
en Himbl,
gahailegt kimmp der dai Núm.
Der dai Raich schellt kemmen.[4]

Vater unser
im Himmel,
geheiligt werde Dein Name.
Dein Reich komme.

Our Father
in heaven,
hallowed be your name.
Your kingdom come,

天におられる
わたしたちの父よ、
み名が聖〔せい〕とされますように。
み国が来ますように。

脚注[編集]

  1. ^ Mòcheno at Ethnologue (17th ed., 2013)
  2. ^ Tav. I.5 - Appartenenza alla popolazione di lingua ladina, mochena e cimbra, per comune di area di residenza (Censimento 2001)” (Italian). Annuario Statistico 2006. Autonomous Province of Trento (2007年). 2011年5月12日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ Das Vaterunser auf Mòchenisch (Fersentalerisch)” (Mòcheno). Frankfurter Allgemeine Zeitung (2006年). 2011年5月13日閲覧。

参考文献[編集]

文法
  • Anthony Rowley: Liacht as de sproch. Grammatica della lingua mòchena / Grammatik des Deutsch-Fersentalerischen. Istituto Culturale Mòcheno-Cimbro / Kulturinstitut für das Fersental und Lusern / Kulturinstitut Bersntol-Lusérn, Palù del Fèrsina (Trento) 2003, ISBN 88-900656-1-3 (Digitalisat: PDF)
辞書
  • Anthony Rowley: Fersentaler Wörterbuch. Wörterverzeichnis der deutschen Sprachinselmundart des Fersentals in der Provinz Trient/Oberitalien. Buske, Hamburg 1989 (= Bayreuther Beiträge zur Sprachwissenschaft, Dialektologie, 2), ISBN 3-87118-593-0
文献
  • Federica Cognola: Costruzioni infinitivali e fenomeni di trasparenza nel dialetto della Valle del Fèrsina In: Quaderni patavini di linguistica 22 (2006), pg. 3-48
  • Hans Mirtes: Das Ferstental und die Fersentaler. Zur Geographie, Geschichte und Volkskunde einer deutschen Sprachinsel im Trentino/Norditalien. Institute für Geographie, Regensburg 1996 (= Regensburger geographische Schriften, Heft 26)
  • Giovanni Battista Pellegrini (ed.): La Valle del Fèrsina e le isole linguistiche di origine tedesca nel Trentino: Atti del convegno interdisciplinare, Sant'Orsola (Trento), 1 - 3 settembre 1978. Museo degli usi e costumi della gente trentina, S. Michele all'Adige 1979
  • Anthony Rowley: Fersental (Val Fèrsina bei Trient/Oberitalien) - Untersuchung einer Sprachinselmundart. Niemeryer, Tübingen 1986 (= Phonai. Lautbibliothek der deutschen Sprachen und Mundarten, Deutsche Reihe, Bd. 28; Monographien, Bd. 18), ISBN 3-484-23131-9
  • Anthony Rowley: Die Mundarten des Fersentals. In: Maria Hornung (ed.), Die deutschen Sprachinseln in den Südalpen. Mundarten und Volkstum, Olms, Hildesheim / Zürich / New York, 1994 (= Studien zur Dialektologie, 3; Germanistische Linguistik, 124/125), pg. 145-160, ISBN 3-487-09957-8
  • Anthony Rowley: Die Sprachinseln der Fersentaler und Zimbern. In: Robert Hinderling / Ludwig M. Eichinger (ed.): Handbuch der mitteleuropäischen Sprachminderheiten, Narr, Tübingen 1996, pg. 263-285, ISBN 3-8233-5255-5
  • Anthony Rowley: "Mocheno e Cimbro". Von Dialekt(en) zu Sprache(n)? In: Dieter Stellmacher (ed.), Dialektologie zwischen Tradition und Neuansätzen: Beiträge der Internationalen Dialektologentagung, Göttingen, 19. - 21. Oktober 1998, Steiner, Stuttgart 2000 (= Zeitschrift für Dialektologie und Linguistik, Beiheft 109), pg. 213-221, ISBN 3-515-07762-6
  • Bernhard Wurzer: Die deutschen Sprachinseln in Oberitalien. 5. erw. Aufl., Athesia, Bozen 1983, ISBN 88-7014-269-8

外部リンク[編集]