ファリスク語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファリスク語
話される国 イタリア
地域 イタリア半島
消滅時期 紀元前150年
言語系統
インド・ヨーロッパ語族
表記体系 ファリスク文字エトルリア文字ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 xfa
Linguist List xfa
テンプレートを表示

ファリスク語(英語:Faliscan language)は、古代イタリアで用いられた言語の一つで、死語インド・ヨーロッパ語族イタリック語派のうち、ラテン語ロマンス語と同じくラテン・ファリスク語群に含まれる。後にラテン語と同化したが、少なくとも紀元前150年頃までは使用されていたとされる。

ファリスク語はローマの北のファレリイ(今のチーヴィタ・カステッラーナ)で話されていた言語で、当時はエトルリアに属していた。現存する資料は墓碑銘や器の銘文で、あまり充分とは言えない[1]

ファリスク語の例として、以下のような文がある[2][3]

  • foied vino pipafo cra carefo.

上の文をラテン語に直すと、次のようになる。

ファリスク語はラテン語にくらべて、以下のような特徴がある[2]

  • インド・ヨーロッパ祖語の *bh, *dh が母音間で f になる。ラテン語では b, d になる。上の例では carefo(ラテン語 carebo)にそれが現れている。この点はオスク語ウンブリア語と共通する。
  • インド・ヨーロッパ祖語の *kw は qu になる。この点はラテン語と一致し、オスク語ウンブリア語が p になるのと異なる。
  • 語頭で h と f が交替する。上の例で foied(ラテン語 hodie)がそれにあたる。同様の現象はサビニ語やエトルリア語にも見られる。
  • 二重母音は ai > ē, ou > ō のように変化した。
  • 語末子音が消滅する。上の例では cra(ラテン語 cras)がそれにあたる。
  • ラテン語と同様に、第二変化の単数属格が -ī になる。
  • 第二変化の単数与格が -oi になる。
  • 三人称単数の第二次語尾が -d で終わる。
  • 未来形に -f- (ラテン語の -b-)が使われる(上の例の pipafo, carefo)。
  • 完了形に畳音が使われる。

脚注[編集]

  1. ^ James P. T. Clackson (2004). “Latin”. In Roger D. Woodard. The Cambridge Encyclopedia of the World's Ancient Languages. Cambridge University Press. p. 789. ISBN 9780521562560. 
  2. ^ a b L. R. Palmer (1988) [1954]. The Latin Language. University of Oklahoma Press. ISBN 080612136X. 
  3. ^ ジャクリーヌ・ダンジェル『ラテン語の歴史』遠山一郎高田大介訳、白水社〈文庫クセジュ〉、2001年、34頁。ISBN 4560058431

関連項目[編集]

外部リンク[編集]