個別言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

個別言語 (こべつげんご,独語:Einzelsprache) とは、人間言語または、自然言語であって、話者相互のコミュニケーションにとって必要な記号体系が、まとまって完備されているものを意味する。個別言語の例としては、ドイツ語民族言語Ethnosprache)としての日本語、あるいは、設計言語 Plansprache人工言語)としてのエスペラント語がある。

定義[編集]

個別言語は、完備性という観点よりして、単なる専門語やジャーゴン、特定集団内で通用する内輪の言語とは異なっている。個別言語の語彙と規則は、あらゆるコミュニケーションの状況において、その話者相互の意志疎通を可能とするものである。ジャーゴンや内輪の集団言語は、それに較べ、個別言語の一部について、補足を与えたり、変形を加える。これらは、個別言語の基本構造を前提として、築かれている。しかし、それら自身だけで提供された場合、コミュニケーションは可能とならない。

個別言語相互では、「理解不能」という規準によって、言語の個別性が判別される。話者Aと話者Bがそれぞれの場合で、単一の母語を持ち、この母語だけで話すとする。Aがその母語を使ってBに話し、そしてBが、Aの話した内容を理解できないとき、二人の話す母語は、それぞれに独立した個別言語である。とはいえ、同一の個別言語を使用している異なる話者のあいだで、相互理解が得られないような、個別言語の変種もまた存在する(例えば、ヴァリスドイツ語 Walliserdeutche と標準ドイツ語)。相互理解が非常によく成り立つ、異なる個別言語が存在する一方で(例えば、スウェーデン語ノルウェー語)、このような例も存在する。

個別言語か方言か?[編集]

何時頃から自覚的に理解したのか、区別が明瞭でない定義は、一方の純粋な個別言語と他方の方言のあいだで、しばしば政治的(または社会的)な動機付けを持つイデオロギー的な決定に従って区別を行う。この区別は、また意識されている言語学的事実さえもしばしば無視する。実に、こういう理由からして、以下の例は、個別言語か方言かの区別に異論が出てくる。

個別言語と見なされる方言[編集]

理解の可能性という規準よりすれば、以下の言語は、一般に「方言」に分類されるが、政治的な理由により、個別の言語と見なされている。区別の理由は、すべての場合において、別のに居住する主要な話者集団による政治的な動機に基づく。そこより、ヨーロッパとアジアという二つの大陸に限って、このような事態が見出される。それらの領域や国においては、植民地言語Kolonialsprache)ではなく、何よりも、ネイテイヴな言語が公用語(Amtssprache)となっている。

方言が強制的な圧力で、個別言語に分類される政治的なプロセスは、モルドバ語Moldawische/Moldauische)の記事において、よく理解できるであろう。また、セルボクロアチア語de:Serbokroatisch)、またはインドネシア語de:Indonesisch)での説明を参照するのがよい(註:これらの説明は、ドイツ語版に記されているもので、日本語版の記事には、目下そのような説明はない)。

方言と個別言語の区別は、一部において、異なる文字の使用によって促進される。言語学的には、個別言語は、公的かつ個人的な領域において、表記文字言葉について、一般的な標準を有することで定義される。

ヨーロッパ[編集]

アジア[編集]

関連項目[編集]

de:Einzelsprache 16:54, 19. Okt 2005 より翻訳。残り1/3