符牒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

符牒(ふちょう、符丁符帳)とは、同業者内、仲間内でのみ通用する言葉、また売買の場や顧客が近くにいる現場などで使われる、独特な言葉の事。接客や作業をしている時に、価格・品質・指示などについて、符牒を使用する事によって客に知られずに必要なコミュニケーションを行なうのが一般的だが、「○○ネタ」のように日常語として世間で流用される事もある。

定価値札が導入される前の販売業では、たいていは販売者と客の間で価格交渉が行われたため、仕入れ値やグレードを客に知られるのは販売者側にとって不利であった。そのため、価格・等級を販売者間で秘密裏に伝える方法が符牒である。符牒には紙片に暗号で記入する文字符牒、口頭で隠語を伝える口唱符牒手ぶりで伝える手ぶり符牒がある。今日の小売業では正札による価格表示が一般的になったため、文字符牒は廃れ、口唱符牒は業界内隠語へと変わったが、手ぶり符牒は現在でも取引所(市場競売所)などの「手セリ」などで使われている。[1]

仕事現場において状態や金額や作業や物事など、顧客など内部以外に知られたくない事柄を話す時に使用される。非常に単純な符丁としては、一般の人が使用する言葉をひっくり返したり(倒語)、外国語を使用する。これらは次第に外部にも知られるようになり、一般人が知らない業界用語を、「自分は通である」として使用する場合や、豆知識として記事化されることもある。小説「路傍の石」では、主人公が呉服店でまだ新入りの身分の際、番頭から「お召しのノジアン(安物→安(あん)の字→ノジアンという転訛)」を持ってくるように言われ、符牒に慣れておらず当惑する場面が描かれている。

他言語の符牒について[編集]

同様に、政府監視や仲間以外に伝わらないようにする試みは、英語圏ではcant英語版ロシア語ではфеня(フェーニャ)もしくはязыки、ドイツ語ではロートヴェルシュドイツ語版など、各言語でも符牒言語が使用され、発展している[2][3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 日本大百科全書(小学館) 符牒”. 2011年2月8日閲覧。
  2. ^ cantの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
  3. ^ 露 学 階 梯
  4. ^ Germania-Romana(1) : ゲルマンとラテンの間で

関連項目[編集]