NATOフォネティックコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NATOフォネティックコード: NATO phonetic alphabet: Alphabet phonétique de l'OTAN)は、欧文通話表のひとつ。無線通話などにおいて重要な文字・数字の組み合わせを正確に伝達するための、国際的な頭文字の規則の通称である。単にフォネティックコードとも言う。

このコードはNATO(北大西洋条約機構)だけでなく、ICAO(国際民間航空機関)、ITU(国際電気通信連合)、IMO(国際海事機関)、FAA(アメリカ連邦航空局)、ANSI(米国規格協会)などの諸機関でも使用されている。

概要[編集]

このコードは元々INTERCO(国際信号コード、en)のサブセットである。なお、INTERCOでは、フォネティックコードのほかに、船舶用の視覚的・聴覚的な信号、すなわち旗旒(きりゅう)信号発光信号音響信号ホイッスルサイレン霧笛ベル)や、定型句を表す1-3文字の略語も規定していた。その後、無線の普及により、音声による通話のための共通信号の必要性が高まった。

「NATOフォネティックコード」という呼び名は、このコードが各海軍の艦船からなるNATO連合艦隊で採用された「Allied Tactical Publication ATP-1, Volume II: Allied Maritime Signal and Maneuvering Book」で規定されていたことによるものである。同書のもとになったINTERCOの「International Code of Signals」では、旗旒信号、発光信号、モールス符号なども制定していた。そのため、電話・無線による音声通信に使用するためのコードである本コードは、「音声によるコード」という意味で「フォネティックコード(音声コード)」と呼ばれるようになったのである。

アメリカ海軍とNATO加盟国の海軍の通信が世界規模になったことにより、この「NATOフォネティックコード」という名前も広く知られるようになった[1]。しかしながら、ATP-1はNATOの「秘密文書」(またはそれより低いレベルの指定である「機密文書」)であったので、厳密にはNATO加盟国以外は公的に使用することができなかった[1]。NATOの秘密・機密扱いでないバージョンが(敵対諸国、仮想敵国を含む)NATO外の国の軍隊にも提供されたが、彼らもそれを公開することは許されなかった。

アルファベットを表現するために使用する単語は、本コードを採用しているどの機関でも同一だが、数字を表現するために使用する単語は二種類の系統があり、組織ごとに二つのうちからどちらを使うか選択している。NATOでは通常の英語による数字の読み、たとえば「0 = ゼロ zero」「1 = ワン one」を使用するのに対して(ただし、3は「ツリー tree」、5は「ファイフ fife」、9は「ナイナー niner」のように発音される)、IMOなどでは他の単語と組み合わせた語を使用する(0 = nadazero, 1 = unaone)。

文字と発音[編集]

アルファベットや数字を表現するための語の発音は、話者の言語習慣によって異なる場合がある。発音のゆれを防ぐために、ICAOは推奨する発音をポスターの形式で提供している。

文字 コード単語 発音 (強調部に
アクセントを置く)
ICAO (公式)
IPA (非公式)
A Alfa (ICAO, ITU, IMO, FAA)
Alpha (ANSI)
AL FAH 'ælfa (ICAO)
[ˈælfə] (IPA)
B Bravo BRAH VOH 'bra:'vo (ICAO)
[ˈbɹɑvoʊ] (IPA)
C Charlie CHAR LEE
または
SHAR LEE
'tʃa:li (ICAO)
[ˈtʃɑɹliː] (IPA)
または 'ʃa:li (ICAO)
[ˈʃɑɹliː] (IPA)
D Delta DELL TAH 'delta (ICAO)
[ˈdɛltɑ] (IPA)
E Echo ECK OH 'eko (ICAO)
[ˈɛkoʊ] (IPA)
F Foxtrot FOKS TROT 'fBkstrBt (ICAO)
[ˈfɔːkstɹɔːt] (IPA)
G Golf GOLF gulf (ICAO)
[gɔːlf] (IPA)
H Hotel HO TELL (ICAO)
HOH TELL (ITU, IMO, FAA)
ho:'tel (ICAO)
[hoʊ.ˈtɛl] (IPA)
I India IN DEE AH 'indi•a (ICAO)
[ˈɪndiː.ˌə] (IPA)
J Juliett (ICAO, ITU, IMO, FAA)
Juliet (ANSI)
JEW LEE ETT 'd_u:li•et (ICAO)
[ˈdʒuːliː.ˌɛt] (IPA)
K Kilo KEY LOH 'ki:lo (ICAO)
[ˈkiːloʊ] (IPA)
L Lima LEE MAH 'li:ma (ICAO)
[ˈliːmə] (IPA)
M Mike MIKE maik (ICAO)
[maɪk] (IPA)
N November NO VEM BER no'vembe (ICAO)
[noʊ.ˈvɛmˌbɝ] (IPA)
O Oscar OSS CAH 'Bska (ICAO)
[ˈɔːskə] (IPA)
P Papa PAH PAH pe'pa (ICAO)
[pɑ.ˈpɑ] (IPA)
Q Quebec KEH BECK ke'bek (ICAO)
[kɛ.ˈbɛk] (IPA)
R Romeo ROW ME OH 'ro:mi•o (ICAO)
[ˈɹoʊmiː.ˌoʊ] (IPA)
S Sierra SEE AIR RAH (ICAO, ITU, IMO)
SEE AIR AH (FAA)
si'era (ICAO)
[siː.ˈɛˌɹə] (IPA)
T Tango TANG GO 't ængo (ICAO)
[ˈtæŋgoʊ] (IPA)
U Uniform YOU NEE FORM
または
OO NEE FORM
'ju:nifB:m (sic) (ICAO)
[ˈjuːniː.ˌfɔɹm] (IPA)
または 'u:nifB:rm (ICAO)
[ˈuːniː.ˌfɔɹm] (IPA)
V Victor VIK TAH 'vikta (ICAO)
[ˈvɪktə] (IPA)
W Whiskey WISS KEY 'wiski (ICAO)
[ˈwɪskiː] (IPA)
X X-ray ECKS RAY (ICAO, ITU)
ECKS RAY (IMO, FAA)
'eks'rei (ICAO)
[ˈɛksɹeɪ] (IPA)
Y Yankee YANG KEY 'j ænki (ICAO)
[ˈjæŋkiː] (IPA)
Z Zulu ZOO LOO 'zu:lu: (ICAO)
[ˈzuːluː] (IPA)
0 Zero (FAA)
Nadazero (ITU, IMO)
ZE RO (ICAO, FAA)
NAH-DAH-ZAY-ROH (ITU, IMO)
[ˈziːɹoʊ] (IPA)
1 One (FAA)
Unaone (ITU, IMO)
WUN (ICAO, FAA)
OO-NAH-WUN (ITU, IMO)
[wʌn] (IPA)
2 Two (FAA)
Bissotwo (ITU, IMO)
TOO (ICAO, FAA)
BEES-SOH-TOO (ITU, IMO)
[tuː] (IPA)
3 Three (FAA)
Terrathree (ITU, IMO)
TREE (ICAO, FAA)
TAY-RAH-TREE (ITU, IMO)
[tɹiː] (IPA)
4 Four (FAA)
Kartefour (ITU, IMO)
FOW ER (ICAO, FAA)
KAR-TAY-FOWER (ITU, IMO)
[fɔɹ] (IPA)
5 Five (FAA)
Pantafive (ITU, IMO)
FIFE (ICAO, FAA)
PAN-TAH-FIVE (ITU, IMO)
[faɪf] (IPA)
6 Six (FAA)
Soxisix (ITU, IMO)
SIX (ICAO, FAA)
SOK-SEE-SIX (ITU, IMO)
[sɪks] (IPA)
7 Seven (FAA)
Setteseven (ITU, IMO)
SEV EN (ICAO, FAA)
SAY-TAY-SEVEN (ITU, IMO)
[ˈsɛvən] (IPA)
8 Eight (FAA)
Oktoeight (ITU, IMO)
AIT (ICAO, FAA)
OK-TOH-AIT (ITU, IMO)
[eɪt] (IPA)
9 Nine (FAA)
Novenine (ITU, IMO)
綴りに'r'は付けない
NIN ER (ICAO, FAA)
NO-VAY-NINER (ITU, IMO)
[ˈnaɪnɝ] (IPA)

特に明記しない限り、上記の綴りと発音(アクセント含む)はICAO、ITU、IMO、FAAにより公式に定められたものである。

ICAOは、数字を表す語においては強勢音節を大文字で、弱勢を小文字で表示するのに対し、アルファベットを表す語においては強勢の音節は大文字のアンダーライン(弱勢の音節はアンダーラインのない大文字)で示している。この表では、統一のため、IMOとFAAの方式に従い、強勢音節は太字で表示した(画面上ではアンダーラインがリンクと間違えられる可能性があるため)。

機関(NATO、ICAO、ITU、IMO、FAA、ANSIなど)によって違いがある場合、各々の機関が推奨している発音または綴りを表内に明記した。ICAO、ITU、IMOでは、いくつかのアルファベットを表す語について、許容の発音がある。FAAでは、許容の発音を掲載している版も存在するが、他の版では許容の発音は掲載なしとなっている。また、FAAでは、FAAフライトサービス・マニュアル(FAA Flight Services manual, §14.1.5)を参照したものとATCマニュアル(ATC manual, §2-4-16)を参照したものとの間で綴りが異なる場合がある。ANSIは文字の綴りを提供するが、発音と数字は提供していない。数字を表す語については、前述のように二種類の系統があるうち、ICAO、NATO、FAAは英語による数字の普通の綴りを使用しているのに対し(アクセント付き)、ITUとIMOでは、数字の英語読みの前に別の構成要素を追加した独自の単語を使用している(アクセントなし)。

ICAOだけは、アルファベットに対応する語の発音をIPA(国際音声記号)により提示している(ただし数字には提示していない)。ただし、公式版では、IPAのうちいくつかを通常の文字・記号との混同を防ぐため、別の文字で表現している。

  • [ʃ]:'sh'
  • [ɔ]:'B'
  • [ə]:'a'(太字)
  • [ʒ]:'_'
  • [ɹ]:'r'

こういった理由から、上記の表のIPA表記はあくまで参考であり、厳密なものではない。

数字 9 の発音は、ドイツ語の「いいえ nein」との混同を避けるため、ninerに変えられる。ドイツ語で"ei"は「アイ」と発音され、nein は「ナイン」となるためである。

歴史[編集]

国際的に認知された最初のフォネティックコードは、1927年にITUにより制定された。使用された結果の問題点を反映して、1932年に改訂された。この結果はICAN(ICAOの前身)にも採り入れられ、民間航空では第二次世界大戦まで使用された。また、IMOでは1965年まで使い続けた。そのコードは以下の通りである:

Amsterdam Baltimore Casablanca Denmark Edison Florida Gallipoli Havana Italia Jerusalem Kilogramme Liverpool Madagascar New_York Oslo Paris Quebec Roma Santiago Tripoli Upsala Valencia Washington Xanthippe Yokohama Zurich

第二次世界大戦(特に1941年以降)には、連合国軍が共同作戦を遂行することが通常となったため、陸軍・海軍フォネティックコードの発展につながった。ただし、いくつかのイギリス空軍フォネティックコードも使われ続けた。陸軍・海軍フォネティックコードは以下の通りである:

Able Baker Charlie Dog Easy Fox George How Item Jig King Love Mike Nan Oboe Peter Queen Roger Sugar Tare Uncle Victor William X-ray Yoke Zebra

戦後も、民間に戻った多くの元連合軍将兵は、民間航空勤務に戻っても慣習で「エイブル Able, ベーカー Baker」を使い続けた。しかし、多数のコードに英語特有の発音が含まれていたため、ラテンアメリカでは代わりに「アナ/エイナ Ana, ブラジル Brazil」が使用された。こういった事情もあり、IATAはより普遍的かつ統合されたコードの策定を行うこととなり、英語、フランス語スペイン語に共通する音声からなる新コードの素案を1947年に発表した。その後いくつかの修正と改良を加えたコードが、1951年11月1日に正式公開された。そのコードは以下の通りである:

Alfa Bravo Coca Delta Echo Foxtrot Golf Hotel India Juliett Kilo Lima Metro Nectar Oscar Papa Quebec Romeo Sierra Tango Union Victor Whisky Extra Yankee Zulu

すぐに、このコードには問題点が見つかり、中には問題が深刻として急遽エイブル・ベーカー式に戻した現場もあった。新コードの問題点を明らかにするため、主にアメリカ政府及びイギリス政府により31ヶ国の話者が集められテストが行われた。「デルタ Delta」と「ネクター Nectar」と「ヴィクター Victor」と「エクストラ Extra」などの語の間で混乱が見られたほか、他の語については受信感度が弱い状況において聞き漏らすという問題点がその主たるものであった。しかし、研究を進めた結果、変更すべき語は C, M, N, U, X の5文字を表す語だけにとどまった。

その最終版の通話表(本稿の表に掲載したもの)は、ICAOにより1956年3月1日に公表された。ITUがすぐにこれを採り入れたことは、1959年のITU無線規定にすでに確立した通話表として現れるため疑う余地がない。無線通信に関する国際的な取り決めはITUが行うこととなっているため、軍隊、民間、アマチュア無線(ARRL:アメリカ・アマチュア無線連盟)によって使われるようになった。IMOにおいては、1965年にやっと採用を取り決めた。

1947年にITUは数字に関する借用語(Nadazero、Unaone など)を制定した。これは1965年にIMOに採用された。

運用[編集]

単語の多くは、英語を母語とする話者によって認識しやすい語が採用されている。理由として、航空機と管制塔の間での通信は、複数の国が関係している場合、英語でなされるためである。しかし、このルールは国際的なケースにのみに当てはまり、国内線があってしかも同国どうしの通話の場合は、その国が選んだ別のフォネティックコードが使われることがある。

"Alpha"および"Juliett"は英語の綴りとは異なる。"Alfa"は「f」で綴られるが、これはスペイン語を筆頭とする多くのヨーロッパ言語でこの音を「ph」で綴らず、「ph」は/p/の音で発音されるためである。また、"Juliett"は本来の綴りである"Juliet"ではなく、末尾が「tt」と重ねられる。これは「t」単一の場合、フランス語話者が子音の発音を省略するためで、フランス版では"Juliette"と綴られる。しかしICAOは末尾の「e」を採り入れていない。これは、スペイン語話者がテと発音するためである。英語版のコード表、たとえばANSIのコード表では、どちらかもしくは両方が英語の標準的な綴り(Alpha・Juliet)に戻されている。

このコードは、メッセージの一部の綴りやコールサインの綴りを伝達するとき、それらが重要で正確を期する場合やその他音声を聞き取ることが困難な場合に使われる。たとえば「proceed to map grid DH98(地図上DH98地点へ進め)」は、「proceed to map grid Delta-Hotel-Niner-Eight」と送信され、C-130輸送機が前方にいることを通達する際は「Charlie One Three Zero in your twelve o'clock」と送信される(twelve o'clock=12時方向=前方)。「Checking six」と言えば「後方注意」(6時方向=後方)。また、コードが良く知られたために逆に通常の会話に定着した例もある。「よくやった」を「Bravo Zulu」(BZ)と言う場合[2]や、かつてベルリンが東西分割されていた際の「チェックポイント・チャーリー(C検問所)が有名である。SWATなどの特殊部隊では、Tango(T)は標的"target"を、Sierra(S)は狙撃手"sniper"を意味する(例:「標的射殺」Tango down、「狙撃班、実力行使を許可する」Sierra green light、「撃ち方止め」Sierra cease-fire)。

各国語拡張[編集]

ドイツなど、ドイツ語圏ではいくつかの母音にウムラウトをつける習慣がある。このため、ICAOは彼らのために、ウムラウトによる発言を伴う綴りを用意し、NATOでも次のように拡張した。

  • Ä(A-ウムラウト):Ärger(怒り)
  • Ö(O-ウムラウト):Öse(鳩目
  • Ü(U-ウムラウト):Übel(害悪)

これらはICAOの標準アルファベットではない。また、ドイツ語圏以外ではほとんど知られていない。ドイツ語圏でよく使われる他の3つの文字(の組み合わせ)「Ch」「Sch」「ß (エスツェット)」は、別の綴りが用意されていないが、一部の例外を除き、軍事用途などでは慣例で使用されている。

デンマークもNATO加盟国であるが、軍用用途に次の文字が付加されている。

  • Æ(AE合字):Ægir
  • Ø(OE合字):Ødis
  • Å(リング付きA):Åse

これらは、デンマーク語においては、アルファベット順でZの後に続く独立した1つの文字である。

ノルウェーにおいても、次の文字が付加されている。

  • Æ:Ærlig
  • Ø:Østen
  • Å:Åse

ドイツ語圏のコード表[編集]

文字 ドイツ本国のドイツ語
DIN 5009
スイス・ドイツ語 オーストリア・ドイツ語
A Anton Anna Anton
Ä Ärger Äsch (Aesch) Ärger
B Berta Berta Berta
C Cäsar Cäsar Cäsar
Ch Charlotte Christine (慣例でない)
D Dora Daniel Dora
E Emil Emil Emil
F Friedrich Friedrich Friedrich
G Gustav Gustav Gustav
H Heinrich Heinrich Heinrich
I Ida Ida Ida
J Julius Jakob Julius
K Kaufmann Kaiser Konrad
L Ludwig Leopold Ludwig
M Martha Marie Martha
N Nordpol Niklaus Nordpol
O Otto Otto Otto
Ö Ökonom Örlikon (Oerlikon) Österreich
P Paula Peter Paula
Q Quelle Quasi Quelle
R Richard Rosa Richard
S Samuel Sophie Siegfried
Sch Schule Schule
ß Eszett scharfes S
T Theodor Theodor Theodor
U Ulrich Ulrich Ulrich
Ü Übermut Übermut Übel
V Viktor Viktor Viktor
W Wilhelm Wilhelm Wilhelm
X Xanthippe Xaver Xaver (旧:Xanthippe)
Y Ypsilon Yverdon Ypsilon
Z Zacharias Zürich Zürich (旧:Zeppelin)

各国での一覧[編集]

文字 英語 国際 ICAO
NATO
フランス イタリア オランダ スウェーデン イギリス
海上無線
JAN
ARRL EU
A Alfred Amsterdam Alfa Anatole Ancona Anna Adam Able Adam Amerika
Ä Ärger Ärlig
B Benjamin Baltimore Bravo Berthe Bari Bernard Bertil Baker Baker Baltimore
C Charles Casablanca Charlie Célestine Como Cornelis Cesar Charlie Charlie Canada
D David Danemark Delta Désiré Domodossola Dirk David Dog David Dänemark
E Edward Edison Echo Eugène Empoli Eduard Erik Easy Edward England
F Frederick Florida Foxtrot François Firenze Ferdinand Filip Fox Frank Frankreich
G George Gallipoli Golf Gaston Genova Gerard Gustav George George Guatemala
H Harry Havanna Hotel Henri Hotel Hendrik Helge How Henry Honolulu
I Isaac Italia India Irma Imola Izaak Ivar Item Ida Italien
J Jack Jerusalem Juliett Joseph Juventus Jan Johan Jig John Japan
K King Kilogram Kilo Kléber Kilometro Karel Kalle King King Kilowatt
L London Liverpool Lima Louis Livorno Lodewijk Ludvig Love Lewis Luxemburg
M Mary Madagaskar Mike Marcel Milano Marie Martin Mike Mary Mexico
N Nellie New York November Nicolas Napoli Nico Niklas Nan / Nutley Nancy Norwegen
O Oliver Oslo Oscar Oscar Otranto Otto Olof Oboe Otto Ontario
Ö Öse Östen
P Peter Paris Papa Pierre Pisa Pieter Petter Peter Peter Portugal
Q Queen Québec Québec Quintal Quadro Quotiënt Qvintus Queen Queen Québec
R Robert Roma Romeo Raoul Roma Rudolf Rudolf Roger Robert Radio
S Samuel Santiago Sierra Suzanne Savona Simon Sigurd Samuel / Sail Sugar Santiago
T Tommy Tripoli Tango Thérèse Torino Teunis Tore Tare Thomas Texas
U Uncle Uppsala Uniform Ursule Udine Utrecht Urban Uncle Uniform Uruguay
Ü Übel
V Victor Valencia Victor Victor Venezia Victor Viktor Victor Victor Venezuela
W William Washington Whiskey William Vu Doppia Willem Wilhelm William William Washington
X X-ray Xanthippe X-ray Xavier Xilofono Xanthippe Xerxes X-Ray X-Ray Xylophon
Y Yellow Yokohama Yankee Yvonne Ipsilon Ypsilon Yngve Yoke Young Yokohama
IJ IJmuiden
Z Zebra Zürich Zulu Zoé Zara Zaandam Zäta Zebra Zebra Zebra

変形[編集]

  • アメリカのいくつかの空港では、Deltaがデルタ航空コールサインであるため使用が避けられる。代わりに「Dixie ディキシー(水兵)」が使われるのが一般的なようである。
  • Foxtrotは、アメリカの空港ではFox(フォクス)と短縮されることが多い。
  • アマチュア無線市民バンドでは、Kiloの代わりに時折Kilowatt(キロワット)を使う場合もある。また、日本ではPを「ポーチカル」と呼ぶことがあるが、このような発音をする英単語は存在せず、Portugalの転訛と思われる。
  • フィリピンではしばしばHotelの代わりにHawkが使われることがある。
  • インドネシアではLimaはインドネシア語の“5”になるので、代わりにLondonが使われることが多い。

このほか、送信者がより簡単に覚えることができる多くの非標準的なコードが、標準に強制されない用途で使われている。

Alan Bobby Charlie David Edward Frederick George Howard Isaac James Kevin Larry Michael Nicholas Oscar Peter Quincy Robert Stephen Trevor Ulysses Vincent William Xavier Yaakov Zebedee

この他にもバリエーションがあるが、こういったコードは男性名や分かりやすい都市名からなることが多い。

ドイツでは、人気番組「ホイール・オブ・フォーチュン」で使われて大衆化された半公式のコードが使われることがある。

過去のコード[編集]

上記のコードに加えて、他のいくつかのコードが過去に使われた。

  • 第一次世界大戦西部戦線塹壕スラング:Ack Beer Charlie Don Edward Freddie Gee Harry Ink Johnnie King London Emma Nuts Oranges Pip Queen Robert Esses Toc Uncle Vic William X-ray Yorker Zebra
    これはイギリス空軍のスラングの語源と思われる(たとえばack emma:午前(AM)、pip emma:午後(PM)、ack-ack:対空砲(Anti-Aircraft))。Ack Emmaは1914-1918年に存在した陸軍航空隊では「機上整備員(Air Mechanic)」の意味としても使われた。
  • 第一次世界大戦当時のイギリス海軍:Apples Butter Charlie Duff Edward Freddy George Harry Ink Johnnie King London Monkey Nuts Orange Pudding Queenie Robert Sugar Tommy Uncle Vinegar Willie Xerxes Yellow Zebra

脚注[編集]

  1. ^ ATP-1全冊で「秘」、個々のページは「注意」というのが、海上自衛隊における取り扱いである。一部のページに対しては秘密指定が為されていない。

参考文献[編集]

  • L.J. Rose, "Aviation's ABC: The development of the ICAO spelling alphabet", ICAO Bulletin 11/2 (1956) 12-14(英語)
  • Aeronautical Telecommunications: Annex 10 to the Convention on International Civil Aviation, Volume II, Chapter 5(英語)
  • International Telecommunication Union, "Appendix 16: Phonetic Alphabet and Figure Code", Radio Regulations (Geneva, 1959) 430-431(英語)
  • National Imagery and Mapping Agency Pub. 102, International Code of Signals for Visual, Sound and Radio Communications, United States Edition, 1969 Edition (Revised 2003), Chapter 1, pages 18-19, 148.(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]