丁稚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丁稚(でっち)とは、商家に年季奉公する幼少の者を指す言葉。職人のもとでは弟子、子弟とも呼ばれる。江戸時代に特に多かった[1]

現代でも一般社員(ヒラ社員)が自嘲的に「まだ丁稚です」と比喩的に使う事もある。上方ことばの丁稚に対して江戸言葉では「小僧」である。

主人への道[編集]

10歳前後で商店に丁稚として住み込んで使い走りや雑役をし[2]、丁稚の中でも経験年数によって上下関係がある(丁稚の時の呼び名は「*松」で、*には丁稚本人の名の一字が入る場合が多い)。丁稚の仕事は多岐に亘り、前述の他に蔵への品物の出し入れや力仕事が多く、住み込みの為に番頭手代から礼儀作法や商人としての「いろは」を徹底的に叩き込まれる。また入り口付近に立って呼び込みや力仕事が主な仕事で、商品を扱う事は無い。丁稚奉公の者は、店が当日の営業を終えたからといって終わりではなく、夕刻閉店した後には番頭や手代らから商人として必須条件である読み書きやそろばんを教わった。他店や客からは「小僧さん」(江戸ことば)、「丁稚どん」「坊主」などと呼ばれる。

その後、主人(船場言葉では「だんさん」。“旦那さん”が訛ったと思われる)の裁量で手代となる。小僧から手代までおおむね10年である。手代はその字の通り、主人や番頭の手足となって働く(手代の時の呼び名は「*吉」「*七」等で、下位の番頭と同じである)。そして、番頭を任され(大商店では“小番頭” “中番頭” “大番頭”と分けられる時があり、呼び名は「*助」である)主人の代理として店向き差配や仕入方、出納や帳簿の整理、同業者の寄合への出席など支配人としての重要な業務を任されるようになる。

番頭となるのはおおむね30歳前後であり、支店をまかされたり暖簾分けされ自分の商店を持つことが許される。ただしそこに到達するまでは厳しい生存競争に勝ち抜く必要があった。例えば、江戸期の三井家の丁稚の場合、暖簾分けまで到達できるのは300人に1人であった[3]

報酬[編集]

基本的には主人と番頭を筆頭とした徒弟制度であるが、手代より上には給金が支払われ年季奉公の性格があった。手代までは店住まいであるが番頭より上は自宅を構え家族をもつこともあった。丁稚には給与は無く、衣食住が保障されたのみであった。お盆暮れの年2回、小遣い藪入りの際の実家への手土産、新しい衣服(お仕着せ)などが支給されることがあった[4]。店主としては商売の教育を施して飯を食わせるのであるから無給は当然であり、丁稚となる者にとっても商売の経験と将来的な独立への布石、また食い詰めた貧家からの丁稚であれば少なくとも飯が食えるというメリットはあった。この報酬体系から丁稚は、しばしば丁稚奉公(江戸言葉では小僧奉公)と表される。

奉公人の生涯は丁稚からはじまり番頭になるまで一つ商店ひとり主人の下で行われると考えがちであるが、奉公換えは頻繁に行われ、とくに優秀な手代は大店へ移ることで給金や賞金(現代でいうボーナス)が増えることからしばしば行われたようである。近江商人の場合は長年務めた奉公人よりも中途採用の者が上の階職につくこともあり、能力主義が特徴であった。

丁稚制度の消滅[編集]

丁稚の数は江戸時代に最も多く、明治維新以降には次第に近代的な商業使用人へと転換されていった[1]

その後は商家を題材とした古典落語や、花登筐の作品あるいはそのパロディーとしての吉本新喜劇のコメディー(「あっちこっち丁稚」など)を通じて伝えられる存在となった。とくにテレビ放送創生期に放送された「番頭はんと丁稚どん」が人気を博し、当時は丁稚・小僧の制度が消滅していたことも関連して、この様な奉公人をさすことばとして丁稚が全国的に通用するようになった。

また、商店街などが地域活性化と職業への理解を深めてもらうため、中高生に業務を体験してもらうイベントを「丁稚体験」と呼ぶケースがある。(大阪など)

その他[編集]

  • でっち上げ」という言葉は、丁稚とは関係がない。(「捏」の漢音「デツ」が語源)
  • 松下電器の創業者である松下幸之助は少年時代、大阪船場などに丁稚奉公して火鉢店や自転車店で仕事を手伝っていた時期がある。
  • 本田技研工業の創業者である本田宗一郎は少年時代、東京の自動車修理工業に丁稚奉公として修理技術を磨いた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 世界大百科事典』(平凡社)「でっち」の項目
  2. ^ 採用に至るまでは紹介者の仲介や、保証人による保証が必要とされ、大商店の丁稚になることは狭き門であった。
  3. ^ 江戸東京博物館」展示資料より。
  4. ^ この盆暮れの小遣い銭の支給は現代の日本の給与体系に見られるボーナスの源流とも言われる。

文献情報[編集]

  • 「江戸時代の奉公人制度と日本的雇用慣行」丹野勲(神奈川大学国際経営論集2011.3.31)[1][2]
  • 「伊藤長兵衛商店の奉公人」桂浩子(滋賀大学経済学部附属史料館研究紀要2007.03)[3][4]
  • 「近世農村奉公人の法的性格」森嘉兵衛(岩手大学学芸学部研究年報第3巻1951年)[5]
  • 「近世寒天業の賃労働者」福山昭(大阪教育大学紀要第19巻 1970(昭和45年))[6]

関連項目[編集]

  • 力士養成員 - 取的とも呼ばれ、丁稚と同じく「衣食住保障で給与なし」のスタイルを大相撲界で維持している。
  • 秋山木工 - 「現代の丁稚制度」と呼ばれる社員研修制度を導入している。
  • 徒弟
  • 羊羹#丁稚羊羹