ジェスチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンドジェスチャーの一種(ハート

ジェスチャーGesture)とは、他の人に何かを伝えるためにする身振り手振りのこと。人間の意志の伝達方法として、言葉とともに頻繁に使用される。

ボディーランゲージとの違い[編集]

ボディーランゲージ文化的な約束事を知らないと理解できないことが多いが、ジェスチャーはそのような文化的知識の影響が少ない。ジェスチャーの方が、より原始的なコミュニケーション手段であると言えよう。

しかし、例外もある。例えば、ブルガリアでは、他英語圏で通じるイエスとノーの頷きが逆になる。これはジェスチャーに分類されるが、他民族の文化を知らないと意味合いが変わってきてしまう[1]

また、英語圏に於いても、「あなたはベジタリアンなので卵は食べませんね?」という否定疑問文に対して縦に頷けば、「食べます」という意味になり、日本語の「はい(食べません)」とは逆になるので、注意が必要である。(極性 (言語学)を参照)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHK アナウンスルーム. “要注意!世界のジェスチャー”. トクする日本語. 日本放送協会. 2014年3月4日閲覧。

関連項目[編集]