フィグ・サイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィグ・サイン

フィグ・サイン(Fig sign)とは、握った拳の人差し指と中指の間から親指を出すジェスチャー。このジェスチャーの意味するところは国によって様々であり、侮蔑的な表現とされるところもある。

概説[編集]

日本国内では相手への侮辱ではないが、性行為を表す卑猥なジェスチャーとして広く知られている[1]

イタリアでも意味するところは日本と全く同じである。

ロシアなどのスラブ文化圏でもこのジェスチャーは卑猥な意味を持ち、親指が陰茎もしくはクリトリスを表している。相手の援助を拒む意思を表明する意味で使われている。

トルコでは、誰かからの申し込みを拒否する意味で使われ、相手に対して攻撃的なニュアンスを持つ。

ブラジルでは、幸運への願望を意味し、まったく卑猥な意味はない。

ニカラグアエルサルバドルでは、中指を立てるファックサインと同じく、最大の侮蔑表現である。

脚注[編集]