あかんべえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

あかんべえあっかんべーまたはアッカンベーは、相手に向かって下まぶたを引き下げ、赤い部分を出して侮蔑の意をあらわす身体表現。現在では多くの場合、を向かって出すことを伴い、時として舌を出すことそのものを指すと受け取られることもある。 落語の落ちに使われることのある"あっかんべー"は「悪漢(あっかん)」わる者やならず者に向けた侮蔑的な意味を表す言葉であるという説もある。

概要[編集]

「あかんべえ」は田山花袋の『田舎教師』では、「後を振返って赤目(アカンベイ)をして見せて居る男生徒もある」とあり、「赤い目」の転訛(m子音はb子音と交代しやすい)としている。

べかこうまたはべっかんこうという呼び方もあり、夏目漱石の『坊っちゃん』には「人差し指でべっかんこうをして見せた」という記述がある。

いつ頃から存在するかは定かでないが、江戸時代に作られた落語「蒟蒻問答」では落ちにあかんべえが使われている。この落語はこんにゃく屋の親父がお寺であかんべえをしたのを、修行僧が『三尊の弥陀は目の下にあり』という仏教語だと勘違いをして敬服するという話である。

本来はまぶたの裏の赤い部分を見せることを指すが、現在では「べえ」を舌の幼児語「べろ」の意ととらえて、舌を出すことを指すととらえる人も間々見られる。

また、瞬間的に舌を出すのは、侮蔑のほかに照れ隠しの意味もある[1](例、ローラ[2])。どちらも日本国内において広く通用するが、やや子供っぽい印象を与える。

日本以外でのあかんべえ[編集]

朝鮮半島[編集]

朝鮮語では메롱(メーロン)といい、「メー」の延長した発声の際に舌を出すことで、あかんべえ(日本語では「べー」で舌を出す)と同様の表現をする。

チベット[編集]

チベットでは、尊敬の念のこもった挨拶としてあかんべえと同様に舌を出す[3]

英語圏[編集]

英語圏でも同様の表現があり、顔文字で:-Pあるいは:P(左を上に見て、:を目に見立て、-を鼻に見立て、Pを舌を出した口に見立てる)という表現がある。

漫画などでの表現[編集]

ドラえもんクレヨンしんちゃんなどで、ダース・ベイダーのパロディとして「アカンベーダー」というキャラクターが登場した。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ goo辞書「ペロッと」
  2. ^ 【エンタがビタミン♪】人気急上昇“タメ口”ローラ。「私が、ペコちゃんのように舌を出すワケ。」
  3. ^ Lesson 7 ボディ・ランゲージ Gestures
  4. ^ アインシュタインの写真