ハイタッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハイタッチ(hi touch)は、2人が互いの手のひらを顔や頭の高で合わせ叩きあう動作。明るい挨拶や、自賛を他人に伝える場面、また称賛や祝勝を分かち合う仕草。ハイタと略される。

日本国外ではハイファイブ(英語: high-five)と呼ばれ、動作時に"Give me five"、"High-five"など声を掛けることもある。

概要[編集]

日本では様々な掛け声とともにハイタッチを交わし、片手でも両手を挙げる場合もハイタッチと称して区別はないが、英語圏の一部では片手の場合をハイファイブ(High-five)、両手の場合はハイテン(High-ten)の掛け声とともに区別される場合がある。

1980年、オックスフォード英語辞典1980年版にハイタッチを表す名詞としてhigh-five(ハイファイブ)が記載され、翌1981年版には動詞として記載された。 これ以前は海外におけるハイファイブと言う表現も、国内でのハイタッチという表現も、ともに存在しなかったため後に、ハイファイブの起源は1977年10月2日のNBL公式戦で行った自分たちであると、ダスティ・ベイカーらが主張し[1]、同様の主張は他にも数件あるものの、日本では、1973年8月30日に江夏豊がノーヒットノーランを自身のサヨナラホームランで決めた球史に残る試合で、江夏がハイタッチしながらホームインしているなど、その起源は定かではない。 英語圏でハイタッチと言えば主に high touch(ハイタッチ)はとなり、「事業の関係者」などの意味を指す為、日本国内の英和辞典などで、high touch(ハイタッチ)が和製英語として記載される。

1983年、EPOがアルバム『HI・TOUCH-HI・TECH』を発売。ハイタッチをhigh touchではなくHI TOUCHと表記した。

2013年、B.A.PをはじめとするK-POPアーティストらが、欧米やアジアをライブツアーで回る際に、会場でのファンの出迎えや見送り時にハイタッチを交わしたり、ファンとハイタッチで交流するハイタッチ会などのイベントを各地で開催する。この頃から英語圏でハイタッチは「The High Touch」として徐々に認知され始める[2]。またSNSなどでハイタッチを指すスラングがHi touchとして広まりを見せる。 この年行われたKCON2013のハイタッチ会に関する話題ではHigh Touch表示、Hi Touch表示ともに見受けられる。

2015年頃、英語圏で行われるハイタッチ、ハイタッチ会などのイベントや、ハイタッチ券を表すスラングがSNSを中心にhi touchに移行する。

2016年頃、Monsta XiKONTWICEら海外アーティストが台頭し、各自が世界ツアー時にハイタッチ会などのイベントを開催すると、英語圏のSNSを中心にhi touchへの理解が広まる。

エピソード[編集]

  • ハイタッチ(または握手)を求めて手を挙げるも相手に意図的に無視され、空振りに終わる事をレフト・ハンギング(left hanging)と呼ぶ[3]

手を低く構えてタッチを求める場合はロータッチ(ローファイブ)と呼ばれ、「アップ・ハイ(Up high)!」、「ダウン・ロー(Down low)!」という掛け声とともにハイタッチとロータッチを連続で求める場合がある[4][5] 、またロータッチを求めるフリをして実際はレフト・ハンギングさせて相手をからかう文化があり、仕掛けた方が「Too slow!(遅いよ!)」言ってオチをつける事から「Too slow」と呼ばれる。

ハイタッチ、ハイファイブに関する作品[編集]

脚注[編集]