カーテシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カーテシー

カーテシーコーテシーcurtsy または curtsey)は、あいさつの一種。または、おじぎの一種。

ヨーロッパの伝統的なあいさつ。女性のみが行う。片足を斜め後ろの内側に引き、もう片方の足の膝を軽く曲げ、背筋は伸ばしたままあいさつをする。これは、ひざまずこうとする意思を示している。

フォークダンスバレエフィギュアスケートなどの演目の直後に行われることがある。これは、観客への感謝の気持を表している。メイドが主人に対して行う場合がある。女性のみが行うあいさつということもあり、女性らしさや優雅さや上品さを感じさせるあいさつである。

その他、両手でスカートの裾をつまみ、軽くスカートを持ち上げて行う場合がある。その上で腰を曲げて頭を深々と下げ、膝をより深く曲げて行う。これは、よりていねいな作法である。

テニスのウィンブルドンの、女子の決勝戦後の表彰式で、選手と主審がケント公に対して行う場合、慣例としてこのあいさつを用いる。日本のアニメ映画『魔女の宅急便』の主人公キキは劇中でカーテシーを行う。

外部リンク[編集]