視覚言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

視覚言語(しかくげんご)とは、視覚を利用する言語

視覚は3次元的に認識されるため、空間的位置を、人間のコミュニケーション相互作用を統べる規則として使う。また、視覚で認識した順序も同時に規則として使う。 視覚言語には、文字動作表情語点字結縄文字手旗信号合図などがある。 文字は2次元的に認識される。しかし、点字は3次元の認識をされる。 音声言語聴覚言語であるが、音声表出とリンクされる動作、表情の視覚情報と統合されて認識される。 つまり、単独の情報キャリア(搬送体)として1度に与える情報が音声言語と比べて多い。しかし、音声言語は音声付属情報を伴い、文字言語よりも多くの情報を送ることができる。 五感送信発信器官とすれば、このほかに振動発光臭気性フェロモン)などによる情報伝達が可能であり、分子レベルでは電子移動イオンなどの情報キャリアが存在する。

関連項目[編集]