奄美群島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯28度16分 東経129度21分 / 北緯28.267度 東経129.350度 / 28.267; 129.350 (奄美大島)

奄美群島(薩南諸島南部)

奄美群島(あまみぐんとう)は、南西諸島の内薩南諸島南部にある島嶼群である。鹿児島県奄美市および大島郡の区域をいう[1]。「奄美群島」が正式名称となっているが、未統一だったころの奄美諸島(あまみしょとう)がまだ用いられることもある。長さ約200km、面積約1250km2、人口約12万人。全域が亜熱帯気候に属し、固有種を含めて、珍しい生き物も多数生息する。

名称[編集]

初めて文献上に現れたのは『日本書紀』で、斉明天皇3年(657年)条に「海見嶋」とある。682年に「阿麻弥人」、714年には『続日本紀』に「奄美」との表記がある。

名称の由来については、今なお不明な点が多い。伝承では琉球王国創世神話に登場する「アマミキヨ」(アマミコ、阿麻弥姑)神に由来するとされる。ただし琉球王国の神話や「アマミキヨ」の起源は文献上10世紀から13世紀の間までしか遡れず、7世紀には日本列島の中央政権にその名称と存在が知られていたこととは時間的な開きが生じている。また「アマミキヨ」の名称使用自体が沖縄本島周辺に限られており、奄美群島では「テルクミ」の名称で伝わっている(沖縄本島に隣接する与論島では「アマミキヨ」)。これらの事を含めて「アマミキヨ」とは奄美そのものを指し、琉球王国の成立には奄美勢力の南下、または奄美を経由した本土勢力が深く関わっていたのではないかと指摘する研究者もいる[誰?]。「アマミキヨ」降臨の地とされる「アマンデー」(奄美嶽、海見嶽)もその立地条件や奄美群島北部には希少な御嶽的存在であり、それらが琉球王国の聖地とされる「斎場御嶽」と酷似しているため琉球領時代に持ち込まれた伝承とも言われている[要出典]

長らく「奄美諸島」、「奄美群島」と2通りの呼称があり、国土地理院は前者を、法令[2]海上保安庁海洋情報部は後者を用いてきた[3]が、2010年2月15日に国土地理院と海上保安庁海洋情報部によって構成される地名等の統一に関する連絡協議会は「奄美群島」を決定地名に採用した[4]

概要[編集]

地理
鹿児島市から奄美大島までは約370km、北東端(奄美大島)から南西端(与論島)までは約200km、与論島から沖縄本島までは約25km(那覇市までは約120㎞)。
年平均気温は21度前後、年間降水量は約3,000mm前後と、日本の中でも温暖で雨が多い。亜熱帯気候、また海洋性気候を呈する[5]
奄美大島から徳之島の北東部にかけての地域は中生代以前の地層と火成岩からなり、急峻で海岸線も入り組んでいる。一方、喜界島や徳之島の南西部、沖永良部島、与論島はサンゴ礁由来の琉球石灰岩からなり、地形が平坦で河川が少ない[5]
政治

島嶼[編集]

奄美群島
奄美群島の島々(注記なしは[5]による)
面積 人口 市町村 備考 画像
奄美大島 713km2 約63,000人 奄美市龍郷町大和村宇検村瀬戸内町 Amami Oshima ISS023.jpg
枝手久島 005.81km2[6] 0人 宇検村
喜界島 057.0km2 約7,800人 喜界町 Kikaijima.jpg
加計呂麻島 077.3km2 約1,400人 瀬戸内町 Kakeroma Island ISS035.jpg
江仁屋離島 0人 瀬戸内町
須子茂離 0人 瀬戸内町
与路島 009.35km2 約90人 瀬戸内町 Yoroshima.jpg
請島 013.3km2 約130人 瀬戸内町 Ukejima.jpg
木山島 0人 瀬戸内町
ハンミャ島 0人 瀬戸内町
徳之島 248km2 約25,000人 徳之島町天城町伊仙町 Tokunoshima zenkei.jpg
沖永良部島 093.7km2 約14,000人 和泊町知名町 Amami okinoerabu.jpg
与論島 020.6km2 約5,500人 与論町 Yoron Island 20080622.jpg
友離 0人

なお、徳之島の西方65キロに位置する硫黄鳥島沖縄県島尻郡久米島町)を沖縄諸島でなく奄美群島に所属させる分類方法もある。[要出典]

歴史[編集]

文化[編集]

奄美群島の文化は鹿児島県の大隅諸島以北に比べると、沖縄県に近く同じ琉球文化圏にも属している。奄美大島から与論島に、南下するに従って琉球文化の色彩が濃くなっていく。ただし、奄美群島に伝わる風習の中には、沖縄県とも本土とも異なる奄美独自のものや沖縄県より本土に近いものも少なからずあり、方言にも昔の大和言葉の発音などが残っている。

方言は琉球語(琉球方言)のうち、奄美方言沖永良部与論沖縄北部諸方言の一部が話されている。奄美方言は喜界方言北奄美大島方言南奄美大島方言徳之島方言、沖永良部沖縄北部諸方言は沖永良部方言与論方言とに分類される。言語学的な分類とは別に、奄美群島では統一的に奄美方言と表現することがある。日本語の新方言については全体として標準語をベースにしつつ鹿児島県所属としての薩隅方言の影響、さらに関西弁の影響も見られ、沖縄県の新方言(ウチナーヤマトグチ)とは違うものになっている。また奄美群島の場合、島嶼ごとに新方言が発達する傾向にある(ただし相互の影響はある)。

三味線チヂンを使って歌われるシマ唄八月踊りなどの伝統行事に伴う踊り、稲作を中心とした年間サイクルで行われる伝統行事(夏正月のアラセツ、シバサシ、ドンガなど)は琉球とも薩摩とも異なる文化である。

奄美群島の食文化には歴史的経緯から沖縄料理薩摩料理との共通点が多いが、中間的な奄美料理、別名島料理が食べられている。名物料理としては鶏飯油ぞうめん蘇鉄味噌を使った地豆味噌などがあり、奄美黒糖焼酎みきがじゃ豆などが名産品として知られる。

地域[編集]

  • 中心都市は、奄美大島にある奄美市名瀬である。
  • 大学、短期大学といった高等教育機関は現在、1つも存在しない。奄美大島では2004年度より鹿児島大学法文学部の大学院がサテライト教室を、奄美市中央公民館金久地区分館3階にて開講している。鹿児島大学大学院より教授が派遣され、集中講義形式(一部はインターネットによる中継画像)で授業が行われている。事務員を1名同館3階事務室に常駐させている。詳細は、奄美市役所で聞ける。大学卒であれば科目等履修生になることができ、鹿児島大学の大学院の単位を取得できる。また徳之島でも2007年度から開講され、徳之島町亀津の生涯学習センターにて授業が行われている。こちらは初年度は奄美大島からのインターネットの中継画像による授業が多かったが、2008年度からは徳之島で開講される授業が増えた(どちらの島で開講するかは科目ごとの受講生の人数による)。但し2007年度までは文部科学省の助成があった為に受講可能な科目数が多かったが、2008年度からはそれが無くなったためにサテライト教室で受講可能な科目は大幅に減ってしまった。科目は「奄美根ざした講座」が提示されており、受講生はそれぞれの島の社会人である為、授業風景は教授が一方的に講義するよりも、教授と学生との双方向のやりとりが盛んで和気藹々としている。このサテライト教室から鹿児島大学大学院に進んだ生徒が3名いる(2006年度現在)。2009年度も開講予定である。過去には1891年から1894年にかけて設置されていた鹿児島師範学校教員養成講習科分教場や、米軍占領統治下の1952年から1953年にかけて設置されていた琉球大学大島分校が存在した。
  • 高校卒業後の専門学校としては奄美看護福祉専門学校奄美情報処理専門学校が奄美市名瀬にある。
  • テレビ放送、AM放送の中継局は設置されている。FM放送はNHKの中継局とコミュニティ放送局のディ!ウェイヴのみで、鹿児島県を対象地域とするエフエム鹿児島は聴取不可能[7]
    • 地域の新聞社として南海日日新聞奄美新聞がある。
    • 全国紙西日本新聞ブロック紙)においても、新聞社によるが、鹿児島県・宮崎県、更には熊本県などのテレビ面を載せることがある。
    • なお全国紙、県域地方紙2紙については、現在も本土(南日本のみ鹿児島市、他福岡市北九州市)から空輸か船便での輸送が必要である都合で、朝刊の配達は早いところでも昼前後、ところによっては夕方(本土で夕刊が配達される時間)か翌朝になることもある。そのため、産経新聞[8]を除く、鹿児島県向けの新聞には、発行日当日と翌日(新聞休刊日は翌々日も)の鹿児島県内のテレビ番組表も収録されている。また沖縄県の3局を視聴できる地域もあり、南日本新聞朝刊(奄美地域では夕刊は配達されていなかったが2009年2月に夕刊は廃刊)の「第2テレビ頁」に、沖縄の3局の翌日(新聞休刊日は翌々日も)の番組表を載せている。(奄美のローカル新聞にも掲載)
  • 2014年11月17日から、奄美群島全域を対象にして、自動車自動二輪車の「奄美」というご当地ナンバーの交付が始まった。
  • 生物地理区の分類ではトカラ列島を通る渡瀬線を境に北側が旧北区、南側が東洋区となっている。生物学的に、奄美群島は九州本土よりも沖縄県の方が近い。

関連書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 奄美群島振興開発特別措置法 第1条
  2. ^ 例えば、1954年に制定された奄美群島復興特別措置法
  3. ^ 我が国の広域な地名及びその範囲についての調査研究 (PDF) 「海洋情報部技報」Vol.27、海上保安庁海洋情報部海洋研究室 安城たつひこ・同航海情報課 割田育生
  4. ^ 『奄美群島』を決定地名に採用 - ウェイバックマシン(2010年2月21日アーカイブ分) 国土地理院、2010年2月19日
  5. ^ a b c d e f 平成26年度奄美群島の概況」鹿児島県、2015年8月24日閲覧
  6. ^ 平成25年全国都道府県市区町村別面積調」国土地理院、2013年10月
  7. ^ 現時点ではradiko(無料版<鹿児島県内であれば無料で聴取可能>、および有料会員制「radikoプレミアム」とも)は未提供になっている。ただし、龍郷町にあるエフエムたつごうでは、一部の時間帯に限定ではあるが、FM鹿児島(μFM)の番組が同時配信されている(2014年6月15日付の番組表
  8. ^ 九州・山口版はブロック統一版であるため、番組表の内容は対象となる8県で全く同じものである

関連項目[編集]

外部リンク[編集]