方言周圏論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

方言周圏論(ほうげんしゅうけんろん)は、方言分布の解釈の原則仮説の一つ。方言周圏説(ほうげんしゅうけんせつ)とも呼ばれる。

方言のなどの要素が文化的中心地から同心円状に分布する場合、外側にあるより古い形から内側にあるより新しい形へ順次変化したと推定するもの。見方を変えると、一つの形は同心円の中心地から周辺に向かって伝播したとする。柳田國男が自著『蝸牛考』(かぎゅうこう、刀江書院1930年)において提唱し[1]、命名した。

概要[編集]

柳田は日本語蝸牛(かぎゅう)を指す方言が、近畿地方では「デデムシ」、中部地方四国で「マイマイ」、関東地方や四国で「カタツムリ」、東北地方九州の一部で「ツブリ」、東北地方北部と九州西部では「ナメクジ」と、近畿地方を中心として同じ方言が同心円状に分布することを発見した。そこで、かつて文化的中心地であった京都では古い順から、ナメクジ、ツブリ、カタツムリ、マイマイ、デデムシのように変化したことから、その時系列と比例して東西南北へ放射状に拡がったものと推定した。

カタツムリの方言(呼び名)
場所 方言 時代
近畿地方 デデムシ 最も新しい
中部地方中国地方など マイマイ 新しい
関東四国 カタツムリ 中間
東北地方九州 ツブリ 古い
東北地方の北部・九州の西部 ナメクジ 最も古い

方言周圏論には、言語地理学の二つの基本的方法が適用されている。一つは「地区連続の原則」であり、「現在ある語の分布地域が分断されている場合、過去には連続した分布地域を持っていたと推定する」もの[2]。これは、交流の無い離れた地域で同じ語形が偶然発生するとは考えられない、という原則を基にしている。もう一つは「辺境残存の原則」であり、「新しい語は文化的中心地で作られ、中心地から遠い場所に古語が残りやすい」というもの[2]。この原則は、文化的中心地で使われる語形には「威光」があり、周辺地域は中心地の語を受容する、という見方を反映している。

しかしながら、「蝸牛」のような典型的な周圏分布を示す語はほれほど多くない[2]金田一春彦による「方言孤立変遷論」や、長尾勇による「多元的発生論」など、方言周圏論は部分的にしか認められないという批判もある。「地区連続の原則」では、語は必ず地を這うような伝播をすると考えるが、実際には離れた都市へ飛び地的に伝播する例もある。また、辺境で新しい語が作られることもある。例は少ないながらも、辺境から中心地へ新語が取り込まれる例もある。したがって、辺境にある語が必ずしも古いとは言えない。

また1930年刀江書院版に付された分布地図も1943年創元社版では省略され、柳田自身、「発見などというほどの物々しいものでも何んでもない」「今頃あのようなありふれた法則を、わざわざ証明しなければならぬ必要などがどこにあろうか」と述べている。しかし現在でも方言学言語地理学では基本的な仮説の一つとなっている。

柳田の観点[編集]

柳田國男は、この説をもって自らの民俗学の基本原理ととらえていたとも言われる。この説に立脚すると、日本では京都を中心として文化が時間をかけて伝播したことになり、つまり各地方には古い京都の文化が残っている、ということになる。つまり、各地の民俗文化を調査研究することは、古来より受け継がれてきた日本そのものを研究することになる、というものである。

日本での例[編集]

探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)の番組内での調査により、「馬鹿」「阿呆」などに相当する表現の方言の分布状況がやはり同心円状に広がっていることが判明しており(詳細は馬鹿#方言と分布状況アホ・バカ分布図を参照)、その詳細は同番組のプロデューサーである松本修により『全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路』(太田出版、後に新潮文庫)としてまとめられている。

日本国外の例[編集]

ヨハネス・シュミット1872年に提唱した「波紋説(波状伝播説)」と類似した考え方であるが、ジュネーブ大学言語地理学の講義を聞いたことを後年W・A・グロータースに語ったという。しかしシュミット説は新古の解釈では逆であり、周辺に波紋が広がるにつれて元来の姿を失っていくというものである。

脚注[編集]

  1. ^ 初出は柳田(1927)。但し「方言周圏論」の語は柳田(1930)から。
  2. ^ a b c 井上史雄「方言の分布と変遷」『岩波講座 日本語 11 方言』岩波書店、1977年。
[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]