蝸牛考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『蝸牛考』
(かぎゅうこう)
著者 柳田國男
発行日 1930年7月10日1943年2月25日1980年5月16日
発行元 刀江書院創元社岩波書店
ジャンル 日本語日本語の方言
日本の旗 日本
形態 言語誌叢刊、創元選書岩波文庫
ページ数 173頁、229頁、236頁
公式サイト 内容紹介
コード ISBN 4-00-331387-9
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

蝸牛考』(かぎゅうこう)は、柳田國男の語学書。日本各地ではカタツムリをどのように言うのか方言を調査して方言周圏論を提唱した。1930年(昭和5年)、刀江書院から発行[1]。また、1943年(昭和18年)に創元選書に収録[2]1980年(昭和55年)に岩波文庫にも収録された[3]

目次[編集]

  1. 言語の時代差と地方差
  2. 四つの事実
  3. 方言出現の遅速
  4. デンデンムシの領域
  5. 童詞と新語発生
  6. 二種の蝸牛の唄
  7. 方言転訛の誘因
  8. マイマイ領域
  9. その種々なる複合形
  10. 蛞蝓蝸牛
  11. 語感の推移
  12. 命名は興味から
  13. 上代人の誤謬
  14. 単純から複雑へ
  15. 語音分化
  16. 訛語と方言と
  17. 東北と西南と
  18. 都府生活と言語
  19. 物の名と知識
  20. 方言周圏論
  21. 蝸牛異名分布表

内容[編集]

蝸牛(かぎゅう)とはカタツムリのことである。柳田國男は日本全国のカタツムリの方言(呼び名)を調べたところ、カタツムリの方言は以下の表のように京都を中心とした同心円状に分布しているという事実を発見した。

カタツムリの方言(呼び名)
場所 方言 時代
近畿地方 デデムシ 最も新しい
中部地方中国地方など マイマイ 新しい
関東四国 カタツムリ 中間
東北地方九州 ツブリ 古い
東北地方の北部・九州の西部 ナメクジ 最も古い

そして、この事実を一般化して、(カタツムリの名称に限らず)一般に方言というものは時代に応じて京都で使われていた語形が地方に向かって同心円状に伝播していった結果として形成されたものなのではないかとする方言周圏論を展開した。

書誌情報[編集]

初出[編集]

単行本[編集]

全集収録[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]