goo辞書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
goo辞書
URL
https://dictionary.goo.ne.jp/
タイプ オンライン辞書
分野 全般
使用言語 日本語
項目数 (30辞書)
閲覧 無料
登録 不要
著作権 コピーライト
運営元 NTTレゾナント
営利性 営利
設立 1999年8月2日[1]

goo辞書(グーじしょ)は、NTTレゾナントが運営するポータルサイトgooにおいて提供されている辞書検索サービス。国語・類語・英和・和英をはじめとする計30辞書を検索できる。主な辞書は三省堂および小学館のものを使用している。また、英和辞書では一部単語の発音を聞くことができる[2]

利用可能な辞書[編集]

※ 2021年7月現在

歴史[編集]

  • 1999年8月2日 - goo辞書サービスを提供開始。[1]
  • 2000年9月6日 - 英和辞書で単語の発音を音声で確認できる機能を追加。[2]
  • 2005年7月19日 - 英和辞典を検索する際にスペリング入力を補助するスペリングアシスト機能を提供開始。[3]
  • 2006年1月18日 - 検索履歴表示と辞書内リンクの機能を追加。[4]
  • 2007年6月 - ブログ用語集、妊娠出産用語集、相撲用語解説の検索機能追加に伴い、トップのリニューアル。[要出典]
  • 2007年9月4日 - 四字熟語検索とあいさつ文例集を提供開始。[5]
  • 2008年2月7日 - Mozilla Firefox用のgoo辞書プラグインの提供を開始。[6]
  • 2008年10月3日 - 検索対象辞書にIT用語辞書とMBA経営用語辞書を追加。[7]
  • 2008年12月18日 - 検索対象辞書に英辞郎とオノマトペディアを追加。[8]
  • 2009年2月26日 - goo辞書の携帯電話版を提供開始。[9]
  • 2009年8月18日 - 携帯電話版のgoo辞書で、単語帳機能を提供開始。[10]
  • 2009年10月1日 - 単語帳機能がパソコンでの利用にも対応。[11]
  • 2009年11月30日 - 英和・和英辞書での英辞郎の提供を終了。[12]
  • 2010年3月25日 - 英和・和英辞書の提供元を三省堂のEXCEED英和・和英辞典から小学館のプログレッシブ英和・和英中辞典に変更。[13]
  • 2010年4月12日 - パソコン版goo辞書をリニューアル。[14]
  • 2010年7月29日 - 国語辞書の提供元を三省堂の大辞林から小学館のデジタル大辞泉に変更。[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b プレスリリース - ポータルサイト「goo」に辞書機能、投資関連情報、 ストリーム番組情報追加、スクラップソフトダウンロード開始” (1999年8月2日). 2016年1月18日閲覧。
  2. ^ a b 検索サイト「goo」の英和辞書サービスにて発音を音声ファイルで提供開始!” (2000年9月6日). 2016年1月18日閲覧。
  3. ^ 「goo」で英和辞書検索時のスペル入力をサポートするスペリングアシスト機能を提供開始” (2005年7月19日). 2016年1月18日閲覧。
  4. ^ 「goo」の辞書検索サービス「goo辞書」に、新機能を追加” (2006年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  5. ^ 辞書検索の「goo辞書」にて四字熟語の検索サービスとあいさつ文例集を提供開始” (2000年9月4日). 2016年1月18日閲覧。
  6. ^ 「goo辞書」で「Firefox」用の機能拡張を提供開始” (2008年2月7日). 2016年1月18日閲覧。
  7. ^ 「goo辞書」で、IT用語辞書、MBA経営用語辞書を追加” (2008年10月3日). 2016年1月18日閲覧。
  8. ^ 「goo辞書」のデータ拡充について” (2008年12月18日). 2016年1月18日閲覧。
  9. ^ 「goo辞書」の携帯電話版を提供開始” (2009年2月26日). 2016年1月18日閲覧。
  10. ^ 携帯電話向け「goo辞書」で、英単語など覚えたい単語をユーザ自身で登録できる「単語帳」機能を提供開始” (2009年8月18日). 2016年1月18日閲覧。
  11. ^ 「goo辞書」で、英単語など覚えたい単語をユーザ自身で登録できる「単語帳」機能を強化” (2009年10月1日). 2016年1月18日閲覧。
  12. ^ goo辞書「英和・和英辞書」での「英辞郎」提供終了について” (2009年10月23日). 2016年1月18日閲覧。
  13. ^ goo辞書「英和・和英辞典」の提供元変更について” (2010年3月24日). 2016年1月18日閲覧。
  14. ^ パソコン版「goo辞書」のリニューアルについて” (2010年4月8日). 2016年1月18日閲覧。
  15. ^ goo辞書「国語辞書」の提供元変更について” (2010年7月27日). 2016年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]