類語辞典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

類語辞典(るいごじてん)とは、同じような意味を持つ言葉をまとめた辞典である。「類義語辞典」ともいう。

概要[編集]

同じ単語の繰り返し使用を避けたり、適切な単語が思い浮かばないときに利用される。例えば、「綺麗」で引くと、「美麗」、「秀美」、「美妙」、「流麗」など「綺麗」の類義語が分かる。その用例や語義等が併記されているものもある。文章を書く人(小説家随筆家など)や、短歌俳句を詠む人にとって、あると非常に重宝する。

日本における最初の類語辞典は、1909年(明治42年)に刊行された『日本類語大辞典』(志田義秀佐伯常麿 共編/晴光館)であり、2巻本で講談社学術文庫に入っているが、現在は絶版となっている。

類語辞典は欧米圏ではシソーラス (thesaurus) と呼ばれているが、日本の類語辞典はその多くが五十音順でまとめられ、ある単語からその関連語を引くために用いられるのに対して、シソーラスはすべての単語を意味で分類して編纂されているところに違いがある。日本では「類語辞典」と「シソーラス」の用語に特に厳密な区別は付けず、用いられることが多い[要出典]

代表的な類語辞典[編集]

  • 「類語新辞典」「類語国語辞典」(1981年, 角川書店) - 後者は前者の増補版(1985年発行)。
  • 「日本語大シソーラス 類語検索大辞典」(2003年, 大修館書店
  • 「類語大辞典」(2002年, 講談社
  • 「三省堂 類語新辞典」(2005年, 三省堂
  • 「必携 類語実用辞典」(1980年, 三省堂)
  • 「使い方の分かる類語例解辞典」(1993年, 小学館
  • 「デジタル類語辞典」(ジャングル) - Windowsアプリケーション。書籍版はない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]