伊藤幹治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 幹治(いとう みきはる、1930年1月4日 - 2016年3月29日)は、日本人類学者民俗学者国立民族学博物館名誉教授。

来歴[編集]

東京都出身[1]。1953年國學院大学文学部文学科卒[2]、1955年同大学院文学研究科修士課程修了[2]。1975年「稲作儀礼の研究」で國學院大学より文学博士の学位を取得[2]。1954年東京都立明正高等学校教諭[2]、1956年國學院大学日本文化研究所研究員[2]、1959-1960年琉球国際短期大学助教授[2]、1966-1968年ハーヴァード大学燕京研究所客員研究員[2]、1969年國學院大學文学部助教授[2]、1974年国文学研究資料館教授[2]、同6月国立民族学博物館教授[2]。1988年退職[2]、名誉教授[2]成城大学教授に就任[2]。1991年同民俗学研究所所長[2]。2000年成城大を退職[2]。2016年3月29日、心不全のため死去[3]。86歳没。叙従五位瑞宝小綬章追贈[4]

柳田國男研究を中心に、古代からの日本の宗教や生活習慣などに関する著書がある。『柳田國男全集』(筑摩書房)の編集委員を務めた[1]

受賞歴[編集]

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『稲作儀礼の研究 日琉同祖論の研究』(而立書房、1974年)
  • 柳田国男 学問と視点』(潮出版社・潮選書、1975年)
  • 『沖縄の宗教人類学』(弘文堂、1980年)
  • 『家族国家観の人類学 歴史と日本人』(ミネルヴァ書房、1982年)
  • 『宴と日本文化 比較民俗学的アプローチ』(中央公論社中公新書、1984年)
  • 『宗教と社会構造』(弘文堂、1988年)
  • 『贈与交換の人類学』(筑摩書房、1995年)
  • 『柳田國男と文化ナショナリズム』(岩波書店、2002年)
  • 『日本人の人類学的自画像 柳田國男と日本文化論再考』(筑摩書房、2006年)
  • 『柳田國男と梅棹忠夫 自前の学問を求めて』(岩波書店、2011年)
  • 『贈答の日本文化』(筑摩書房筑摩選書、2011年)

共著[編集]

共編・編[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 伊藤幹治|筑摩書房”. www.chikumashobo.co.jp. 筑摩書房. 2022年8月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 伊藤幹治教授 経歴・著作目録 (伊藤幹治教授退任記念)」『日本常民文化紀要』第21巻、成城大学、2000年3月、 1-12頁。
  3. ^ 文化人類学者の伊藤幹治さん死去 柳田国男氏に師事 朝日新聞 2016年4月7日閲覧
  4. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2016年4月28日朝刊
  5. ^ 第11回~第20回南方熊楠賞受賞者”. 南方熊楠顕彰館. 2022年8月16日閲覧。