方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

方法論 (ほうほうろん、: methodology)とは、以下のように定義される[1]

  1. "学問で利用される方法、規則、前提条件の原則についての分析"
  2. "学問で応用されるやり方の開発"
  3. "特定の手続き、あるいは一連の手続き"

"方法"がより適切な表現であっても、より重要あるいは学術的な印象を与えるために"方法論"とされることがある。例えば、学生は学問的成功についての調査を完遂できなかったため、私たちは方法を変更し、教官から資料を集めたという場合、(調査を通じた資料の収集が正確な結果をもたらすという前提条件である)方法論は変更されておらず、(学生ではなく教官に依頼するという)方法が変更されている。

概念[編集]

方法論は以下の、情報を探求する特定の学問や分野に関連した概念からなる。

  1. 理論、概念、理念の収集
  2. さまざまな手法についての比較研究
  3. 個々の方法についての批評

方法論は、一連の方法というよりは、特定の研究の根拠をなす原理や哲学的前提を扱う。そのため、学術的文献は、しばしば研究者の方法論の部分を対象とする。方法論が扱うのは、研究者の("私たちは50人を2週間調査し、結果を統計的に分析した"というような)方法というよりは、研究者の存在論認識論の観点についてである。

方法論は、研究分野あるいは一連の過程、活動、課題を包括するすべてを対象とする。これは、例えば、ソフトウェア開発設計デザインプロジェクトマネージメントビジネスプロセス分野である。この用語は、誰が、何を、どこで、いつ、なぜといった概略に代表される。研究分野を作る過程を文書化する場合、方法論は、どこに方法あるいは過程があるのかを記述する。この過程そのものは、標準、方針、規則などの確認や利用と同様に方法論の一部である。

一連の方法[編集]

多くの科学は、独自の方法からなり、それは(その方法の妥当性を支持する)方法論により支持される。

例えば社会学は、方法論的に事例研究調査研究統計分析、その他のモデルビルディングを含む質的方法量的方法の両方をさまざまに利用する。

またソフトウェア開発やプロジェクトマネージメントにおける方法論は、一連の体系化されたやり方を意味している。これには、時には訓練資料、正式な教育プログラム、ワークシート、ダイアグラム作成用ツールが付随している。これらは単に方法でもあるが、それについての議論も方法論と呼ばれる。

狭義の方法論[編集]

狭義の方法論とは方法についての研究のこと。通常は特定の分野内のそれを指しており、教育方法論、芸術の方法論、科学の方法論、のように用いられる。~主義、-ismと呼ばれているようなものは通常、その一部として多かれ少なかれ方法論を含んでいるものである。汎用義としては、「誰々の方法」についての議論を「誰々の方法論」と呼ぶ。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「方法論」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。