方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

方法論(ほうほうろん、: methodology)とは、以下のように定義される[1]

  1. 学問で利用される方法規則前提条件原則についての分析
  2. 学問で応用される手段の開発
  3. 特定の手続き、あるいは一連の手続き。


概要[編集]

方法論は、以下の、情報を探求する特定の学問や分野に関連した概念からなる。

  1. 理論、概念、理念収集
  2. さまざまな手法についての比較研究。
  3. 個々の方法についての批評

方法論は、一連の方法というよりは、特定の研究根拠をなす原理哲学的前提を扱う。そのため、学術的文献は、しばしば研究者の方法論の部分を対象とする。方法論が扱うのは、研究者の("私たちは50人を2週間調査し、結果を統計的に分析した"というような)方法というよりは、研究者の存在論認識論の観点についてである。

方法論は、研究分野あるいは一連の過程活動課題を包括するすべてを対象とする。これは、例えば、ソフトウェア開発設計デザインプロジェクトマネージメントビジネスプロセス分野である。この用語は「誰が、何を、どこで、いつ、なぜ」といった概略に代表される。研究分野を作る過程を文書化する場合、方法論は、どこに方法あるいは過程があるのかを記述する。この過程そのものは「標準、方針、規則」などの確認や利用と同様に方法論の一部である。

一連の方法[編集]

多くの科学は、独自の方法からなり、それの科学は、その方法の妥当性を支持する「方法論」によって基礎付けられる。例えば、社会学は、「方法論」として、事例研究調査研究統計分析、その他のモデルビルディングを含む質的方法量的方法の両方をさまざまに利用する。

また、ソフトウェア開発プロジェクト管理などにおいて、「方法論」という用語は、一連の体系化された方法を意味している。ここでの「方法論」は、単に「方法」であるが、広く「方法論」と呼ばれる。また、この意味での「方法論」についての議論も纏めて「方法論」と呼ばれる。。この意味での「方法論」には、時には訓練資料、正式な教育プログラム、ワークシート、ダイアグラム作成用ツールが含まれる。

狭義の方法論[編集]

狭義の方法論とは方法についての研究のこと。通常は特定の分野内のそれを指しており、教育方法論、芸術の方法論、科学の方法論、のように用いられる。~主義、-ismと呼ばれているようなものは通常、その一部として多かれ少なかれ方法論を含んでいるものである。汎用義としては、「誰々の方法」についての議論を「誰々の方法論」と呼ぶ。

「方法論」という語の誤用[編集]

文学者小谷野敦は、著作『頭の悪い日本語』において、「方法論」という用語が誤用されているとし、そこでの「方法論」とは、単なる「方法」であり、「方法の研究」という意味の「方法論」ではないとしている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]