言語島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

言語島(げんごとう)または言語の島(げんごのしま)とは、長い間周辺部との交流が隔絶されたり、別言語を話す集団が大量移住してきたりしたために、周囲とは異なる特徴を持つ言語が分布している状態のことである。

孤立した言語」は、系統的に近い言語が(遠方も含めて)存在しないことを指し、言語島とは別の概念である。

日本語における言語島の例[編集]

  • 大量移住によるもの
    • 北海道新十津川町 - 北海道は東北地方、北陸地方の出身者が全体的に多いが、本町は奈良県十津川村からの集団移住者がほとんどであるため、文法やアクセントが周辺部とは異なる。また、十津川弁は上述の奥吉野方言に属するため、「言語島の住民が移住して新たな言語島を形成した」という非常に珍しい事例である。
    • 下北弁青森県下北半島) - 戊辰戦争後、会津藩の斗南藩移封に伴い、約1万5千人以上の会津藩士が集団移住した影響で、東北地方最北端の地でありながら、南奥羽方言的な特徴が見られる。
    • 気仙沼方言宮城県気仙沼市) - 大阪商人が開いた港町であるので大阪弁の混入があり、周辺の東北弁とは異質な単語が見られる。ただしアクセントは関西弁の影響を受けていない。
    • 東京方言江戸言葉山の手言葉)・首都圏方言 - 江戸幕府開府から今日に至るまで、日本全国から武士・商人・労働者など様々な階層の人間が流入して発展してきた都市であるため、主に文法面で、周辺の西関東方言とは異なるものが多い。
    • 千葉弁 - 房総半島南部や、銚子市周辺など海沿いでは、江戸時代に海運を通じて紀伊半島からの移住者が多くいたことから、関東地方でありながら西日本方言である紀州弁の要素が見られた。君津市では君津製鉄所の開設に伴い、八幡製鐵の従業員とその家族約2万人が福岡県北九州市から一度に移住したため、同地の方言や文化が移入し、地元出身者とは言葉が通じなかったと言う。もっとも近年では、これらの特徴はマスメディアの発達や、世代交代に伴う話者の減少により、首都圏方言に置き換わりつつある。
    • 家中弁 - 近世の藩主とその家中転封によって、各地の城下町では庶民と異なる言語の島が形成された事例が知られている。山形市香澄町弁佐賀県唐津市の「城内言葉」、三重県桑名市宮崎県延岡市の家中弁などがある[1]

海外における言語島の例[編集]

[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 彦坂 2013.

参考文献[編集]

  • 『岩波講座日本語11 方言』大野晋柴田武編、岩波書店、1977年。
  • 彦坂佳宣「越境者たちの方言誌―その日本語史への寄与」『論究日本文学』第98巻、2013年、 21-39頁。