山の手言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山の手言葉(やまのてことば)とは、東京山の手で使われてきた日本語の方言江戸言葉とともに東京方言を構成する。

江戸の上層武家が日常用いた言葉を基盤に、明治時代に成立した。日本語の標準語は中流階層の山の手言葉を母体として形成された。ただし、後述するように標準語との違いもある。

特徴[編集]

  • 敬語表現が非常に発達している。現代の首都圏方言共通語ではあまり使われない敬語表現(後述)がある。
  • 江戸言葉のように[ai](アイ)や[oi](オイ)がそれぞれ[ɛ:](エー)になるような訛りは見られない。(例:ない→×ねえ、遅い→×おせえ)
  • ガ行鼻濁音が存在する。東京方言のガ行鼻濁音に関する規範は標準語教育に取り入れられたが十分に定着せず、現在の東京では鼻濁音の使用は衰退し、学校教育でも日本語の規範的な発音とはみなされなくなっている。[要出典]
  • 江戸言葉ほど顕著ではないが、「ひ」と「し」の区別が曖昧になることがある。

代表的な表現[編集]

  • ごきげんよう
    • 出会った時や別れの時に相手の健康状態を伺う意味合いを込めて交わされる。21世紀の現在でも、学習院女子高等科フェリス女学院高等学校など一部の女子高等学校では生徒同士の挨拶として普通・日常的に使用されているという。
  • ざ(あ)ます
    • 山の手(麹町番町)に住む婦人などの間で広まった丁寧語。彼女らのような有閑夫人のもったいぶった話しぶりを嘲って「ざあます言葉」とも呼ぶ。「…でございます」を早口に言った「…でござあます」がさらに縮まったもの。江戸時代には吉原で「廓言葉」の一つとして遊女が使い[1]、『閑情末摘花』に「何ざますへ」「早うざますはね」などの用法が見える。「ざんす」は「丁子屋」という遊女屋特有のものである[1]。現在では金持ちや成金、上品ぶった人を表す役割語として使われることがあり、『ドラえもん』(骨川スネ夫の母・骨川夫人)などで使用されている。
  • あそばす
    • 「遊ぶ」の未然形に尊敬の助動詞「す」が接続して成立した尊敬語。「ざます」と同様に「あそばせ言葉」(「あそばせ」は「あそばす」の命令形)とも呼ばれる。「おいであそばせ」(=いらっしゃい)「ごめんあそばせ」(=失礼しました・します)のように、多くは「お…あそばす」「ご…あそばす」の形で用いられる。
  • 形容詞の丁寧語は「痛うございます」「危のうございます」のように「ウ音便連用形+ございます」が用いられる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本国語大辞典(小学館)

文献[編集]