甲州弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甲州弁(こうしゅうべん)は山梨県で話される日本語の方言である。山梨県内でも御坂山地大菩薩嶺を境に東西で大きく方言が異なっており、西側の国中地方では東海東山方言ナヤシ方言)の一種が、東側の郡内地方では西関東方言の一種(郡内弁)が話されている。ここでは国中地方の方言(国中弁)を扱う。早川町奈良田では特殊な方言が用いられており、奈良田方言を参照されたい。

概要[編集]

国中地方は富士川や諸街道によって駿河国との文化的共通性が強いため、「ずら」を使用するなど主な語彙が静岡弁とよく似ている。長野・山梨・静岡の方言をひっくるめてナヤシ方言とも言う。

江戸時代には享保9年(1724年)に甲府藩主・柳沢氏家臣の柳沢淇園が随筆『ひとりね』を記し、同書では甲斐の地誌情報とともに甲州弁の語彙50語余りが記録されている。また、嘉永3年(1850年)成立の宮本定正甲斐廼手振』にも若干の甲州弁が記載されている[1]。宮本定正は幕末期に江戸から甲府へ赴任した人物で、国立公文書館内閣文庫「多聞櫓文書」の幕臣由緒書に記される「宮本久平」と同一人物であると考えられている[2]。宮本久平は弘化5年/嘉永元年11月23日に甲府学問所・徽典館(きてんかん)の学頭を命じられ、10ヶ月余り甲府に滞在している[3]。『甲斐廼手振』は『甲斐志料集成』『甲斐叢書』において翻刻されており、両者とも同じ東京大学総合図書館所蔵「南葵文庫」に収録されている。「南葵文庫」本は伝来は不明であるが、誤記が散見されることから宮本定正の自筆本ではないと考えられており、56語余りの甲州弁が記載されている[4]

明治期には三田村鳶魚の「甲斐方言考」『風俗画報』や自治体史により山梨県の方言に関する語彙の紹介が行われている。戦後には、1939年(昭和14年)に発足した山梨郷土研究会や昭和30年代の山梨方言研究会、1986年(昭和61年)に発足した「山梨ことばの会」が中心となって学術的研究がスタートし、特に独自の方言として知られる奈良田の方言に関する研究は全国的にも注目された。また、北杜市の大泉村図書館は金田一春彦旧蔵の方言資料を収蔵している。

甲州弁ラップ「だっちもねーこんいっちょし」(「くだらないこと言うな」の意)がCD化され発売されたこともある。

音声・アクセント[編集]

全般的に共通語に近いが、母音無声化は起こらない。アクセントは中輪東京式アクセント。「山梨県」や「山梨市」などと言う場合には、共通語と同様に平板型の発音であるが、単に「山梨」と言う場合に、「マナシ」と第一音にアクセントを置いて発音すると山梨市を指す。同様に「甲府」を「ウフ」、「清里」を「ヨサト」と言う。

奈良田方言は特殊アクセントであり、四つ仮名を区別する。

主な文法[編集]

  • 否定(打消)の助動詞は「…ない」ではなく、国中では「…ん」が使いられる。郡内方言では「にゃあ(ねえ)」を用いる[5]。過去否定は「…なんだ」を用いる。
    • 「…ん」が甲州に飛地状分布をする理由については、もともと長野県の諏訪、上伊那、松本地域にも「…ん」が分布していたが、江戸時代に中山道に沿って東から「…ない」が本地域に分布を広げたため、甲州に「…ん」が取り残されたとする見方がある。その証左に、長野県の諏訪、上伊那、松本地域では過去否定は「…なんだ」を用いる。
  • 推量は「…ずら、…ら」を用いる。
  • 勧誘は国中では「…ざあ」を用いる。
  • 過去の「…た」が「…とー」となる場合がある。この特徴は奈良田方言で顕著である[6]
  • 奈良田には古い語法などが多い。

その他の文法・語彙[編集]

  • おばやん - おばさん。
  • おまん - お前。
  • いく - 何。
(例)「いく時」(何時)、「いくしょ」(何処)、「いくゆえ」(何故)
  • かじる - 掻く
(例)「背中かじって」(背中掻いて)
  • こう - 来い
(例)「こっちぃこう」(こっちへ来い)
  • こっちん - こっちが
  • こぴっと - 物事がきちんと整っているさま。ちゃんと。しゃんと。しっかりと。
(例)「こぴっとしろし」(ちゃんとしろよ)
  • からかう - (時間)をかける、または(修理などを)試してみること
(例)「PCの調子が悪いから、ちょっとからかってみる」
  • ~しざあ - ~しよう。
(例)「さあ、行かざあ」「話を聞かざあ」。勧誘を意味する「ず」[7]。「ず(ざあ)」は国中で用いられ、郡内方言では勧誘は「べえ」を用いる[8]
  • ~しちょ - ~してはいけない。
古典文法の「な~そ」の「そ」に相当。(例)「あんまり無理をしちょ」「そんなに飲んじょ
  • ~じゃんけ - ~じゃないか。
三河弁などの「~じゃんか」に相当。
  • ~しろし - ~しろよ。~しなよ。
(例)「ちゃんと勉強しろし
  • ちゅうこん (ちゅこん)- っていうこと。「こと」が撥音化して「こん」になる[9]
  • ずら - だろ。でしょ。推量の意味[10]。郡内方言では「べえ」が用いられる[11]。用例は滑稽本旧観帖』など[12]。『甲斐廼手振』では「そふづらめ」として記載[13]
  • - あぁ。
  • てて - うわぁ。
  • はんで - 急いで。早く。
(例)「はんで車に乗れし」

「はんで」は、「いつも」「頻繁に」という意味で使うこともある。

(例)「はんでそんなことやってるから」(いつもそんなことやってるから)

甲州弁に関連した人物・作品など[編集]

  • 47都道府犬 - 声優バラエティー SAY!YOU!SAY!ME!内で放映された短編アニメ。郷土の名産をモチーフにした犬たちが登場する。山梨県は、葡萄がモチーフの山梨犬として登場。『ワインにされるずらー!!』など話す。声優は、山梨県出身の志村由美
  • 月曜から夜ふかし - 関ジャニ∞村上とマツコ・デラックスによるトークバラエティ。甲州弁が「ブサイクな方言ワースト1」に選出され、「おら、田中ちゃんの愛人っつーこんずら(私は田中ちゃんの愛人です)」がスタジオに爆笑を巻き起こした(ただし、この文だと「私は田中ちゃんの愛人ということでしょう?(確認)」となってしまう)。他にも「おまんこっちんこうし(あなたこっちにきて)」が、「放送上完全アウトだが、あくまで甲州弁です」と取り上げられた。
  • 風林火山 (NHK大河ドラマ)
  • 花子とアン (NHK連続テレビ小説) - 主に主人公の故郷・山梨のシーンで使用され、「てっ」、「こぴっと」、「ずら」、「おらの事は花子と言ってくりょう(「私の事は花子と呼んで下さい」)。」等が用いられた。
  • 高森奈津美声優) - 基本は共通語だが、本番の前後では甲州弁が出てしまうことが多く、スタッフにネタにされている。

参考文献[編集]

  • 石川博「上野原町の方言」『甲斐路 No.69』(山梨郷土研究会、1990)
  • 石川博「学芸」『甲斐路 95号 創立六十周年記念特集号』(山梨郷土研究会、1999)
  • 石川博「甲斐の手振」所収方言について」『山梨ことばの会会報 第八号』山梨ことばの会、1995年

関連図書[編集]

  • 五緒川津平太『キャン・ユー・スピーク甲州弁?』(樹上の家出版、2009年3月1日) - 自費出版ながら山梨県内で異例のベストセラーとなった書籍。読売テレビ秘密のケンミンSHOWで紹介された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石川(1995)、p.25
  2. ^ 石川(1995)、pp.25 - 32
  3. ^ 石川(1995)、p.32
  4. ^ 石川(1995)、p.32
  5. ^ 石川(1990)、p.72
  6. ^ http://www2.ninjal.ac.jp/hogen/dp/gaj-pdf/gaj-pdf_index.html
  7. ^ 石川(1995)、p.30
  8. ^ 石川(1990)、p.72
  9. ^ 石川(1995)、p.29
  10. ^ 石川(1995)、p.30
  11. ^ 石川(1990)、p.72
  12. ^ 石川(1995)、p.30
  13. ^ 石川(1995)、p.30

外部リンク[編集]