国中地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
国中地方のデータ
中北地域+峡東地域+峡南地域
日本
地方 中部地方甲信越地方関東地方
面積 3,156.37km2
総人口 678,683
(2008年12月1日)

国中地方(くになかちほう)は、山梨県山梨郡八代郡巨麻郡(巨摩郡)一帯を指す地域地域区分やその地域の通称名。県単位で言えば御坂山地大菩薩嶺を境とした西半分の地域にあたり、甲府市を中心とする。郡内地方と共に山梨県の区域を形成する。気象庁による山梨県内の気象区分では、中西部と呼ばれている。

概要[編集]

桃の花咲く甲府盆地と南アルプス(2011年4月12日撮影)

国中地方の地域区分は峡中・峡北・峡西・峡東・峡南があり、広義のとしてはこの5つの地域をあわせて国中地方と呼ばれている。一方で富士川河谷にあたる峡南地域は甲府盆地と比べて文化などの面で若干の違いが見られるため、「河内(かわうち)」と呼んで区別することがある。この場合、県内は国中・河内・郡内の3地方に分けられ、狭義の国中地方は富士川河谷地域を除いた山梨県中西部となる。

平成の大合併後に地域振興局が再編され、峡中・峡西地域を管轄する「峡中地域振興局」と峡北地域を管轄する「峡北地域振興局」が統合され「中北地域県民センター」となった。このため峡中・峡西・峡北の地域は新たに「中北地域(ちゅうほくちいき)」と呼ばれ、峡東地域・峡南地域とあわせて天気予報などでも使われ始めている。

内部区分[編集]

平成の大合併により管轄する地域振興局が変更した地域もあることから、大合併前の市町村についても併記する。なお、上述の通り峡北・峡中・峡西の各地域は「中北地域」に括られることがあるが、ここでは統合前の振り分けで表記する。


峡中[編集]

釜無川流域を西限に甲府盆地の西半分に位置する地域。北側は奥秩父山塊が連なるが、南側はほぼ平地である。四方を山に囲まれているためフェーン現象の影響を受けやすい。この一帯は「甲府広域市町村圏」となっており、位置的だけでなく経済的にも「峡(甲斐)の中央」である。

「峡中」の地域呼称は江戸時代から見られ、荻生徂徠『峡中紀行』など本来は国中地方の内部呼称ではなく、甲斐国全域を指す地域呼称として用いられていた。明治4年の廃藩置県を経て、甲斐国の府県名は国中三郡の山梨郡に由来する「山梨県」となったが、明治初期には「山梨県」の府県名に抵抗があり自由民権運動における『峡中新報』や民権派政党名などに盛んに用いられ、郡内地方においても受け入れられていた。明治20年代には「峡中」の使用が減り県全体を指す地域呼称として「山梨」が用いられるようになり、現在はメディアなどを通じて国中地方における地域呼称として定着している。

該当市町村[編集]

現在
平成の大合併前
平成の大合併による変貌
  • 2004年(平成16年)9月1日、竜王町(旧)と敷島町(旧)が双葉町(旧)と合併し、甲斐市となる。(峡北に位置していた双葉町一帯は峡中地域となる。)
  • 2006年(平成18年)2月20日、玉穂町(旧)と田富町(旧)が豊富村(旧)と合併し、中央市となる。(峡東に位置していた豊富村一帯は峡中地域となる。)
  • 2006年(平成18年)3月1日、峡東に位置していた中道町(旧)と富士北麓に位置していた上九一色村(旧)のうち梯・古関の2地区が甲府市に編入し、峡中地域になる。

地形[編集]


峡北[編集]

八ヶ岳を西端とし、甲府盆地の北西部に位置する地域。釜無川を挟んで南側に赤石山脈(南アルプス)、北側に奥秩父山塊がある。八ヶ岳周辺は山岳高原地であるため夏は涼しい一方、冬は「八ヶ岳おろし」という季節風が甲府盆地方面へ吹くため非常に寒く感じる。また比較的に天気が安定しており、年間日照時間が長い地域であることも知られる。戦国時代は馬産地として知られ、武田勝頼によって新府城が建てられたりもした。またバブル景気が到来すると清里高原などでリゾート開発が行なわれている。武川米など県内随一の米どころであるほか、ミネラルウォーターの水源が多く存在する。

該当市町村[編集]

現在
平成の大合併前
平成の大合併による変貌
  • 2004年(平成16年)9月1日、双葉町(旧)は竜王町(旧)および敷島町(旧)と合併して甲斐市となり、この一帯は峡中地域となる。
  • 2004年(平成16年)11月1日、須玉町(旧)・長坂町(旧)・白州町(旧)・高根町(旧)・大泉村(旧)・武川村(旧)・明野村(旧)の北巨摩郡4町3村が合併し、北杜市となる。
  • 2006年(平成18年)3月15日、小淵沢町が北杜市に編入。これにより北巨摩郡が消滅する。

地形[編集]


峡西[編集]

峡北地域から流れてきた釜無川流域の西側に位置する。西側に櫛形山地がありそこから釜無川に向けていくつもの川が流れており、これによってできた国内最大級の御勅使川扇状地をはじめ、いくつもの扇状地が連なっている。この扇状地を利用した果樹栽培が盛んで、一帯にはモモスモモサクランボ畑が多く見られる。櫛形山地の西側には南アルプスがあり、そこに位置している旧芦安村は降雪が多いことから豪雪地帯に指定されている。古くは水害が発生しやすい地域であり、これが影響してか他の地域に比べ歴史的な建造物が少ない。一方で武田信玄による治水事業や戦後の開発および整備により水害の問題が解決されると瞬く間に発展し、近年は甲府都市圏のベッドタウンになっている。

この地域は「峡西」以外にも「小笠原」や「こま野」などの呼称がある。前者は警察署、後者は農業協同組合などで使われているが、前者については市制執行後に市名にあわせた名前に変更されている。

該当市町村[編集]

現在
平成の大合併前
平成の大合併による変貌
  • 2003年(平成15年)4月1日、上記6町村が合併し、南アルプス市となる。

地形[編集]


峡東[編集]

御坂山地笹子峠)を東限に甲府盆地の東半分に位置する地域。北東から南西にかけて笛吹川が流れており、流域にある曽根丘陵には古墳遺跡など縄文時代からヤマト王権頃までの遺構が多く見られることから峡中地域に甲斐源氏が台頭するまではこの一帯が山梨の中心部であったとされている。近年は石和温泉が湧き出したことなどから観光地としての整備が進んでいるほか、峡西地域同様扇状地が連なっているため、ブドウなどの果樹栽培が盛んである。

峡東には3市が属しているが、かつての郡部の地理的条件から警察署や消防本部農業協同組合などにおいて実質上2つに分断されている。

該当市町村[編集]

現在
平成の大合併前
平成の大合併による変貌
  • 2004年10月12日、石和町(旧)、一宮町(旧)、御坂町(旧)、八代町(旧)、境川村(旧)、春日居町(旧)の6町村が合併し、笛吹市となる。
  • 2005年(平成17年)3月22日、山梨市(旧)、牧丘町(旧)、三富村(旧)が合併し、山梨市となる。(対等合併のため、山梨市(旧)とは別の市)
  • 2005年(平成17年)11月1日、塩山市(旧)、勝沼町(旧)、大和村(旧)が合併し、甲州市となる。また、これにより東山梨郡が消滅する。
  • 2006年(平成18年)2月20日、豊富村(旧)が対等合併で中央市となり、峡中地域になる。
  • 2006年(平成18年)3月1日、中道町(旧)が甲府市に編入。
  • 2006年(平成18年)8月1日、芦川村(旧)が笛吹市に編入。これにより東八代郡が消滅。

地形[編集]


峡南[編集]

笛吹川と釜無川が合流し、富士川となった流域および早川などその支流域にあたる地域。上述の通り文化の違いから「河内地方」として「国中地方」から分けることがある。富士川を中心に東側に天子山地、西側に赤石山脈と身延山地が連なっている。また太平洋に近いことから多雨であるほか、標高が低く比較的温暖であるため県内各地が雪に見舞われてもこの地域だけ雨の場合が多い。但し赤石山脈に面している早川町は例外で、標高が高いことが影響して降雪が多いことから豪雪地帯に指定されている。世界最古の温泉旅館南部氏発祥の地、日蓮によって身延山が開かれるなど歴史は古く、中央本線が甲府盆地へ開通するまでは富士川水運によって甲府盆地と海を結ぶ重要な交通路でもあった。また、南部茶日本茶)や富士川町のユズの栽培をはじめ、和紙市川和紙西嶋和紙)や雨畑硯、六郷地区の印章、身延のゆばなど地場産業が活発な地域でもある。かつては花火足袋も製造されていた。

峡南広域行政組合を作り、一つの町で行うことの難しい消防・情報化などの広域的な行政を共同で行っている。農業協同組合においては「JAふじかわ」が峡南地域を管轄。また、峡南青年会議所は当該地域を活動範囲としている。

該当市町村[編集]

現在
平成の大合併前
平成の大合併による変貌
  • 2003年(平成15年)3月1日、南部町(旧)と富沢町(旧)が合併し、南部町となる。(対等合併のため、南部町(旧)とは別の町)
  • 2004年(平成16年)9月13日、身延町(旧)、中富町(旧)、下部町(旧)が合併し、身延町となる。(対等合併のため、身延町(旧)とは別の町)
  • 2005年(平成17年)10月1日、市川大門町(旧)、三珠町(旧)、六郷町(旧)が合併し、市川三郷町となる。
  • 2010年(平成22年)3月8日、増穂町(旧)、鰍沢町(旧)が合併し、富士川町となる。

地形[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]