徳之島方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳之島方言
徳之島語
シマグチ(島口)/シマユミィタ
話される国 日本
地域 徳之島鹿児島県奄美諸島
話者数 51,000 (2004 年)[1] 
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 tkn
Glottolog toku1246  Toku-No-Shima[2]
テンプレートを表示

徳之島方言(とくのしまほうげん)は、鹿児島県奄美諸島徳之島で話される琉球語方言である。エスノローグでは徳之島語(とくのしまご)(Toku-No-Shima language) としている。かつて硫黄鳥島でも徳之島方言が話されていた。

分類[編集]

奄美語(奄美方言)の下位に位置する。沖縄県久米島の鳥島集落は、硫黄鳥島の住民が集団移住したために徳之島方言の特徴が強く残り、久米島の他の集落の言葉とは異っている。

語彙[編集]

以下の言葉の中には近似的な標記がある事に注意されたい。

  • きゅーがめーら – こんにちは
  • うぃーてぇー、すぃとぅめぃーてぃきゅーがめーら - おはよう
  • よーねぃーうがめーら – こんばんは
  • おぼーら(おぼーらだーに:伊仙町、おぼーらだれん:徳之島町、天城町) – ありがとう
  • んきゃげぃれぃ、んきゃげぃてぃたぼれ – (剥いて)召し上がってください。
  • くゎーきせぃー – ご馳走さま
  • もーろ、もーるぃ – ようこそ、いらっしゃい
  • もーるぃよー – 帰るよ、さようなら
  • すぃめーらんやー – すみません
  • いきゃ(いか、とぅ) – 行こう
  • だぁーか いきが – どこにいくの
  • ぬぅーしゅんが – 何しているの
  • いぇー – ええ!、あーあ、などの感動詞
  • わん – 私(第一者を指す)
  • わっきゃ – 私たち
  • うり(うぃ) – あなた(第二者を指す)
  • うら – お前(やや強い口調で第二者を指す)
  • うりた(うぃた) – あなたがた(第二者を指す)
  • うきゃ(うぃきゃ) – お前たち(やや強い口調)
  • あじゃ – お父さん
  • あま – お母さん
  • とぅじゅとぅ – 夫婦
  • とぅじ – 奥さん・妻
  • むぃ – 兄(「むぃー」は、目、穴)
  • あか – 姉
  • われんきゃ – 子供達
  • まぁーが – 孫
  • うやほうがなし – 先祖
  • どぅし – 友達
  • きゅらめぇーれぇ – 美人
  • やぁ – 家
  • さんしる、さむしる – 三味線
  • てぃんぐわ – ひとつ
  • あっちゃー(あちゃ) - 明日
  • うぁーつぃき – 天気
  • すてぃむてぃ – 朝

下位区分[編集]

中本(1976)[3]による下位区分。

脚注[編集]

  1. ^ Tokunoshima at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Toku-No-Shima”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/toku1246. 
  3. ^ 中本正智(1976)『琉球方言音韻の研究』法政大学出版局 347頁。