沖縄北部方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
沖縄北部方言
国頭方言/国頭語
山原言葉/ヤンバルクトゥーバ
話される国 日本
地域 沖縄島北部
話者数 5,000(2004年)[1] 
言語系統
日本語族
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 xug
Boundaries of the Okinawan Languages.svg
青が沖縄北部方言の範囲
テンプレートを表示

沖縄北部方言(おきなわほくぶほうげん)または国頭方言(くにがみほうげん)とは沖縄県沖縄本島北部の国頭郡で話される琉球語方言である。エスノローグにおいては国頭語(くにがみご)(Kunigami language)とされるが、沖永良部島方言与論島方言をあわせた沖永良部与論沖縄北部諸方言を国頭語(国頭方言)と呼ぶこともある[2]

地域区分[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kunigami at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ ユネスコ危機に瀕する言語では沖永良部与論沖縄北部諸方言をさして「国頭語」としており、沖縄北部はその方言としている。

外部リンク[編集]