備後弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾道市千光寺公園にて。「ばあ(=ばかり)」は「備後ばあばあ」として知られる備後弁の代表的な表現の一つ。

備後弁(びんごべん)は、広島県東部の備後地方で話される日本語の方言である。中国方言に含まれる。広島県の方言は、西部の安芸地方の方言(安芸弁)と東部の備後地方の備後弁に分かれ、一般に「広島弁」とされるのは安芸弁の方である。備後弁は、安芸よりも岡山県の方言に近く、岡山弁とともに「東山陽方言」に含められることがある。また、かつて安芸から備後北部にかけての地域を領有した浅野藩の領域と、備後南東部を領有した福山藩の領域の間でも方言の違いがある(福山弁参照)。

音韻[編集]

アクセントは東京式アクセント(乙種アクセント)である。福山市や尾道市では内輪東京式、その他は中輪東京式である。

連母音の融合が多く、「アイ」連母音は「エァー[æː]」になるが、福山市では語頭以外で「ャー」になる(例:赤い→あけぁあ/あきゃあ)。これは、「アイ」連母音が「アー」になる安芸方言とは異なる点である。ただし、福山市以外ではこの融合は高齢層に限られる。また、連母音「オイ」は「エー」になる。

母音「」は、他の西日本と同様に、唇を左右から寄せてかなり丸めて発音する。

文法[編集]

文法はおおむね他の西日本方言と共通する。すなわち、断定の助動詞(コピュラ)には「じゃ」を用い、アワ行五段動詞連用形は「-て」「-た」「-とる」の前でウ音便になる(例:買う→こおた、言う→ゆうとる)。また、サ行五段動詞は同じ条件でイ音便になる(例:出した→だいた)。また、動詞の否定には「行かん」「落ちん」「食べん」「せん」「来(こ)ん」のような「未然形+ん」を用いる。命令形は、「行けえ」「起きい」「開けえ」「せえ」「来い/けえ」のように、カ変以外は長音化したものを用いる。

多くの西日本方言で、共通語の「~している」にあたる言い方を、結果継続態と進行態とで区別する(アスペクトの区別)が、備後弁にもこの区別がある。結果継続態とは、ある行為や動作の行われた結果がまだそこに残っていることを表す形で、備後弁では「~とる」を用いる。進行態とは、行為や動作が行われつつあることを表す形で、備後弁では「~よる」を用いる。

「~しよう」という意思・勧誘形は、下一段動詞では「あぎょお」(上げよう)、「でょお」(出よう)のような「~ょお」の形を取り、上一段動詞では、「みゅう」(見よう)、「おきゅう」(起きよう)のような「~ゅう」形となる。カ変は「こお」、サ変は「しょお」である。

「~(だ)から」にあたる理由・原因を表す順接の接続助詞には、「けえ」を用いる。「けん」はない。また、準体助詞に「の」または「ん」を用いる。

参考文献[編集]

  • 平山輝男ほか『日本のことばシリーズ34広島県のことば』明治書院、1998年