飛騨弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

飛騨弁(ひだべん)は、岐阜県飛騨地方で話される日本語の方言である。東海東山方言岐阜・愛知方言(ギア方言)に分類されるが、語彙や音韻では北陸方言との共通性がみられる。これはかつて飛騨地方は福井県奥越地方(大野市など)や富山県等との交流が盛んだったことが理由だと考えられる。[要出典]

岐阜県は愛知県とともに東日本方言と西日本方言の緩衝地帯であること、内陸部であり周辺の方言の要素が複雑に入り交ざっていること、山がちな地形であることから、飛騨弁と一言でいっても地域によって様々に異なる。大きく、北飛騨方言(高山市飛騨市白川村)と南飛騨方言(下呂市)に分けられる。また飛騨地方に隣接する郡上市美濃弁は南飛騨方言との類似点が多い。

音声[編集]

アクセントは内輪東京式アクセントである。また北陸方言にみられる間投イントネーション(ゆすりイントネーション)が用いられる。

文法・表現[編集]

断定の助動詞は「や」または「じゃ」である。大正期までは専ら「じゃ」が用いられていた。

推量は「-やろう、-じゃろう」であるが、奥飛騨に「-じゃらず、-であらず」がある。同じ類の表現(「-だらず」等)が長野県北東部と長野、愛知県境付近に分布しており、古い特徴と考えられる。

西日本の方言に多い、副詞を用いることなく進行相完了相を区別する表現を用いる。例えば英語の "be doing" を示す「やりよる」、 "have done" を示す「やっとる」のように使い分けすることが可能である。

文末に「(なん)やさ」をつけるのが飛騨弁の特徴とされる。また、男性は「(なん)やうぇ」とつけることも多い。敬語としては「未然形+さる」など様々な形式が用いられるが、現在は共通語の敬語に押されつつある。

語彙[編集]

  • いずまかす - あぐらをかく。
  • えらい(えれえ) - 疲れた。
  • うい - 嫌な。気の毒な。漢字で書くと「憂い」
  • おいた - (嫌なので)やめた。
  • おぞい(おぜえ) - 粗悪な。おんぼろな。汚い。
  • おとましい - もったいない。惜しい。気の毒な。
  • おり - 俺。
  • かぎ(を)かう - 鍵をかける。
  • かに - ごめんなさい。「堪忍」が転じたもの。
  • くつばかしい - くすぐったい。
  • 来る - 行く。九州方言などにおける用法に類似。
  • げばいた - 失敗した。
  • こわい(こうぇえ) - 恥ずかしい。心配な。嫌な。忌まわしい。面倒な。気の毒な。寂しい。不満な。様々な意味を持って様々な場面で用いるため、飛騨弁に慣れない者には理解しにくい言葉の一つである。「あれ、こーわいさ」「あれ、こーわい」と使用することが多い。
  • さがし - 竹馬。
  • しみる(しびる) - 凍る。寒い。
  • しんがい - へそくり。
  • しんびきする - 迷う。
  • そめ - 案山子。
  • たけ - 馬鹿、阿保のように、相手を馬鹿にする言葉。
  • だちかん(だしかん) - 駄目だ。「埒が明かぬ」が転じたもの。丁寧形は「だちきません」。
  • ためらう - 体に気をつける。「ためらってな(=お大事に)」とも。
  • つずりさせ - コオロギ。
  • でえれえ(でれ) - 強調の接頭語。「でえれすげえ(=とてもすごい)」のように用いる。「どえらい」が転じて。
  • てきない(てきねえ) - 苦しい。
  • どす - 強調の接頭語。「どすえらい(=ひどく大きい)」のように用いる。
  • にかご - 赤ん坊。
  • ねばり - 真綿。
  • のま - 雪崩。
  • はや - もう。「はや来たんけな(=もう来たのかよ)」のように用いる。
  • はじかい - ざらざらしているさま。特に手肌が乾燥してカサカサしている様子。
  • はしゃぐ - 乾く。
  • はんちくたい(はんちくてえ) - 腹が立った。
  • びー - 女の子。
  • ひねくましい - 年よりも老けて見えるさま。
  • へちかむ - へこむ。つぶれる。
  • べんこくさい - 生意気。
  • またじ -片つける
  • まめけな(まめなかな) - お元気ですか。
  • よこいとる - 変だ。腐っている。

[編集]

「あなたの家の娘さん、元気?」「すごく元気、最近生意気で大変よ」

  • 上の文章を飛騨弁に直すと、下のようになる。

「わりゃんとこのびー、まめかいな?」「まめまめ、べんこくそうてだしかんさ」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • さるぼぼ - 飛騨弁で「猿の赤ん坊」を意味する飛騨の民芸品。
  • のらMyCar - 高山市のコミュニティバス。飛騨弁の「乗らまいか」と「マイカー」をかけた名称。
  • 君の名は。 - 飛騨地方の架空の町・糸守町が舞台。作中において登場人物が頻繁に飛騨弁を使用している。

外部リンク[編集]