君の名は。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(簡体字繁体字ラテン文字キリル文字ハングルタイ文字クメール文字)が含まれています詳細
君の名は。
your name.
Your name movie logo.png
監督 新海誠
脚本 新海誠
原作 新海誠
製作 川村元気
武井克弘
伊藤耕一郎
製作総指揮 古澤佳寛
出演者 神木隆之介
上白石萌音
長澤まさみ
市原悦子
音楽 RADWIMPS[1]
主題歌 RADWIMPS[2]
「前前前世」
「スパークル」
「夢灯籠」
「なんでもないや」
編集 新海誠
制作会社 コミックス・ウェーブ・フィルム
製作会社 「君の名は。」製作委員会
配給 日本の旗 東宝
台湾の旗 傳影互動
香港の旗 新映影片
中華人民共和国の旗 華夏電影
シンガポールの旗 Purple Plan
アメリカ合衆国の旗 ファニメーション
イギリスの旗 Anime Limited
フランスの旗 Eurozoom
スペインの旗 Selecta Visión
大韓民国の旗 Media Castle
タイ王国の旗 M Pictures
オーストラリアの旗 Madman Entertainment
イタリアの旗 Nexo Digital / Dynit
インドネシアの旗ベトナムの旗 Encore Films
フィリピンの旗 Pioneer Films
カンボジアの旗 JaiKon Cambodia
スウェーデンの旗 TriArt Film
フィンランドの旗 Cinema Mondo
ノルウェーの旗 Arthaus
デンマークの旗 Camera Film
メキシコの旗 Cinepolis
トルコの旗 Başka Sinema
ロシアの旗ベラルーシの旗カザフスタンの旗ウクライナの旗 Истари комикс
チリの旗 Diamond Films
ドイツの旗 Universum Film
公開 日本の旗 2016年8月26日
台湾の旗 2016年10月21日
シンガポールの旗 2016年11月3日
タイ王国の旗 2016年11月10日
香港の旗マカオの旗 2016年11月11日
イギリスの旗アイルランドの旗オーストラリアの旗 2016年11月24日
ニュージーランドの旗 2016年12月1日
中華人民共和国の旗 2016年12月2日
インドネシアの旗 2016年12月7日
マレーシアの旗 2016年12月8日
フィリピンの旗 2016年12月14日
フランスの旗 2016年12月28日
大韓民国の旗 2017年1月4日
ベトナムの旗 2017年1月13日
イタリアの旗 2017年1月23日
カンボジアの旗 2017年2月23日
アメリカ合衆国の旗カナダの旗スペインの旗 2017年4月7日
スウェーデンの旗 2017年4月12日
フィンランドの旗 2017年4月21日
ノルウェーの旗 2017年4月28日
デンマークの旗 2017年5月4日
メキシコの旗 2017年8月4日
トルコの旗 2017年8月25日
ロシアの旗ベラルーシの旗カザフスタンの旗 2017年9月7日
パラグアイの旗 2017年9月9日
ボリビアの旗 2017年9月21日
エクアドルの旗 2017年9月22日
コロンビアの旗 2017年9月26日
チリの旗 2017年9月28日
ブラジルの旗アルゼンチンの旗ペルーの旗 2017年10月5日
ウクライナの旗 2017年10月19日
オランダの旗 2017年11月2日
ドイツの旗 2018年1月11日
上映時間 107分[注 1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入

日本の旗 250.3億円
(2017年8月6日時点[6]

世界の旗 400億円
テンプレートを表示

君の名は。』(きみのなは、: Your Name.)は、2016年8月26日公開の新海誠監督の長編アニメーション映画[7]である。

概要[編集]

前作『言の葉の庭』から3年ぶりとなる、新海の6作目の劇場用アニメーション映画。東京に暮らす少年・瀧(たき)と飛騨の山奥で暮らす少女・三葉(みつは)の身に起きた「入れ替わり」という謎の現象と、1200年ぶりに地球に接近するという架空の彗星「ティアマト彗星」をめぐる出来事を描く。新海作品としては初めて製作委員会方式を取っており、前作は東宝映像事業部配給、全国23館だったのに対し、本作では東宝が配給を担当し全国約300館という大規模な興行となった[8]

2015年12月にYouTube上に特報動画が公開され、2016年8月の公開と、主演に神木隆之介上白石萌音が起用されることが発表された[9][注 2]。翌年4月5日には予告編が公開され、劇中音楽すべてをRADWIMPSが制作することと、公開日は8月26日であることが発表された[10]

本作は2016年8月26日(金)の公開後は、途中1週のみ『デスノート Light up the NEW world』に1位を奪われたものの13週目までに渡って12回、週末動員数1位を獲得[11]。2017年7月には日本国内の興行収入250.3億円となった事が発表され、日本における歴代興行収入ランキングでは『千と千尋の神隠し』、『タイタニック』、『アナと雪の女王』に次ぐ第4位(日本映画では第2位)となった。世界での興行収入は3.55億ドルにも及び、千と千尋の2.75億ドルを超えて日本映画の歴代1位となった。

2016年12月9日には劇場パンフレットの第2弾が発売された[12]。2017年1月13日からは2週間限定でIMAX版が、1月28日からは英語歌詞・英語字幕版が、2月18日からは日本語字幕版がそれぞれ上映開始された。

公開を2か月後に控えた6月18日には、映画公開に先駆けて『小説 君の名は。』が発売。小説が映画の公開より先に発売されるのは新海作品としては初めてであった。出版社の作品紹介文では「原作小説」とされているが[13]、脚本の完成後、映画の制作も終盤になってから執筆されたもので[14]新海自身は「小説版」「映画のノベライズ」「どちらが原作なのかと問われると微妙なところ」と、そのあとがきで書いている[15]。映画と小説とで物語上の大きな差異はない[16]。映画公開(8月26日)前にすでに50万部、9月20日時点で102.9万部[17]、11月20日までに119.7万部となり2016年の文庫部門1位(オリコン調べ)を獲得した[18]

12月には小説や公式ビジュアルガイドを含む関連書籍7冊の売り上げは計250万部を突破した[19]

ストーリー[編集]

瀧が三葉に会いに行く駅のモデルとなった飛騨古川駅[20]

東京の四ツ谷[注 3]に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨[23]地方の山奥にある糸守町[注 4]に住む女子高生・宮水三葉になっており、逆に三葉は瀧になっていた。2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。

翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことをほとんど忘れていたが、その後も週に2~3回の頻度でたびたび「入れ替わり」が起きた事と周囲の反応から、それがただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。性別も暮らす環境もまったく異なる瀧と三葉の入れ替わりには困難もあったが、お互い束の間の入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく。

しかし、その入れ替わりは突然途絶え、記憶を頼りに描き起こした糸守の風景スケッチだけを頼りに瀧は飛騨に向かう。瀧の様子を不審に思い心配していた友人・藤井司とバイト先の先輩・奥寺ミキもそれに同行する。しかし、ようやく辿り着いた糸守町は、3年前に隕石(ティアマト彗星の破片)が直撃したことで消滅しており、三葉やその家族、友人も含め住民500人以上が死亡していたことが判明する。

瀧は、以前三葉と入れ替わっている時に口噛み酒を奉納した記憶を思い出し、山上にある宮水神社の御神体へと一人で向かう。そしてその御神体が実在していたことで「入れ替わり」が自分の妄想ではなく、2人の入れ替わりには3年間の時間のズレがあったことを確信する。瀧は、もう一度入れ替わりが起きることを願いながら、3年前に奉納された三葉の口噛み酒を飲む。

目覚めると隕石落下の日の朝の三葉の身体に入っていた瀧は、三葉の友人である勅使河原克彦名取早耶香の2人とともに、住民を避難させるために変電所を爆破し町一帯を停電させ、町内放送を電波ジャックして避難を呼びかけるという作戦を画策する。しかし、その計画の要である三葉の父・俊樹を説得しようとするが、妄言だと一蹴される。

避難計画が順調に進まず、瀧(身体は三葉)は、三葉(身体は瀧)に会うため御神体がある山を登る。生きている世界には3年の時間差がある2人だったが、時間を超えて聞こえる声を頼りに互いの姿を探すも、声だけで姿は見えなかった。しかし黄昏が訪れると互いの姿が見え、入れ替わりが元に戻り、初めて2人は時を超え直接会話することができた。

三葉は、瀧から住民を助ける計画を引き継ぎ下山する。計画通りに町を停電させ、避難指示の放送を流すが、その電波ジャックも町役場にバレて阻止され、避難は進まない。三葉は改めて父(町長)を説得するため町役場に向かう。

瀧が「入れ替わり」という不思議な出来事に遭ってから5年後、「偶然にも住民が避難訓練をしており奇跡的に死者が一人も出なかった」糸守町への隕石衝突から8年後へと舞台は移る。瀧は就活の毎日、三葉たちは東京で暮らしていた。たまに町中でお互いの気配を感じることがあったが、もはや入れ替わりのことは忘れており、ただ「漠然と『誰か』を探している」切実な思いだけがあった。

さらに月日が流れたある春の日、たまたま並走する別々の電車の車窓からお互いを見つけた2人は、それぞれ次の駅で降り[注 5]、お互いの下車駅に向かって走り出す。ようやく住宅地の神社の階段で再会した三葉と瀧は、涙を流しながら互いに名前を尋ねる。

登場人物[編集]

立花 瀧(たちばな たき)
声 - 神木隆之介
本作の男性主人公で、東京の都心[注 3]に住む男子高校生。2016年の時点で東京都立神宮高校の2年生で、実は三葉より3歳年下。
霞ヶ関勤務の父と2人暮らしのようで、新海は「母親は数年前に離婚したんだと思っています」と述べている[24]。家からは東京タワーが見える。絵を描くのが得意で、建築や美術に興味を持っている。
日々友人たちと楽しく過ごし、イタリアンレストラン「IL GIARDINO DELLE PAROLE」[注 6]でウェイターのアルバイトをしており、同僚の奥寺へひそかに好意を寄せている。外伝小説では、三葉になっている時の炊事当番で、レストランの料理を簡略化したものを振舞っていた。
宮水 三葉(みやみず みつは)
声 - 上白石萌音
本作の女性主人公で、山深い田舎町の岐阜県糸守町に住む女子高生。2013年の時点で岐阜県立糸守高校の2年3組で、実は瀧より3歳年上。
妹とともに宮水神社の巫女を務める。母親の二葉は病死、町長である父・俊樹は家を出ており、祖母の一葉、小学生の妹の四葉と3人で暮らしている。
家系の神社や父の選挙運動、田舎の生活などに嫌気がさしており、東京での華やかな暮らしに憧れている。
宮水 一葉(みやみず ひとは)
声 - 市原悦子[25]
三葉の祖母で宮水神社の神主。2013年の時点で82歳。
娘の二葉が亡くなり婿養子の俊樹が家を出たあと、孫の三葉と四葉を育て、神社の仕事も伝えてきた。
宮水 四葉(みやみず よつは)
声 - 谷花音[25]
三葉の妹。2013年時点でしっかりした性格の小学4年生。祖母や三葉と一緒に、神社の家業を手伝う。映画のエンディングで高校生としてチラリと登場。
宮水 俊樹(みやみず としき)
声 - てらそままさき
三葉の父。2013年の時点で54歳。民俗学者、宮水神社神職を経て、糸守町の町長。
ENDロールでは「宮水 トシキ」と表記されている。
宮水 二葉(みやみず ふたば)
声 - 大原さやか
三葉の母。作中ではすでに病気のため故人となっている。夫の俊樹より12歳年下。
勅使河原 克彦(てしがわら かつひこ)
声 - 成田凌[25]
三葉の同級生。ひそかに三葉が好き。あだ名は「テッシー」。月刊「ムー」の愛読者でオカルト好きの機械オタク。郷里への愛憎は半々で、立場的に改善への具体策に着手し、三葉になっている本来は男である瀧の共感を得た。
2021年12月には東京で早耶香と近々結婚する話をしていた。
勅使河原と早耶香は、新海の前作『言の葉の庭』の小説版では第7話で登場する相澤祥子の中学時代の友人である勅使河原と早耶香から名前を取っている[26][注 7]
名取 早耶香(なとり さやか)
声 - 悠木碧[25]
三葉の同級生で、親友。穏やかな性格で勅使河原に好意を持っている。あだ名は「サヤちん」。2021年12月には勅使河原と近々結婚する話をしていた。原作小説では祖母や姉が代々町役場の町内放送担当であったことが書かれており、町役場に勤める姉も劇中にて一瞬だけ登場する[27]。劇場公開時は、瀧達が古川図書館で調べた『糸守町彗星災害 犠牲者 名簿目録類』に誤って「沙耶香」と書かれていたが、映像ソフト化の際に修正された(制作途中のキャラクター設定画では「沙耶香」という表記が使われていた[28])
勅使河原と早耶香は、新海の前作『言の葉の庭』の小説版では第7話で登場する相澤祥子の中学時代の友人である勅使河原と早耶香から名前を取っている[26][注 7]
ユキちゃん先生
声 - 花澤香菜
三葉の通う学校の古典教師。新海の前作『言の葉の庭』のヒロインで古典教師の雪野百香里本人である[29]
本作で「ユキちゃん先生」が登場する2013年9月の時点で『言の葉の庭』の雪野百香里は東京在住であった[30]が、なぜその彼女が本作で糸守にいるのかについては、パンフレットでは「観る人の想像次第」とされている[29]
彼女が授業を行うシーンでは『言の葉の庭』と同様に万葉集(巻十 2240番歌)が引用されていて、本作のキーワードの一つとなっている。
奥寺 ミキ(おくでら ミキ)
声 - 長澤まさみ[25]
瀧のアルバイト先の先輩。美人でオシャレな女子大生で、同アルバイトで働く多くの男子から大人気。
2021年に久々に瀧と会った際には婚約指輪をはめており、小説版ではアパレルメーカーに就職していて、近々結婚することを瀧に話していた。新海は「あくまでも裏設定ですが、司は奥寺先輩と婚約したのだと思っています。」と述べている[24]
藤井 司(ふじい つかさ)
声 - 島﨑信長[25]
瀧の同級生。クールな性格で、瀧と同じく建築に興味がある。瀧・高木と同じレストランでアルバイトをしている。2021年10月の時点では左手薬指に指輪をしており[24]、新海は「あくまでも裏設定ですが、司は奥寺先輩と婚約したのだと思っています。」と述べている[24]
なお終盤、花屋で働いている青年は司ではなく三葉の元同級生で、公式ビジュアルガイドでも都会で暮らす糸守の出身者の一人として紹介されている。
高木 真太(たかぎ しんた)
声 - 石川界人[25]
瀧の同級生。大柄でサッパリした人間であり、見た目は体育会系。瀧・司と同じレストランでアルバイトをしている。
瀧の父
声 - 井上和彦
霞ヶ関に勤め、瀧と家事を分担しながら、マンションでふたり暮らしをしている。[31]
勅使河原の父
声 - 茶風林
勅使河原建設の社長。町長選挙運動期間には三葉の父親をバックアップしている。[31]
勅使河原の母
声 - かとう有花

その他、消防団員役でRADWIMPSの桑原彰、武田祐介が出演している。

スタッフ[編集]

監督
原作
脚本
絵コンテ
新海誠
キャラクターデザイン 田中将賀安藤雅司
音楽 RADWIMPS
企画
プロデュース
川村元気
エグゼクティブプロデューサー 古澤佳寛
製作 市川南、川口典孝、大竹圭二
作画監督 安藤雅司、井上鋭、土屋堅一、廣田俊輔、黄瀬和哉
演出 居村健治
原画 稲村武志濱洲英喜本間晃、井上鋭、土屋堅一、廣田俊輔、田中敦子賀川愛、箕輪博子、西村貴世、岩崎たいすけ、岸野美智、小林直樹、田澤潮、高士亜衣、古川尚哉、中村悟、松尾真理子、竹内旭、松永絵美、龍輪直征、水野良亮、河原奈緒子、土屋亮介、松村祐香、大橋実、荒木裕、渡辺裕二、齋藤直子、山本早苗、竹内一義
太田衣美、千葉崇洋、末冨慎治、竹縄利名、福田さちこ、春日広子、小西紗希、奥野治男、五反孝幸、下妻日紗子
松本憲生沖浦啓之橋本敬史
オープニング作画監督 田中将賀
オープニング原画 錦織敦史、谷口淳一郎、岩崎たいすけ、滝本祥子、大舘康二、落合瞳、田中将賀
回想シーン演出
原画
撮影
四宮義俊
特効彩色 皆川真紀、室岡侑奈、島田美菜子、松田大介、MATEUSZ URBANOWICZ
3DCG 吉野耕平、金子哲、竹内良貴
脚本協力 加納新太
プロップ設定 岩崎たいすけ
巫女舞創作
振付
中村壱太郎
動画検査 玉腰悦子、真野鈴子、大村まゆみ、手島晶子、大橋実
動画 中込利恵、秋田雅子、林佳枝、松浦結、松田祐実、松岡理恵子
鈴木香理、黒田亜理沙、深沢純怜、山本晃弘、土岐弥生、槇田喜代子、東誠子、富沢恵子、村松さつき、矢地久子、藤森まや、大谷久美子、椎名律子、長命幸佳、玉置雅代、安東雅代、古木優、田名部節也、宮川かおり、田中立子、熱田幸永、芝崎みゆき、佐藤恭子、掘祐津、榎本柊斗、中嶋智子、水野良亮、松村裕香、真野鈴子、大村まゆみ、手島晶子、大橋実、玉腰悦子
谷平久美子、山浦由加里、小山正清、大谷茜、齋藤彩圭、村橋亮佑、本田康明、山本芽以、岩切君枝、辻仁子、小川麻衣、甲斐順子、藤中友里、赤坂莉奈、大口茜、坂詰かよ、劉慈英、韓松熙、徐允珠、河承希、金珉愛、朴蘭姫、金貞蘭、金貞順、鄭玄貞、Hwang Sun hee、Jo Jee Young、Ku Gyunh Yok、Hu Kyung Hee、Song Tae Kwang、Kim Sin Sung、黄順可、安美京、LEE BOREUM、富田美穂子、水口貴善、小谷瞳美、下平夕子、戸井田宙、根本奈実、岸井沙織、吉村千秋、池田遥、合田良太、山口啓文、福富絢子、陸井優花、澤井駿、森慶彦、小保方千奈、渡辺真紗子、飯盛夏子、川口理佳、千葉大輔、与澤桂子、北郷由美子、須崎かおる、関夏実、張相美、仙波里至、山口なつみ、菅原菜津美、田崎茜、國分瑞生、栁澤彼方、原科大樹、大山神、田中壱樹、藤原舞似子、徳田靖、市村友美佳、和田凜花、高野陽司、豊田創、山本彩加、大曽根唯、堀内正康、櫻井加乃子、和泉晃耶、橋本穂高、岡野結、中原奈緒美、奥舞、佐藤加奈、太田慎之介、中川三由紀、衛藤千広、清原寮、裵容吾、金福心、金成范、張智程
美術監督 丹治匠、馬島亮子、渡邉丞
美術設定 高橋武之
美術設定協力 滝口比呂志
美術背景 廣澤晃、瀧野薫、泉谷かおり、MATEUSZ URBANOWICZ、友澤優帆、小原まりこ
宇佐美レオナルド健、中島健太、斉藤未来、上田瑞香、中村瑛利子、本田敏恵、島田美菜子、渡邉丞、馬島亮子、丹治匠
後藤俊彦、松田大介、里見篤、室岡侑奈、松本吉勝、長澤順子、中右智博、黒澤成江、侯荻、森川みず穂、小畑嶺二、上遠野祥子、増山修、木下晋輔、加藤綾乃、小山真和、妹尾想、石島朋佳、西口早智子、金哲圭、申国真
色彩設計 三木陽子
色指定検査 仲條貴子
色指定補佐 忽那亜美、久力志保、関根里枝子
日比野仁、渡辺康子、佐藤加奈子、大野千紘、川上優子、村田寧々
デジタルペイント 野口幸恵、高谷知恵、原田裕作、田中英里那、倉田咲、黒瀬友哉、永延春樹、飯島理恵、早川恵美、斉藤あや子、及川眞由美、橋本千春、鴨井さつき、山崎あかね、西田みのり、圓次美和、角下瑞絵、石倉璃久、松田悠樹、井浦祥子、牛山裕美、利根川友紀、相澤里佳、福田友理恵、安藤佳奈恵、佐藤恭子、田村貴子、星川麻美、宮原奈緒子、南龍介、小栁寿志、畑中章行、横瀬貴幸、中原香織、田中悠詩、末繁明佳、青木優佳、安藤のぞみ、入江千尋、小山知子、小松亜理沙、鈴木咲絵、武田仁基、比嘉あきの、藤原道乃、堀内菜央、森脇弘史、木下美佳、橋本侑香里、村瀨瞳美、角美智子、沼田千晶、都丸陽子、近藤直登、岩崎静夏、塚田和也、大枝優斗、渡辺郁也、大田薫、中野夏帆、千葉涼香、池田優華、蘒原絢子、若井あゆ、岸下真紀、玉木千春、角智美、渡邊絵梨、松浦友紀、佐藤博美、佐藤はじめ、戸澤友紀、高橋聖美、杉山智恵、中原あゆみ、内海太輔、加藤笑子、丸山香、加藤友美、浦大器、文聖惠、安榮愛、鄭惠羅、辛賢貞、崔秀庚、田殷珠、金銀姬、李硏珠、韓明善、Kim Hee Jung、Seok Young Suk、Gang Nam E、Lee Yoo Kyoung、Oh Jin Hee、Kang Hee Kyoung、權五淑、權美羅、朴ユリ、李寶藍、李珍姬、金美正、金旼正
撮影チーフ 福澤瞳
撮影 三木陽子、李周美、藤田賢治、津田涼介、八木昌彦、岩井和也、新海誠
撮影協力 江藤慎一郎、宋守貞、岡淑子、江上玲、土屋康次、衛藤直毅、高瀬勝、田中英里那
テクスチャー 市川愛理、小野麻美、清水由香、三木陽子、落合千春
3DCGチーフ 竹内良貴
3DCG 宮原眞、河合完治、山元隼一
音響監督
整音
山田陽
音響効果 森川永子
効果助手 林佑樹
録音 八巻大樹
録音助手 椎葉ひかる
音響制作 サウンドチーム・ドンファン
方言監修 かとう有花
キャスティング 増田悟司、大口星子、有馬加奈子
アフレコスタジオ studio Don Juan
ダビングステージ 東宝スタジオ
東宝スタジオコーディネート 西野尾貞明、立川千秋
スタジオエンジニア 竹島直登
スタジオアシスタント 佐野優介
テクニカルサポート 菊地秀穂、越真一郎
音楽プロデューサー 成川沙世子
音楽ミキサー 菅井正剛、澤本哲朗、Tom Lord-Alge、長谷川巧
音楽ディレクター 山口一樹
ストリングス協力 徳澤青弦
音楽エディター 金貞陽一郎
アーティストリレーションズ 田島護、渡辺雅敏、越智惠、網嶋容子、桂川賢一、佐藤夕香
音楽協力 藤沢囃子保存会、深澤恵梨香
編集 新海誠
デジタルラボ IMAGICA
オンライン編集 増永純一
カラーマネジメント 由良俊樹
デジタルシネママスタリング 新谷彩、浅井恵衣
ラボコーディネーター 河野紅美子
編集ラボマネージャー 小川輝、水谷真理
制作プロデューサー 酒井雄一
制作進行 岡村慎治、遠藤陽平、植田祐、堀雄太、LEOW LEE WON
アニメーション制作協力 アンサー・スタジオ
制作プロデューサー 木曽由香里、剱持耕平
制作デスク 中目貴史
制作進行 吉信慶太、富岡隆大
制作協力 Production I.GスタジオカラーTROYCA
CLIP+BISON,LLC、スタジオシャムロック、シャフト、アニメTORO TORO、オープロダクションマッドハウスゴンゾ中村プロダクションオレンジアニメーション、HANJIN、マア・モピックス、すたじおかぐら、テレコム・アニメーションフィルム、ライジングフォース、和風アニメーション、ゼクシズ、スタジオ・マーク、M.S.C、スタジオギムレット、アニタス神戸、アングル、イングレッサ、キャンディーボックス、作楽クリエイト、ラインファーム、オフィスフウ、D-COLORS、T2studio、スタジオ・タージライトフットDR MOVIE、Alpaca Pictures、ファインカラーズ、スタジオエル、マウス、デファー、プロダクション・アイ、クリープ、インスパイアードTYOアニメーションズ
東宝ミュージック、ちゅらサウンドサウンドインスタジオ、ユニークブレイン、三交社 
取材協力 井上史也、吾妻あや子、松本窓、平田組紐、シェアードテラス、須賀神社国立新美術館森ビル
協力 栄光ゼミナール大塚商会学研プラス 月刊ムー編集部、すかいらーく東京スクール・オブ・ビジネス、福美人、ヤマダ電機meiji 明治、YUNIKA VISION、Z会、東宝スタジオ、東宝スタジオサービス、togen、東宝ポストプロダクションセンター、ZENRINMapion
宣伝プロデューサー 豊澤康弘、弭間友子、水木雄太
宣伝 秋山智美、下森翠、飯島清香、幕内一男、福地雄士、中内麻友、篠原麻由子、松成憲二、西村公佑、橋本尚香、川口唯子
宣伝デザイン監修 落合千春、市川愛理
オフィシャルライター 渡辺水央
予告編ディレクター 依田伸隆
予告編制作進行 髙根英一郎、岩﨑友佳
グラフィック制作 BALCOLONY.
公式サイト制作 BALCOLONY. & TRIBALCON.
メイキング制作 ナカマオフィス
書籍編集 関口靖彦
出版
宣伝協力
吉良浩一、今井理紗、長山俊輔、遠藤美希、井坂皆美、石井千香子
海外担当 菊地裕介、竹田晃洋、中澤小枝、町田瑠衣
商品化担当 田中敬子
助成 文化庁文化芸術振興費補助金
スペシャルサンクス 岩井俊二三坂知絵子、松下慶子、石井朋彦、阿部良弘、白鳥貴子、岡島隆敏、宗宮一輝、加藤友宜、水野昌、國枝信吾、倉田泰輔
プロデューサー 武井克弘、伊藤耕一郎
制作 コミックス・ウェーブ・フィルム
「君の名は。」製作委員会 共同製作
井上伸一郎、弓矢政法、畠中達郎、善木準二、坂本健
東宝
山内章弘、上田太地、小野田光、鎌田周平、大島孝幸、藤田雅規、大浦俊将、高橋敦司
コミックス・ウェーブ・フィルム
角南一城、小川智弘、武田真理子
KADOKAWA
堀内大示、菊池剛、工藤大丈、菊島憲文
ジェイアール東日本企画
相原勉、土生宏匡、飯岡浩司
アミューズ
千葉伸大、遠藤日登思、久保美夏
voque ting
塚原聡
ローソンHMVエンタテイメント
盛谷尚也、長田史郎、春田英彦、広瀬春奈、湯田健太郎

制作[編集]

本作のキャッチコピーは「まだ会ったことのない君を、探している」。この、遠く離れた土地に暮らす、まだ出会う前の少年と少女というモチーフは、新海誠が2014年に手掛けたZ会のCM「クロスロード」から着想を得たもので[32]、さらに2つの日本の古典、小野小町の和歌「思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを」(古今和歌集)と、男児を「姫君」として女児を「若君」として育てる『とりかへばや物語』を設定に取り込んだ[32]。また、1950年代のメロドラマ君の名は』や男女入れ替わりをモチーフとする大林宣彦監督の映画『転校生』などをリスペクトしながらドラマを作った[33][34][35]。しかし『転校生』で描かれたジェンダーの捉え方は今の時代に合っていないと考え、男女入れ替わりをジェンダーを描く装置にしないと決めた[36][37]

誰もが楽しめる「ど真ん中」のエンターテインメント[38][39]、とりわけ10代から20代前半の人に向けた作品[39]を目指して作られた。新海は、観客を励ますような、見終わったあとに気持ちよく劇場を出てもらえる作品を作りたくなったところに、ちょうど東宝の話が決まったといい[40]、自身だけでなくキャラクターデザインの田中将賀、作画監督の安藤雅司、音楽のRADWIMPS、主演の神木隆之介についても「本当に、絶妙なタイミングによってつくらせてもらえた映画」と語っている[14]

クレジットにおいて新海は原作・脚本・絵コンテ・編集と表記されているが、制作において自身が果たした主な役割は絵コンテと編集[41]、特にビデオコンテだと語っている[42]。脚本は新海だけでなく川村元気をはじめとする東宝のチームとの協同だが[42]、絵コンテと、それを元に仮で声も効果音も音楽もつけた100分強のビデオコンテは新海が一人で作り上げた[42]。これまでの作品でも新海は絵コンテとビデオコンテを並行して作成しており[43]、この時点ですでに編集に近いことをやっているともいえるが[41]、従来 PhotoshopAfter EffectsAudition の3つのソフトを併用して作成していたものを今回は Storyboard Pro で最初からビデオコンテを作るようにし、これによって映画の時間軸をすべてコントロールできたという[43]。劇中の音楽すべてを担当したRADWIMPSとのやりとりも、ビデオコンテで進められた[41]

本作でキャラクターデザインを担当した田中は、新海の「クロスロード」でもキャラクターデザインと作画監督を担当しており、個人的にも新海と交友があって本作でもキャラクターデザイン・作画監督をオファーされたが、先に『心が叫びたがってるんだ。』の企画が始動していたため都合がつかず、それでもという新海からの要望でキャラクターデザインのみを引き受けるかたちとなった[44]。当初は現場で使うキャラクター設定表まで田中が描く予定だったが[45]、作画監督に安藤が決まったこともあり、現場でキャラクターを動かすためのデザインは安藤が手掛けたほうがよいとの判断で[44]、設定表からは安藤が担当することとなった[45]。瀧と三葉が入れ替わっているときの表情・仕草などは安藤のキャラクター設定表で描かれた[45]。スタッフロールのキャラクターデザインでは田中と安藤の両名がクレジットされている[46]理由はこれによる[44]。なお、本編の作画監督はできなかったものの田中はオープニングの作画監督を務めており、田中がデザインしたキャラクターをもとに安藤が描いたキャラクター設定表をもとに田中がオープニングの作画監督をするのは「すごくへんてこな感じ」だったと語っている[47]

制作期間は約2年であった[14]。主な経緯は以下の通り。

  • 2014年
    • 5月、新海と川村の初顔合わせ[14]
    • 7月、新海が企画書作成[14]。この時点では仮題で『夢と知りせば(仮)――男女とりかえばや物語』とされていた[48]
    • 8月、新海がシナリオ第1稿完成[14]、それから半年ほどかけてシナリオ執筆[14]。同時期にキャラクターデザインも並行して進められた[14]
    • 10月、川村からRADWIMPSへ楽曲依頼[14]
    • 12月、新海とRADWIMPSの野田の打ち合わせ[14]
  • 2015年
    • 1月ごろからコンテ制作[14]
    • 2月ごろ、安藤を作画監督に迎え、田中のキャラクターデザインをもとにキャラクター設定画の制作開始[14]
    • 2-3月ごろ、楽曲ラフ完成[14]
    • 4月、作画開始[14]
    • 5-8月、ロケハン[14]。ただし、本作では糸守が完全に架空の町であり設定から創作したため、制作スタッフによるロケハンはほとんど行わなかったという[32]
    • 8月、キャスティング会議[14]
    • 9月、キャスト決定[14]
    • 11月、予告用アフレコ[14]
    • 12月、制作発表[14]
  • 2016年
    • 1月、レイアウト完成[14]
    • 2-3月、小説執筆[14]
    • 7月、完成[14]

公開[編集]

映画祭・プレミア上映[編集]

上映日 映画祭・イベント名 国・地域 備考
2016年7月3日 Anime Expo 2016[49] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス ワールドプレミアとして上映。
2016年7月7日 完成披露試写会 日本の旗 日本東京 TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、新海監督他出演者が七夕にちなみ浴衣姿で登壇した[50]
2016年9月22日・24日 第64回サン・セバスティアン国際映画祭[51] スペインの旗 スペインサン・セバスティアン ディストリビューターはSelecta Visión。
2016年10月9日・12日・15日 第21回釜山国際映画祭[52] 大韓民国の旗 韓国釜山(プサン) ガラプレゼンテーション部門にて上映。
2016年10月14日・15日・16日 第60回ロンドン映画祭[53] イギリスの旗 イギリスロンドン オフィシャル・コンペティションのノミネート作品として上映。
2016年10月22日 Scotland Loves Anime[54] イギリスの旗 イギリススコットランド
2016年10月23日 第18回プチョン国際アニメーション映画祭 大韓民国の旗 韓国富川(プチョン) 長編コンペティション部門の優秀賞と観客賞を受賞[55]
2016年10月27日 第29回東京国際映画祭 日本の旗 日本東京 Japan Now部門にて上映。
2016年11月6日 Discovery Film Festival 2016 イギリスの旗 イギリススコットランド
2016年11月13日 第36回ハワイ国際映画祭[56] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ
2016年11月20日 第27回ストックホルム国際映画祭  スウェーデンストックホルム
2016年11月26日・27日 第31回マール・デル・プラタ国際映画祭[57] アルゼンチンの旗 アルゼンチンマル・デル・プラタ ディストリビューターはファニメーション
2016年12月3日・4日 Expo Japan MX[58] メキシコの旗 メキシコメキシコシティ 日本物産展における特別上映。ディストリビューターはArcade Media。
2016年12月9日・14日 第13回ドバイ国際映画祭[59] アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦ドバイ
2017年2月25日 ニューヨーク国際子ども映画祭[60] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク オープニング・スポットライト作品として上映。
2017年2月25日・27日 第36回ブリュッセル・アニメーション映画祭  ベルギーブリュッセル 観客賞(最優秀長編アニメーション賞)を受賞。
2017年3月24日・25日 第20回ホラント・アニメーション映画祭 オランダの旗 オランダホラント
2017年4月2日 Season Film Festival 2017  フィンランドヘルシンキ
2017年4月28日 Animocje International Animated Films Festival 2017 ポーランドの旗 ポーランドブィドゴシュチュ
2017年4月30日 Napoli COMICON 2017 イタリアの旗 イタリアナポリ
2017年7月30日・8月3日・7日・14日・18日 第32回星空の映画祭 日本の旗 日本長野県
2017年9月4日 Japan Film Festival of San Francisco アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国サンフランシスコ
2017年9月26日・30日 Viborg Animation Festival 2017  デンマークヴィボー
2017年10月28日・11月2日・3日 Leiden International Film Festival 2017 オランダの旗 オランダライデン

全国公開[編集]

2016年8月26日、全国301スクリーンで公開が開始された[61]。2D上映のみであるが、一部劇場では聴覚障害者を対象とした日本語字幕付き上映も実施された[62]。公開に先立ち、7月2日より前売券が全国の劇場で発売。全国先着3万名には、新たに公開されたキービジュアルが大きく描かれたクリアファイルが付属する特別前売券が販売された[63]。都内の上映劇場では、上映から1か月近く経過しても依然として全上映回が満席に近い状態が続いたため、9月24日以降は946席の大型劇場を持つTOHOシネマズ日劇でも上映された[64]

2017年5月のゴールデンウィーク頃迄は日本各地の映画館で上映が続いていたが、5月5日に数十館で上映が終了、翌週5月12日にも更に数十館が終了し、僅か15館にまで激減した。その後も週毎に次第に数を減らして行き、6月10日以降は豊島区の「池袋シネマ・ロサ」、川崎市の「チネチッタ」、佐久市の「アムシネマ」、名古屋市の「イオンシネマ名古屋茶屋」、徳島市の「ufotable CINEMA」の5館のみとなった。7月前半には「アムシネマ」、「イオンシネマ名古屋茶屋」が終了。7月末には「池袋シネマ・ロサ」、「ufotable CINEMA」も終了したが、しかし、宝塚市の「宝塚シネ・ピピア」が2週間限定で上映を開始、柏市の「キネ旬シアター」も上映を開始した。

2016年8月の公開日から上映を続けていた最後の映画館「チネチッタ」では、最終週には音響を増強した「Live Zound」上映を復活させ、最大スクリーンでの上映を行い、8月11日を以って351日間にも及ぶロングラン上映を終了した。これについては新海誠もTwitterで言及した。その翌日からは、世田谷区の「下高井戸シネマ」が2週間限定で、尼崎市の「塚口サンサン劇場」が1週間限定で新たに上映を開始した。日本国内の映画館における通常上映は、365日目(公開から364日後)の2017年8月25日、「キネ旬シアター」及び「下高井戸シネマ」での上映を以って全て終了した。

興行成績[編集]

興行収入は公開後2日間で7.7億円と、その時点で前作の推定総額1.5億円を遥かに上回った[65]。8月26日金曜日の初日を合わせた3日間では、動員96万人、興行収入12.8億円を記録した[66]。公開から9月22日までの28日間の興行収入が100億円を突破し、日本のアニメーション監督では宮崎駿に続く2人目の達成となった[67]。また、10月3日までの39日間での動員が1000万人を突破した[68]。14週目には興行収入194億円を突破し、193億円の『もののけ姫』を超え[69]、また15週目には興行収入199億円を突破し、196億円の『ハウルの動く城』を超えたため、邦画歴代2位となった[70][71]。最終興行収入は250.3億円と、日本国内で公開された映画としては、歴代4位の記録となった。

『君の名は。』動員数・興行収入の推移
動員数
(万人)
興行収入
(億円)
備考
週末 累計 週末 累計
1週目の週末 (2016年8月27日・28日)[66] 1位 68.8 96.0 9.3 12.8
2週目の週末 (9月3日・4日)[72] 86.7 299.5 11.6 38.7
3週目の週末 (9月10日・11日)[73] 85.2 481.4 11.4 62.9
4週目の週末 (9月17日・18日)[74] 80.0 698.0 10.8 91.0 累計動員数、累計興行収入は、9月19日までのもの。
5週目の週末 (9月24日・25日)[75] 63.7 854.5 8.6 111.7
6週目の週末 (10月1日・2日)[76] 65.4 989.4 7.9 128.6
7週目の週末 (10月8日・9日)[77] 51.3 1119.6 7.0 145.6 累計動員数、累計興行収入は、10月10日までのもの。
8週目の週末 (10月15日・16日)[78] 34.7 1184.3 4.7 154.1
9週目の週末 (10月22日・23日)[79] 35.9 1260.9 4.8 164.1
10週目の週末 (10月29日・30日)[80] 2位 28.6 1320.4 3.8 171.9 週末動員数1位は『デスノート Light up the NEW world』。
11週目の週末 (11月5日・6日)[81] 1位 21.8 1381.3 3.0 179.7
12週目の週末 (11月12日・13日)[82] 19.0 1420.9 2.6 184.9
13週目の週末 (11月19日・20日)[11] 19.1 1458.8 2.5 189.8
14週目の週末 (11月26日・27日)[83] 2位 15.7 1498.6 2.1 194.9 週末動員数1位は『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。
15週目の週末 (12月3日・4日)[84] 18.4 1535.3 2.5 199.6
16週目の週末 (12月10日・11日)[85] 5位 1578.3 205.1
17週目の週末 (12月17日・18日)[86] 6位 1607.9 208.9
18週目の週末 (12月24日・25日)[87] 7位 1640.8 213.3
19週目の週末 (12月31日・2017年1月1日)[88] 3位 年末年始のため計測できず。
20週目の週末 (1月7日・8日)[89] 1768.5 229.2 累計動員数、累計興行収入は、1月9日までのもの。
21週目の週末 (1月14日・15日)[90] 2位 12.5 1790.9 1.7 232.3 週末動員数1位は『本能寺ホテル』。
22週目の週末 (1月21日・22日)[91] 1位 12.4 1815.3 1.7 235.6
23週目の週末 (1月28日・29日)[92] 3位 1835.2 238.3
24週目の週末 (2月4日・5日)[93] 4位 1851.7 240.4
25週目の週末 (2月11日・12日)[94] 6位 1863.8 242.0
26週目の週末 (2月18日・19日)[95] 8位 1874.6 243.4
27週目の週末 (2月25日・26日)[96] 7位 1884.2 244.6
28週目の週末 (3月4日・5日)[97] 9位 1892.5 245.7
29週目の週末 (3月11日・12日)[98] 10位 1898.8 246.5
30週目の週末 (3月18日・19日)[99] - 247.4 累計興行収入は、3月20日までのもの。
31週目の週末 (3月25日・26日)[100] - 247.8
32週目の週末 (4月1日・2日)[101] - 248.3
33週目の週末 (4月8日・9日)[102] - 248.7
34週目の週末 (4月15日・16日)[103] - 248.9
35週目の週末 (4月22日・23日)[104] - 249.1
36週目の週末 (4月29日・30日)[105] - 249.2
37週目の週末 (5月6日・7日)[106] - 249.4
38週目の週末 (5月13日・14日)[107] - 249.4
39週目の週末 (5月20日・21日)[108] - 249.4
40週目の週末 (5月27日・28日)[109] - 249.4
41週目の週末 (6月3日・4日)[110] - 249.4
42週目の週末 (6月10日・11日)[111] - 249.4
43週目の週末 (6月17日・18日)[112] - 249.4
44週目の週末 (6月24日・25日)[113] - 249.4
45週目の週末 (7月1日・2日)[114] - 249.4
46週目の週末 (7月8日・9日)[115] - 249.4
47週目の週末 (7月15日・16日)[116] - 249.4
48週目の週末 (7月22日・23日)[117] - 250.3
49週目の週末 (7月29日・30日)[118] - 250.3
50週目の週末 (8月5日・6日)[6] - 250.3
最終 - 1900.0 250.3

海外興行[編集]

本作は、世界125の国と地域で海外配給が決定していると報じられている[119]。2017年1月18日時点で、全世界での興行収入合計が2億8,100万ドルに達し、『千と千尋の神隠し』の2億7,500万ドルを抜いて、邦画として史上最高となったことが伝えられた[120](なお、『千と千尋の神隠し』は中国での公開はされていない)。

『君の名は。』日本国外における興行一覧
国・地域 公開日 配給 題名 参照
 台湾 2016年10月21日 傳影互動 你的名字 [121]
シンガポールの旗 シンガポール 2016年11月3日 Purple Plan [122]
タイ王国の旗 タイ 2016年11月10日 M Pictures หลับตาฝัน ถึงชื่อเธอ[注 8] [123][124]
香港の旗 香港 (中国) 2016年11月11日 新映影片 你的名字。 [125]
マカオの旗 マカオ (中国)
イギリスの旗 イギリス 2016年11月24日 Anime Limited Your Name. [126][127]
アイルランドの旗 アイルランド
オーストラリアの旗 オーストラリア Madman Entertainment [128]
 ニュージーランド 2016年12月1日
中華人民共和国の旗 中国 2016年12月2日 華夏電影 你的名字。 [129]
 インドネシア 2016年12月7日 Encore Films Your Name. [130]
マレーシアの旗 マレーシア 2016年12月8日 Purple Plan 你的名字 [131]
フィリピンの旗 フィリピン 2016年12月14日 Pioneer Films Your Name. [132]
フランスの旗 フランス 2016年12月28日 Eurozoom [133]
大韓民国の旗 韓国 2017年1月4日 Media Castle 너의 이름은. [134][135][136]
 ベトナム 2017年1月13日 Encore Films Your Name. – Tên cậu là gì?
イタリアの旗 イタリア 2017年1月23日 Nexo Digital / Dynit Your Name. [137]
カンボジアの旗 カンボジア 2017年2月23日 JaiKon Cambodia បិទភ្នែកសុបិន នឹកដល់ឈ្មោះអ្នក[注 8]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2017年4月7日 ファニメーション Your Name.
カナダの旗 カナダ
スペインの旗 スペイン Selecta Visión [138]
 スウェーデン 2017年4月12日 TriArt Film
 フィンランド 2017年4月21日 Cinema Mondo
 ノルウェー 2017年4月28日 Arthaus
 デンマーク 2017年5月4日 Camera Film
メキシコの旗 メキシコ 2017年8月4日 Cinepolis Tu nombre
トルコの旗 トルコ 2017年8月25日 Başka Sinema Senin Adın
ロシアの旗 ロシア 2017年9月7日 Истари комикс Твоё имя [139][140]
 ベラルーシ
 カザフスタン
パラグアイの旗 パラグアイ 2017年9月9日
 ボリビア 2017年9月21日
エクアドルの旗 エクアドル 2017年9月22日
 コロンビア 2017年9月26日
 チリ 2017年9月28日 Diamond Films
ブラジルの旗 ブラジル 2017年10月5日
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ペルーの旗 ペルー
 ウクライナ 2017年10月19日 Истари комикс Твоє iмя [139][141]
オランダの旗 オランダ 2017年11月2日
ドイツの旗 ドイツ 2018年1月11日 Universum Film

アジア[編集]

 台湾
2016年10月21日公開。これに先立ち、10月14日から16日までの3日間、先行上映会が行われた[142]
公開1週目の週末興行ランキングで第1位を獲得[143]。また、10月31日にはそれまで邦画歴代首位だった『リング』の台北での興行収入1億6200万台湾ドルを超え、歴代邦画興行収入第1位を達成[144]。最終興収は2億5000万台湾ドルを超えた[145]
タイ王国の旗 タイ
2016年11月10日公開。10月6日公開予定だったが11月10日に延期された[要出典]。週末4日間で約7000万円の興行収入で、週末興行ランキング1位を獲得[146]。その後、興行収入は4,000万バーツを超え、これまで最高だった『STAND BY ME ドラえもん』の3,956万バーツを抜いて日本映画の興行収入第1位となっている[147]
香港の旗 香港 (中国)
2016年11月11日公開。週末3日間で約8600万円の興行収入で、週末興行ランキング1位を獲得[146]。さらに12月4日時点で2,500万香港ドルを超え、『STAND BY ME ドラえもん』の4600万香港ドルに次いで日本のアニメ映画の香港での興行収入第2位となった。[148]
中華人民共和国の旗 中国
2016年12月2日公開。公開日は「君の名は。」の公式ウェイボーで公表された[129]。日本公開からわずか3ヶ月余という異例の早期公開に至った背景には、韓国THAAD配備を巡る中韓関係のかげりによる反動や、頭打ちの中国映画市場を促進させる思惑など、諸々の政治的事情があるとの見方もある[149][150]。また、中国で公開される外国映画は、政治的な理由や青少年への教育上の配慮という理由で部分的にカットされることがあるが、日本的な神社にまつわるシーンや下着が見えるシーンを含め、本作はノーカット上映されている[151]
日本映画史上最大規模の約7千スクリーン(延べ6万7823スクリーン)で上映[152][149]。公開3日間の累計興行収入は2.8億元(約42億5500万円)で、これまで最高だった『STAND BY ME ドラえもん』の2.3億元を上回り、日本映画の新記録を達成した[153]。週末興行ランキング1位を獲得[152]。その後、興行収入総額ベースでも『STAND BY ME ドラえもん』の5.3億元を抜き、日本映画の新記録を達成している[154]。その後、2017年明けの時点で5.6億元に達し、2016年に爆発的ヒットした中国アニメ「大魚海棠」をも抜いて、2Dアニメとしては、中国で公開された作品の記録を更新した[155]
2017年2月2日に国内上映は終了し、最終興収は5億7662万4000元(約95億円)となった[156]
大韓民国の旗 韓国
初日の興収は約10億ウォン(約1億円)で、13万8000人を動員し、『ハウルの動く城』以来13年ぶりの快挙となる初日の興行収入・観客動員数で1位デビューを果たした[157][158]。公開5日目で観客数100万人[159]、公開11日目で観客数200万人を突破した[160]。1月22日現地点で観客数302万人を記録し、『ハウルの動く城』の301万人を越え、韓国で公開された歴代邦画の観客数第1位を達成した[161][162]。最終観客数は367万人。

ヨーロッパ・アメリカ[編集]

アイルランドの旗 アイルランド及びイギリスの旗 イギリス
2016年11月18日公開。17館で上映され、週末興行収入で初登場29位[163](11月18日 - 20日、£21,910[164])。11月24日には一夜限り[163]で104館での上映が行われ、日本アニメとしては過去最多のスクリーン数により、日本アニメの1日間の興行収入の新記録となる €127,350を達成した[165]。2週目の週末興行収入は15位(11月25日 - 27日、23館)[163]
フランスの旗 フランス
2016年12月28日よりフランス国内120館で上映[166]
イタリアの旗 イタリア
上映期間は1月23日から25日まで[167]と、2月9日から14日まで[168]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
米国配給権を持つファニメーションは、アカデミー賞のノミネート条件(ロサンゼルス郡内の映画館で連続7日以上の期間有料で公開)を満たすために2016年12月2日から一週間のみロサンゼルスの映画館Laemmle Music Hallで公開する予定であると報じられ[169]、限定公開されたが、ノミネート自体は逃した[170]
全米公開は「Your name.」という題で、現地時間2017年4月7日からとなる。また一部劇場では、これに合わせてRADWIMPS・野田洋次郎が新たに英語に書き下ろした主題歌4曲を収録する英語主題歌版が上映されることも決定している。(それに先駆け、日本でも一部劇場で1月28日より2週間限定で字幕付きの英語主題歌版が公開される)[171]。4月8日の封切り週末の興行収入は、290館の上映で約164万ドル(1億8000万円)で13位となった[172]

評価[編集]

イギリス
以下の雑誌でいずれも星5の最高評価を得ている。
  • ガーディアン - 「目がくらむほどの“体いれかわりロマンス”。新海誠監督は日本アニメ界の新たなキングであるという評価を確立した」[173]
  • エンパイア - 「新海誠。この名前に慣れておくべきである。このクレイジーな世の中に少しでも正義があるなら、今後 数年の間に、日本アニメ界の偉人である宮崎駿と同等の評価を彼は得るだろう」[174]
  • デイリー・テレグラフ - 「笑ってしまうほど美しい」[175]
アメリカ
  • indieWire誌のデーヴィッド・アーリッヒが「新海誠のアニメはオスカー騒ぎを起こすに値するほど衝撃的である」と語っており、「B」と評価している[176]
  • COMICBOOK誌のミーガン・ピーターズが「そこのけピクサー、来年のオスカーは強敵がいる」と語っている[177]
  • 映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには80件のレビューがあり、批評家支持率は98%、平均点は10点満点で8.2点となっている[178]
  • Metacriticには25件のレビューがあり、加重平均値は79/100となっている[179]
フランス[180][181]
香港
  • 評価 星4.5(星5満点)[183]

音楽[編集]

新海は、本作の音楽をRADWIMPSへ依頼したことについて、自身の公式サイトで「実現の可能性を考えもせずRADWIMPSが好きだと答えました」と明かした。「新たな挑戦を求めていた」RADWIMPSがこれに応じ、劇伴を含む全音楽を手がける運びとなった[23]。「曲を聴いた上で作りたいシーンがいくつかある」という新海の要望を受け、RADWIMPSは制作初期から作品に携わり、新曲「前前前世」(ぜんぜんぜんせ)を含む20曲以上を作り上げた[1]。同曲も含め、採用された主題歌は以下の4曲。

  • 「夢灯籠」 - オープニング
  • 「前前前世 (movie ver.)」
  • 「スパークル (movie ver.)」
  • 「なんでもないや (movie edit. + movie ver.)」 - ラストシーンおよびエンディング(CDでは2曲に分かれている)

これらの主題歌と劇伴22曲を収録したアルバム『君の名は。』は、2016年8月24日にEMI RECORDSから発売された[184]。発売初週に5.8万枚、2週目に3.9万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキングで2週連続1位を獲得した[185]。2016年11月23日に発売されたRADWIMPSのアルバム『人間開花』には、「前前前世 (original ver.)」と「スパークル (original ver.)」の2曲が収録され、また初回限定版に付録のDVDには『君の名は。』映画本編に新規カットを加えて構成された「スパークル (original ver.)」のPVが収録されている。 2017年1月には、同年4月に始まる全米公開に合わせて新たに英語に書き下ろされた主題歌4曲を『君の名は。English edition』として1月27日にデジタル版配信、2月22日にCD発売が決定した。また、これら4曲を含む「Your Name.版」として、『Your name.(deluxe edition / Original Motion Picture Soundtrack)』がUS盤で3月10日に発売されることも決定した[171]

作品の舞台(聖地)[編集]

公開後、モデルとなった場所にファンが訪れる、いわゆる「聖地巡礼」が話題となり、各地でそれに合わせた取り組みが行われている。本作の製作委員会も「聖地」の近隣住民から騒音等の苦情があることを発表し、ファンに節度ある行動を求めている[186][187]。2016年ユーキャン新語・流行語大賞では、「聖地巡礼」がトップテンに選出された[188]。同受賞趣旨では、本作における聖地巡礼の流行が話題となったことに言及されている[189]

岐阜県(飛騨地方)[編集]

  • 本作の主要な舞台となる「糸守町」は飛騨地方に位置する架空の土地であるが、公開前から新海は「飛騨地方をイメージに据えた」と公言しており、公開当初から岐阜県飛騨市とのタイアップによるプロモーション活動が行われた[190]
  • 飛騨市観光協会では巡礼コースの紹介を公式サイトで行っている[191]。また、飛騨市古川町では、40もの商店にて、映画の半券で特典のあるクーポン機能を実施していたほか、映画に実名で登場する同市の宮川タクシーや、同市神岡町の濃飛タクシーは聖地巡礼コースを販売している[192]
  • 飛騨市では2016年12月提出の補正予算において、商工観光部によるタイアップ事業(濃飛バスの高速バスへのラッピング、巡礼地マップの制作、今後の上映会開催)や、教育委員会による企画展開催(長野県小海町にて2016年に開催されたものを誘致)の費用を計上した[193]
  • 長野県小海町高原美術館に続き、飛騨市美術館にて、2017年1月7日から2月19日までの期間、映画の企画書や絵コンテ、設定資料などが出品された、「『君の名は。』展」が開催された[194]
  • 本編中で瀧達が糸守について調べた図書館のモデルとなった飛騨市図書館[191][195]では撮影禁止ではなく、カウンターで許可を得た上で他の利用者の顔が識別できないように撮影してほしいと呼びかけ聖地巡礼に理解を求めた[196]
  • 本編中には「中部電力糸守変電所」が登場するが、中部電力は「そのような施設は実在せず、フィクションとして楽しんでほしい」という趣旨の声明を発表している[197]
  • 飛騨地方には映画館がないため「聖地」とされる飛騨地方の住民は地方から出なければ本作を見ることができない。これを受け、2016年11月6日には飛騨市文化交流センターにて飛騨市では初めての上映が行われる運びとなった。この上映会は定員の都合で鑑賞出来なかった市民が多かったために同年12月11日にも開催された[198][199]
  • JR東海は、本作の1シーン(飛騨古川駅)の絵柄を使用したコラボTOICAを予約限定で販売。2017年1月30日より予約を開始し、同年4月中旬より配送が開始された[200][201][202][203]

長野県[編集]

  • 新海は、自身の中での糸守湖の最初期のイメージを自身の出身地である長野県小海町松原湖大月湖である、とツイッターで述べている[204]
  • 松原湖近くの小海町高原美術館にて、2016年10月23日から12月25日までの期間、映画の企画書や絵コンテ、設定資料などが出品された、「『君の名は。』展」と称する企画展が行われた[204]

東京都[編集]

ロケ地となった須賀神社の石段
  • 映画のキービジュアルや本編ラストシーンで三葉と瀧が再会するシーンでは、東京都新宿区須賀神社の参道にある石段が登場し(本編でも傍らの石柱に「須賀神社」の文字が見える[205])、多数のファンが訪れ[206]、階段で写真を撮る人の行列が10-20人と並ぶ程であった[20]
  • 本編中では四ツ谷駅(瀧の自宅最寄駅)、千駄ヶ谷駅(大人になった三葉が再会時に下車した駅)、代々木駅(三葉が中学生の瀧を見つけた駅、大人になった瀧が三葉を一瞬見かける駅)、新宿駅(瀧の高校最寄駅、大人になった瀧が再会時に下車した駅)、北参道駅(大人になった三葉の自宅最寄駅)が登場する。また、信濃町駅前の歩道橋や明治神宮外苑聖徳記念絵画館西武新宿駅前の大型街頭ビジョン、新宿警察署裏交差点なども登場する[207]。新海の過去作品でも度々登場するNTTドコモ代々木ビル(ドコモタワー)は、本作でも東京の風景の一つとして描かれている[208]
  • 本編中で瀧がアルバイトをしているレストラン「IL GIARDINO DELLE PAROLE」(イタリア語で「言の葉の庭」を意味する)は、新宿にあるレストラン「カフェ ラ・ボエム 新宿御苑」がモデルとなっている[209]

秋田県[編集]

  • 本編中で三葉が列車に乗るシーンで、ほんの一瞬だけ登場する駅舎の三角屋根や周囲の風景、単線のカーブの様子が秋田内陸縦貫鉄道前田南駅に酷似していると話題になり[210]、秋田内陸縦貫鉄道では2016年10月7日から11月6日までの期間、急行「もりよし」の下り1本を同駅に臨時停車させたほか、駅の待合室内に訪問者向けのノートを設置した[211]

著作権侵害の被害[編集]

個人による著作権侵害[編集]

ツイッターにて、本作の本編映像が違法にアップロードされた外部サイトへのリンクが拡散されており、製作委員会は従来の広報用アカウントとは異なる注意喚起用のアカウントを新たに開設した。このような動画へのリンクをつぶやいたアカウントに対して「このURLは違法にアップロードされた動画へのリンクです。即刻、当該ツイートを削除してください」と警告を行っている。東宝がツイッター上でこうした取り組みをするのは初めてのこと[212]

2016年11月4日には、ファイル共有ソフトを用いて本作をインターネット上に無断で公開したとして、著作権法違反の疑いで神奈川県藤沢市の54歳の無職の男が書類送検された[213]。11月24日にも、同様の行為で沖縄県那覇市の36歳の無職の男が書類送検された[214]

「Everfilter」問題[編集]

2016年12月3日、「TopBuzz Japan」を名乗る組織がスマートフォン向け写真加工アプリ・Webコンテンツ[215]「Everfilter」を公開した。このコンテンツは、スマートフォンで撮影した風景画像を簡単にアニメ風に加工できるというもので、アプリはApp StoreGoogle Playにて無料で世界各地に公開されていた[216]。同アプリ説明には「君の名は」などと書かれ、本作の映像や音楽を用いたPR動画も公開されていた。しかし、本作や『秒速5センチメートル』に出てくる背景美術が同コンテンツでそのまま使用されているのではないかとの指摘が相次いだところ、運営元は4日に公式ツイッターアカウントで著作権侵害を認めて謝罪[217]、6日には全てのコンテンツの公開を中止した[218][219]

受賞・ノミネート[編集]

日本国内の賞
ノミネート対象 結果
第20回文化庁メディア芸術祭[220] アニメーション部門 大賞 君の名は。 受賞
第34回ゴールデングロス賞[221] 日本映画部門 最優秀・金賞 君の名は。 受賞
日本映画部門 全興連ビックリ賞 君の名は。 受賞
第40回日本アカデミー賞[222][223] 優秀アニメーション作品賞 君の名は。 受賞
優秀監督賞 新海誠 受賞
最優秀脚本賞 新海誠 受賞
最優秀音楽賞 RADWIMPS 受賞
話題賞(作品部門) 君の名は。 受賞
第59回ブルーリボン賞[224][225] 作品賞 君の名は。 ノミネート
監督賞 新海誠 ノミネート
特別賞 君の名は。 受賞
第71回毎日映画コンクール[226] アニメーション映画賞 君の名は。 受賞
TSUTAYA×Filmarks映画ファン賞日本映画部門 君の名は。 受賞
音楽賞 RADWIMPS ノミネート
第41回報知映画賞[227] 特別賞 君の名は。 受賞
作品賞・邦画 君の名は。 ノミネート
監督賞 新海誠 ノミネート
第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞[228] 作品賞 君の名は。 ノミネート
監督賞 新海誠 受賞
石原裕次郎賞 君の名は。 ノミネート
第26回東京スポーツ映画大賞[229] 監督賞 新海誠 ノミネート
第40回山路ふみ子映画賞[230] 山路ふみ子文化賞 新海誠 受賞
第19回シナリオ作家協会 菊島隆三賞[231] 菊島隆三賞 君の名は。 (新海誠) ノミネート
第21回新藤兼人賞[232] プロデューサー賞 川口典孝 受賞
2017年エランドール賞[233] プロデューサー賞(田中友幸基金賞)奨励賞 川口典孝 受賞
第12回渡辺晋賞[234] 特別賞 川村元気 受賞
第36回藤本賞[235] 藤本賞 新海誠
川口典孝
古澤佳寛
川村元気
受賞
第26回日本映画批評家大賞[236] アニメ部門 監督賞 新海誠 受賞
東京アニメアワードフェスティバル 2017[237] アニメ オブ ザ イヤー部門 監督・演出賞 新海誠 受賞
第29回東京国際映画祭[238] ARIGATO賞 新海誠 受賞
第58回日本レコード大賞[239] 特別賞 RADWIMPS 受賞
第90回キネマ旬報ベスト・テン[240] 読者選出日本映画ベスト・テン 君の名は。 4位
第38回ヨコハマ映画祭[241] 日本映画ベストテン 君の名は。 10位
FILMARKS AWARDS 2016[242] 総合ベストテン 君の名は。 1位
邦画編ベストテン 君の名は。 1位
ぴあ映画生活ユーザー大賞2016[243] 2016年映画ベスト10 君の名は。 2位
SUGOI JAPAN Award 2017[244] エンタメ小説部門 小説 君の名は。 1位
みんなが選んだカドフェス杯2016 総合部門 小説 君の名は。 1位
2016年に公開・上映されたアニメ作品(アニメ!アニメ!) 劇場・イベント上映部門 君の名は。 1位
VFX-JAPANアワード2017[245] 劇場公開アニメーション映画部門 最優秀賞 君の名は。 受賞
2016年ユーキャン新語・流行語大賞[246] 候補語 君の名は。 ノミネート
2016年ヒット商品番付(SMBCコンサルティング[247] 東大関 君の名は。 受賞
2016年ヒット商品番付(日経MJ[248] 西横綱 君の名は。 受賞
2016年ヒット番付(日経エンタテインメント![249] 東横綱 君の名は。 受賞
ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2016(日経エンタテインメント![250] グランプリ 新海誠 受賞
デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'16/第22回AMDアワード[251] 優秀賞 君の名は。 受賞
ベストチーム・オブ・ザ・イヤー 2016[252] 優秀賞 君の名は。チーム 受賞
ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017[253] 大賞 弭間友子 受賞
第7回ロケーションジャパン大賞[254] 特別賞(支持率部門) 君の名は。×岐阜県飛驒市 受賞
第9回CDショップ大賞2017[255] 入賞 君の名は。 (RADWIMPS) 受賞
Yahoo!検索大賞2016[256] 映画部門賞 君の名は。 受賞
YouTube Rewind 2016[257] トップトレンド動画(日本) 君の名は。予告 1位
第21回日本インターネット映画大賞 日本映画部門 作品賞(ベストテン) 君の名は。 3位
日本映画部門 音楽賞 君の名は。 (RADWIMPS) 受賞
第11回声優アワード[258] シナジー賞 君の名は。 受賞
主演男優賞 神木隆之介 受賞
主演女優賞 上白石萌音 受賞
ニュータイプアニメアワード 2015-2016[259] 作品賞(劇場上映部門) 君の名は。 1位
主題歌賞 前前前世 (RADWIMPS) 2位
サウンド賞(劇伴) 君の名は。 (RADWIMPS) 2位
監督賞 新海誠 3位
第1回アニものづくりアワード[260] 総合グランプリ サントリー天然水×君の名は。 受賞
アニメーションCM部門 金賞 サントリー天然水×君の名は。 受賞
コンテンツコラボ部門 銀賞 サントリー天然水×君の名は。 受賞

日本アカデミー賞での優秀監督賞、最優秀脚本賞受賞はアニメ作品としては史上初となる[261]

日本国外の賞
ノミネート対象 結果
第44回アニー賞[262][263] インディペンデント作品賞 君の名は。 ノミネート
監督賞 新海誠 ノミネート
第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭[264][265] アニメーション部門 最優秀長編作品賞 君の名は。 受賞
第60回BFIロンドン映画祭[265] 公式コンペティション 君の名は。 ノミネート
第36回ブリュッセル・アニメーション映画祭[266] 観客賞(最優秀長編アニメーション賞) 君の名は。 受賞
第18回プチョン国際アニメーション映画祭[267] 長編コンペティション部門 優秀賞 君の名は。 受賞
長編コンペティション部門 観客賞 君の名は。 受賞
第22回エンパイア賞 最優秀アニメーション賞 君の名は。 ノミネート
第21回サテライト賞[268] 最優秀アニメ映画賞 君の名は。 ノミネート
第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞[269] アニメ映画賞 君の名は。 受賞
第13回女性映画批評家協会賞[270] BEST ANIMATED FEMALE 君の名は。 ノミネート
第14回国際シネフィル協会賞 アニメーション賞 君の名は。 ノミネート
第11回アジア・フィルム・アワード[271] 脚本賞 新海誠 ノミネート
CARTOON ON THE BAY PULCINELLA AWARDS 2017[272] 最優秀監督賞 新海誠 受賞
最優秀脚本賞 新海誠 受賞
スタジオオブザイヤー コミックス・ウェーブ・フィルム 受賞
Japan Expo Awards 2017[273] アニメ部門 Darumaアニメ大賞 君の名は。 受賞
アニメ部門 脚本Daruma賞 君の名は。 受賞
アニメ部門 制作Daruma賞 君の名は。 受賞
アニメ部門 サウンドトラックDaruma賞 君の名は。 受賞
アニメ部門 映画/OVA Daruma賞(一般投票) 君の名は。 受賞
BBC選出2016年ベスト映画トップ10[274] ベスト映画トップ10 君の名は。 10位

その他、第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にエントリーされたが、本選ノミネートはされなかった[275]

メディアミックス[編集]

小説[編集]

『小説 君の名は。』(角川文庫
映画の公開より2か月早く発売された小説版。著者は新海誠。出版社の作品紹介文では「原作小説」とされているが[13]、脚本の完成後、映画の制作も終盤になってから執筆されたもので[14]新海自身は「小説版」「映画のノベライズ」「どちらが原作なのかと問われると微妙なところ」と、そのあとがきで書いている[15]。映画と大きな差異はない[16]が、瀧と三葉の1人称で語られるため二人とも不在であるシーンについては記述がない。2016年6月18日発売。ISBN 978-4-04-102622-9
2016年10月20日に累積売上部数が100万部を突破したことが明らかとなった[276]。2016年推定売上部数文庫部門年間1位(オリコン調べ)[18]。2016年12月、世界22ヵ国にて刊行が決定した[277]
『君の名は。』(角川つばさ文庫
角川文庫版にふりがなをつけ、子どもにも読みやすいようにした児童文庫。著者は新海誠。挿絵はちーこ。2016年8月15日発売。ISBN 978-4-04-631641-7
『君の名は。 Another Side: Earthbound』(角川スニーカー文庫
外伝小説。瀧、勅使河原、四葉、俊樹(町長)の視点から描いた短編4話。著者は加納新太。カバーイラストは田中将賀。口絵・本文イラストは朝日川日和。2016年8月1日発売。ISBN 978-4-04-104659-3

漫画[編集]

『君の名は。』(アライブコミックス)
雑誌『月刊コミックアライブ』で連載されたコミカライズ版。作画は琴音らんまる[278]。設定変更やオリジナルのエピソードも若干あるが、全体のストーリーは映画と変わらない。
1巻 2016年8月23日発売、ISBN 978-4-04-068509-0
2巻 2016年12月23日発売、ISBN 978-4-04-068591-5
3巻 2017年4月22日発売、ISBN 978-4-04-069170-1
『君の名は。 Another Side: Earthbound』
無料マンガ配信サービス『サイコミ』(Cygames)で連載されている外伝小説のコミカライズ。作画は中村ジュンヤ[279]

映像ソフト[編集]

発売形態[編集]

2017年7月26日に、Blu-rayは「コレクターズ・エディション」、「スペシャル・エディション」、「スタンダード・エディション」の3形態、DVDは「スタンダード・エディション」のみ1形態の、全4形態で発売された[280]

形態 品番 本編ディスク 特典ディスク 封入特典
Blu-ray コレクターズ・エディション TBR27260D 4K Ultra HD Blu-ray
Blu-ray 計2枚
Blu-ray 計3枚 縮刷版台本
ブックレット(100ページ)
ミニキャラシール
スペシャル・エディション TBR27261D Blu-ray 1枚 Blu-ray 計2枚 ブックレット(100ページ)
ミニキャラシール
スタンダード・エディション TBR27262D Blu-ray 1枚 なし ミニキャラシール
DVD スタンダード・エディション TDV27263D DVD 1枚 なし ミニキャラシール

また、先着予約特典として、キャストとRADWIMPSのお気に入りのシーンからセレクトされた全34種の特製フィルムしおりのうち、1種がランダムで付属した。

映像特典内容[編集]

収録ディスク 収録内容 収録時間 収録形態
本編ディスク 映画公開記念特番「新海誠・日本中がこの才能に恋をする。」
英語主題歌版本編
プロモーション映像集(特報・予告・TVスポットなど)
新海誠監督フィルモグラフィ
本編107分+特典46分 コレクターズ・エディション
スペシャル・エディション
スタンダード・エディション
特典ディスク1 ビデオコンテ
「君の名は。」メイキングドキュメンタリー
188分 コレクターズ・エディション
スペシャル・エディション
特典ディスク2 ビジュアルコメンタリー(神木隆之介・上白石萌音・RADWIMPS)
未使用音声クリップ
ノンテロップ・オープニング
サントリー天然水 CM
スパークル [original ver.] -Your name. Music Video edition-
124分 コレクターズ・エディション
スペシャル・エディション
特典ディスク3 「君の名は。」の物語〜現代の物語の役割〜 新海誠監督講演映像
イベント記録映像集
204分 コレクターズ・エディション

チャート成績[編集]

発売初週にBlu-rayは、「スタンダード・エディション」が20.2万枚、「コレクターズ・エディション」が12.6万枚、「スペシャル・エディション」が9.4万枚売り上げ、8月7日付週間Blu-ray総合ランキングで1~3位を独占した。 また、DVDの「スタンダード・エディション」も21.6万枚売り上げ、8月7日付週間DVD総合ランキングで1位を獲得した。

オリコン週間ランキング順位
週間Blu-ray総合ランキング 週間DVD総合ランキング
コレクターズ・
エディション
スペシャル・
エディション
スタンダード・
エディション
スタンダード・
エディション
1週目 (7月24日-30日集計、8月7日付)[281] 2位 3位 1位 1位
2週目 (7月31日-8月6日集計、8月14日付)[282] 8位 7位 2位 1位
3週目 (8月7日-13日集計、8月21日付)[283] 6位 5位 2位 1位
4週目 (8月14日-20日集計、8月28日付)[284] 11位 10位 2位 1位

また、TSUTAYA店舗におけるレンタル回数での初月実績(4週間集計)において、日本映画ジャンル歴代1位を記録[285]、週間レンタルランキングでは、10週連続で1位を獲得した[286]

テレビ放送[編集]

2017年11月4日WOWOWシネマにてテレビ初放送された[287]。なお、当日は「『君の名は。』TV初放送!新海誠監督の世界」と題し、新海誠監督へのインタビューを中心とした特別番組「『君の名は。』と新海誠が描く世界」、過去作『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』の放送も行われた。

また、2018年1月3日にはテレビ朝日系にて21時から放送予定[288]。地上波および無料テレビにおける初放送となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 新海は107分と述べている[3]。一方、映画情報や映画館のWebサイトでは106分とする記述もみられる[4][5]
  2. ^ 以前、2人はTVドラマ「金田一少年の事件簿NEO」で共演している。
  3. ^ a b 映画の設定上、瀧の家は新宿区若葉にある[21]。ただし、加納新太による外伝小説では千代田区六番町となっている[22]
  4. ^ 飛騨地方という設定ではあるが完全に架空の町で、実在の町をモデルにはしていない。
  5. ^ 中央線(快速)に乗る瀧は新宿駅中央・総武線(各駅停車)に乗る三葉は千駄ケ谷駅がそれぞれ次駅であった。
  6. ^ 前作『言の葉の庭』のイタリア語版タイトル
  7. ^ a b ファンからの指摘に新海監督は「テッシーとサヤちんの造形は、おっしゃる通り拙作『小説 言の葉の庭』7話からの発想でした。『君の名は。』と『言の葉の庭』の間に大きなジャンプがあるとのご意見もよくいただきますが、僕としては『小説 言の葉の庭』がその間をつないでいます。」とTwitterで発言している。shinkaimakotoのツイート (771731688812519424)
  8. ^ a b 日本語に訳すと「目を閉じてあなたの名前の夢を見る 」となり、原題「君の名は。」とは題意が異なる。

出典[編集]

  1. ^ a b “RADWIMPS、新海誠の長編アニメ映画「君の名は。」音楽担当”. 音楽ナタリー. (2016年4月6日). http://natalie.mu/music/news/182492 2016年7月1日閲覧。 
  2. ^ “RADWIMPS、ニューアルバム『君の名は。』発売決定! 全26曲収録”. RO69. (2016年6月3日). http://ro69.jp/news/detail/143985 2016年6月5日閲覧。 
  3. ^ パンフレット, p. 21.
  4. ^ 君の名は。 作品情報”. 映画の時間. 2016年12月8日閲覧。
  5. ^ 君の名は。”. TOHOシネマズ. 2016年12月8日閲覧。
  6. ^ a b “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年8月6日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年8月7日閲覧。 
  7. ^ 新海誠最新作に神木隆之介×上白石萌音!東宝製作『君の名は。』来年8月公開!”. シネマトゥデイ (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  8. ^ 壬生智裕 (2016年8月26日). “「君の名は。」が1分たりとも退屈させない秘密 新鋭アニメ監督・新海誠が語る作品の手応え”. 東洋経済ONLINE. http://toyokeizai.net/articles/-/133161 2016年9月10日閲覧。 
  9. ^ “新海誠の新作アニメ「君の名は。」に神木隆之介&上白石萌音が声の主演、特報も公開”. 映画ナタリー. (2015年12月10日). http://natalie.mu/eiga/news/168813 2016年9月10日閲覧。 
  10. ^ “新海誠「君の名は。」RADWIMPSの楽曲流れる予告編が公開”. 映画ナタリー. (2016年4月6日). http://natalie.mu/eiga/news/182495 2016年9月10日閲覧。 
  11. ^ a b “『君の名は。』V12で189億円突破!『もののけ』『ハウル』射程圏内【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年11月22日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087732 2016年11月22日閲覧。 
  12. ^ 劇場パンフレット第2弾、12月9日(金)発売決定! 映画『君の名は。』公式サイト 2016年12月1日。2016年12月2日閲覧。
  13. ^ a b 小説 君の名は。 カドカワストア、2016年9月10日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w CGWORLD 2016年10月号 p.27
  15. ^ a b 小説, p. 254.
  16. ^ a b 小説, p. 255.
  17. ^ “『小説 君の名は。』ついに100万部突破!! 映画『君の名は。』も興行収入91億円突破!!本も映画も記録的超メガヒット!!” (プレスリリース), 株式会社KADOKAWA, (2016年9月20日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002680.000007006.html 2016年9月20日閲覧。 
  18. ^ a b “『君の名は。』原作本、100万部突破で年間1位 新海監督「信じられない結果」”. ORICON STYLE. (2016年12月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2082279/full/ 2016年12月2日閲覧。 
  19. ^ “「君の名は。」200億円突破のワケ”. (2016年12月8日). http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20161207-OYT8T50106.html 2016年12月12日閲覧。 
  20. ^ a b “「君の名は。」人気の訳は。新宿の神社、飛騨の陸橋の行列”. 読売新聞(東京本社夕刊): p. 12. (2016年10月8日) 
  21. ^ 公式ビジュアルガイド, p. 107.
  22. ^ 外伝小説, p. 15.
  23. ^ a b パンフレット, p. 36.
  24. ^ a b c d パンフレット vol.2, p. 40.
  25. ^ a b c d e f g “新海誠「君の名は。」追加キャストに長澤まさみ、市原悦子、悠木碧、島崎信長ら7名”. 映画ナタリー. (2016年6月7日). http://natalie.mu/eiga/news/189903 2016年6月7日閲覧。 
  26. ^ a b パンフレット vol.2, p. 36.
  27. ^ パンフレット vol.2, p. 37.
  28. ^ 『新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで 図録』(朝日新聞社、2017年6月発行)142ページ。
  29. ^ a b パンフレット, p. 37.
  30. ^ 新海誠 (2014年4月14日). “「小説 言の葉の庭」発売記念・作中の年表公開”. Other voices-遠い声-. 2016年8月31日閲覧。
  31. ^ a b 公式ビジュアルガイド, p. 101.
  32. ^ a b c CGWORLD 2016年10月号 p.26
  33. ^ 夢の中で会うことから 映画「君の名は。」監督 新海誠 「日曜インタビュー」- 大阪日日新聞、2016年8月28日
  34. ^ 「君の名は。」が1分たりとも退屈させない秘密 新鋭アニメ監督・新海誠が語る作品の手応え、p-3”. 東洋経済オンライン (2016年8月26日). 2017年5月12日閲覧。
  35. ^ 君の名は。|高知新聞
  36. ^ 過剰で疾走感のある映画にしたいと思った」 空前の大ヒットを記録している映画『君の名は。』 新海誠監督インタビュー
  37. ^ 「君の名は。」が1分たりとも退屈させない秘密 新鋭アニメ監督・新海誠が語る作品の手応え、p-4”. 東洋経済オンライン (2016年8月26日). 2017年5月12日閲覧。
  38. ^ パンフレット, p. 18.
  39. ^ a b ユリイカ』 2016年9月号 p.45
  40. ^ 『ユリイカ』 2016年9月号 p.54
  41. ^ a b c 『ユリイカ』 2016年9月号 p.47
  42. ^ a b c ユリイカ 2016年9月号 p.46
  43. ^ a b CGWORLD 2016年10月号 pp.30-31
  44. ^ a b c Febri』 2016年10月号 p.10
  45. ^ a b c MdN』 2016年10月号 p.32
  46. ^ 公式ビジュアルガイド, p. 127.
  47. ^ 『MdN』 2016年10月号 p.38
  48. ^ 公式ビジュアルガイド, p. 84.
  49. ^ “新海誠監督「君の名は。」LAワールドプレミアで3400人がスタンディングオベーション!”. 映画.com. (2016年7月5日). http://eiga.com/news/20160705/16/ 2016年9月10日閲覧。 
  50. ^ “神木隆之介の願いに新海誠「ちょっと重い」、「君の名は。」完成披露で短冊披露”. 映画ナタリー. (2016年7月7日). http://natalie.mu/eiga/news/193733 2016年9月10日閲覧。 
  51. ^ Kimi no Na wa / Your nameSan Sebastián Film Festival
  52. ^ “神木隆之介と上白石萌音が韓国語で挨拶、「君の名は。」釜山映画祭上映”. 映画ナタリー. (2016年10月10日). http://natalie.mu/eiga/news/204871 2016年10月11日閲覧。 
  53. ^ officialcompetitionBFI London Film Festival
  54. ^ Edinburgh ProgramsSLA
  55. ^ 『君の名は。』がプチョン映画祭で優秀賞&観客賞をW受賞! 台北でも好スタート シネマカフェ、2016.10.26
  56. ^ YOUR NAME. (君の名は。)Hawaii International Film Festival
  57. ^ Programme: Your Name.”. Festival Internacional de Cine de Mar del Plata. 2016年12月7日閲覧。
  58. ^ Kimi no Na Wa. va a proyectarse en cine de México!!!”. Super Channel 12 (2016年11月26日). 2016年12月5日閲覧。
  59. ^ スケジュールDubai International Film Festival
  60. ^ “神山健治の新作アニメ「ひるね姫」、北米の子供向け映画祭で上映決定”. 映画ナタリー. (2017年1月22日). http://natalie.mu/eiga/news/217481 2017年1月24日閲覧。 
  61. ^ “【国内映画ランキング】「君の名は。」が会心のVスタート、「後妻業の女」が4位、「タートルズ」は10位”. 映画.com速報. (2016年8月29日). http://eiga.com/news/20160829/19/ 2016年10月8日閲覧。 
  62. ^ 日本語字幕付き上映のご案内”. TOHOシネマズ. 2016年8月30日閲覧。
  63. ^ “オリジナルクリアファイル付き特別前売券、7/2(土)発売!”. 映画『君の名は。』公式サイト. (2016年6月24日). http://www.kiminona.com/news/#n0624-2 2016年10月8日閲覧。 
  64. ^ “9/24(土)より、TOHOシネマズ日劇で上映決定!”. (2016年9月22日). http://www.kiminona.com/news/#n0922 2016年10月8日閲覧。 
  65. ^ “新海誠「君の名は。」が週末動員1位、公開2日で興行収入7.7億円”. 映画ナタリー. (2016年8月29日). http://natalie.mu/eiga/news/199853 2016年9月10日閲覧。 
  66. ^ a b “新海誠『君の名は。』空前の大ヒットスタート!12億円突破で初登場1位【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年8月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0085654 2016年9月10日閲覧。 
  67. ^ “『君の名は。』興収100億円突破!ジブリ以外の国内産アニメで初”. シネマトゥデイ. (2016年9月23日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086243 2016年9月24日閲覧。 
  68. ^ “『君の名は。』動員1,000万人、興収130億円突破!”. シネマトゥデイ. (2016年10月4日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086476 2016年11月29日閲覧。 
  69. ^ “「君の名は。」興行収入194億円突破「もののけ姫」抜いて邦画歴代3位に”. スポニチアネックス. (2016年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/28/kiji/K20161128013808970.html 2016年11月28日閲覧。 
  70. ^ “映画「君の名は。」興収199億円超え、邦画歴代2位に「ハウル」抜き、上は「千と千尋」だけ”. 産経新聞. (2016年12月5日). http://www.sankei.com/smp/economy/news/161205/ecn1612050016-s1.html 2016年12月5日閲覧。 
  71. ^ “『君の名は。』興収、ハウル超え!邦画歴代2位に”. シネマトゥデイ. (2016年12月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088050 2016年12月5日閲覧。 
  72. ^ “新海誠『君の名は。』驚異のハイペースでV2!公開10日で38億円【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年9月6日). http://www.cinematoday.jp/page/N0085828 2016年9月22日閲覧。 
  73. ^ “『君の名は。』新作を圧倒してV3!公開17日で60億円突破【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年9月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086010 2016年9月22日閲覧。 
  74. ^ “『君の名は。』V4で100億円突破にリーチ!『聲の形』も大ヒットスタート!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年9月21日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086191 2016年9月22日閲覧。 
  75. ^ “止まらない『君の名は。』5週連続1位!興収111億を突破【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年9月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086332 2016年9月27日閲覧。 
  76. ^ “『君の名は。』がV6!『ポニョ』を超えるか?歴代ベストテン入りも視野【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年10月4日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086492 2016年10月4日閲覧。 
  77. ^ “『君の名は。』V7!『ポニョ』射程圏内!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年10月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086700 2016年10月25日閲覧。 
  78. ^ “『君の名は。』がV8達成!『ポニョ』超え確実154億円【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年10月18日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086835 2016年10月25日閲覧。 
  79. ^ “『君の名は。』V9達成!山田孝之『ウシジマくん』最終章は2位【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年10月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087006 2016年10月25日閲覧。 
  80. ^ “『デスノート』初登場1位!『君の名は。』は『ハリポタ』『踊る』超えにリーチ!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年11月1日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087207 2016年11月1日閲覧。 
  81. ^ “『君の名は。』10回目のトップ!小松菜奈&菅田将暉『溺れるナイフ』は4位初登場!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年11月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087374 2016年11月8日閲覧。 
  82. ^ “『君の名は。』通算11回目の1位!『もののけ姫』に迫る【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年11月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087550 2016年11月15日閲覧。 
  83. ^ “『ファンタビ』1位!『君の名は。』2位!『この世界の片隅に』は6位に浮上!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年11月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087895 2016年11月29日閲覧。 
  84. ^ “『ファンタビ』30億円突破でV2!『君の名は。』『この世界の片隅に』アニメも絶好調!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年12月6日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088091 2016年12月7日閲覧。 
  85. ^ “『モンスト』が初登場1位!『君の名は。』は『ハリポタ』超えで歴代4位!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年12月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088280 2016年12月13日閲覧。 
  86. ^ “『妖怪ウォッチ』3年連続初登場1位!『スター・ウォーズ』は興収トップ!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年12月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088482 2016年12月20日閲覧。 
  87. ^ “『バイオハザード』歴代最高のオープニングで初登場1位!生田斗真『土竜の唄』も初登場【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年12月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088632 2016年12月27日閲覧。 
  88. ^ “『バイオハザード』今年最初の1位!『君の名は。』が3位急上昇!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年1月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088745 2017年1月6日閲覧。 
  89. ^ “『妖怪ウォッチ』1位に返り咲き!『君の名は。』が『アナ雪』にジワリ迫る!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年1月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088876 2017年1月11日閲覧。 
  90. ^ “綾瀬はるか『本能寺ホテル』が初登場1位!『この世界の片隅に』は動員100万人突破!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年1月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088992 2017年1月17日閲覧。 
  91. ^ “『君の名は。』公開22週目で再び1位!235億円突破で『アナ雪』狙う【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年1月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089159 2017年1月24日閲覧。 
  92. ^ “『ドクター・ストレンジ』1位スタート!松坂桃李&菅田将暉『キセキ』は2位【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年1月31日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089313 2017年1月31日閲覧。 
  93. ^ “ティム・バートン『ミス・ペレグリン』女性ファンの熱狂的支持で1位!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年2月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089482 2017年2月7日閲覧。 
  94. ^ “『相棒』シリーズ最高の大ヒットスタート!50億円突破に期待大!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年2月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089627 2017年2月14日閲覧。 
  95. ^ “『ソードアート・オンライン』初登場1位!実写版『一週間フレンズ。』は3位デビュー【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年2月21日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089795 2017年2月21日閲覧。 
  96. ^ “アカデミー最多『ラ・ラ・ランド』が大ヒットスタートで初登場1位!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年2月28日). http://cinematoday.jp/page/N0089969 2017年2月28日閲覧。 
  97. ^ “『ドラえもん』シリーズ最高狙う大ヒットスタートで1位!『ラ・ラ・ランド』も絶好調!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年3月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0090137 2017年3月7日閲覧。 
  98. ^ “ディズニー『モアナと伝説の海』が1位!『ズートピア』超えのハイペース【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年3月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0090293 2017年3月14日閲覧。 
  99. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年3月20日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年3月26日閲覧。 
  100. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年3月26日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年3月27日閲覧。 
  101. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年4月3日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年4月5日閲覧。 
  102. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年4月9日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年4月10日閲覧。 
  103. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年4月17日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年4月17日閲覧。 
  104. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年4月24日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年4月24日閲覧。 
  105. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年5月1日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年5月3日閲覧。 
  106. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年5月7日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年5月8日閲覧。 
  107. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年5月14日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年5月16日閲覧。 
  108. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年5月21日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年5月22日閲覧。 
  109. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年5月28日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年5月29日閲覧。 
  110. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年6月4日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年6月5日閲覧。 
  111. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年6月11日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年6月12日閲覧。 
  112. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年6月18日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年6月19日閲覧。 
  113. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年6月25日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年6月30日閲覧。 
  114. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年7月2日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年7月3日閲覧。 
  115. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年7月9日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年7月10日閲覧。 
  116. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年7月16日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年7月17日閲覧。 
  117. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年7月23日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年7月24日閲覧。 
  118. ^ “歴代興収ベスト100”. 興行通信社. (2017年7月30日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年7月31日閲覧。 
  119. ^ “「君の名は。」韓国で興収&動員ともに1位、「ハウルの動く城」以来13年ぶり”. 映画ナタリー. (2017年1月6日). http://natalie.mu/eiga/news/215900 2017年1月6日閲覧。 
  120. ^ “Your Name is now the biggest anime box office hit of all time, set for release in the States”. (2017年1月18日). http://www.technobuffalo.com/2017/01/18/your-name-is-now-the-biggest-anime-box-office-hit-of-all-time-set-for-release-in-the-states/ 2017年1月19日閲覧。 
  121. ^ “新海誠催淚新作《你的名字是》10月21日正式在台上映”. http://star.ettoday.net/news/744773 
  122. ^ “Purple Plan to Open Shinkai's 'your name.' Film in Singapore on November 3”. Anime News Network. (2016年10月24日). http://www.animenewsnetwork.com/news/2016-10-24/purple-plan-to-open-shinkai-your-name-film-in-singapore-on-november-3/.108016 2016年11月5日閲覧。 
  123. ^ Mpic_Movieのツイート (780352275956969472)
  124. ^ タイ・バンコクで「君名は。」11月10日~!映画館・時間、歴代2位邦画で確実”. 日タイ会話交流クラブ (2016年11月4日). 2016年11月5日閲覧。
  125. ^ “《你的名字》確定11月11日香港上映”. http://www.akiraclub.com/2016/09/30/%E3%80%8A%E4%BD%A0%E7%9A%84%E5%90%8D%E5%AD%97%E3%80%8B%E7%A2%BA%E5%AE%9A11%E6%9C%8811%E6%97%A5%E9%A6%99%E6%B8%AF%E4%B8%8A%E6%98%A0/ 
  126. ^ “Anime Limited licenses ‘Your Name’ by Makoto Shinkai in United Kingdom & Ireland”. http://blog.alltheanime.com/anime-limited-licenses-your-name-by-makoto-shinkai/ 
  127. ^ alltheanime_frのツイート (785888869942112256)
  128. ^ “Madman to Release Shinkai Makoto's YOUR NAME in Australian and New Zealand Cinemas”. Screen Anarchy. (2016年10月27日). http://screenanarchy.com/2016/10/madman-to-release-shinkai-makotos-your-name-in-australian-and-new-zealand-cinemas.html 2016年11月5日閲覧。 
  129. ^ a b “你的名字定档1202”. 「君の名は。」公式ウェイボー. (2016年11月7日) 
  130. ^ “Shinkai's 'your name.' Film Opens in Indonesia on December 7”. Anime News Network. (2016年11月21日). http://www.animenewsnetwork.com/news/2016-11-21/shinkai-your-name-film-opens-in-indonesia-on-december-7/.109036 2016年12月5日閲覧。 
  131. ^ “Purple Plan to Open Shinkai's 'your name.' Film in Malaysia on December 8”. Anime News Network. (2016年10月26日). http://www.animenewsnetwork.com/news/2016-10-26/purple-plan-to-open-shinkai-your-name-film-in-malaysia-on-december-8/.108102 2016年11月5日閲覧。 
  132. ^ “Pioneer Films to Open Shinkai's 'your name. Film in Philippines in December”. Anime News Network. (2016年11月14日). http://www.animenewsnetwork.com/news/2016-11-14/pioneer-films-to-open-shinkai-your-name-film-in-philippines-in-december/.108790 2016年12月2日閲覧。 
  133. ^ “Your Name. à l’affiche en France !”. http://www.animeland.fr/2016/10/12/your-name-a-laffiche-en-france/ 
  134. ^ “「君の名は。」韓国公開日、1月4日に前倒し ファンの爆発的反応に応えて”. カンナム経済新聞. (2016年12月9日). http://gangnam.keizai.biz/phone/headline.php?id=662 2016年12月9日閲覧。 
  135. ^ “[단독일본, 대만 극장가 평정한 '너의 이름은', 2017년 1월 5일 국내개봉 확정”]. Game Focus. (2016年11月7日). http://gamefocus.co.kr/detail.php?number=64864 2016年11月23日閲覧。 
  136. ^ “신카이 감독 신작 '너의 이름은.' 국내서도 흥행 신화 이어갈까”. itChosun. (2016年9月23日). http://it.chosun.com/news/article.html?no=2824296 2016年10月11日閲覧。 
  137. ^ “Novità 2017!”. http://www.dynit.it/news/Novita2017/ 
  138. ^ . https://twitter.com/SelectaVision/status/820635837453008897 
  139. ^ a b Приобретение лицензии на фильм Макото Синкая «Твоё имя»” (ru). Истари комикс (2017年6月1日). 2017年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  140. ^ Начало показа фильма «Твоё имя» в России, Белоруссии и Казахстане” (ru). Истари комикс (2017年9月7日). 2017年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  141. ^ Списком городов и кинотеатров проката фильма «Твоё имя» на Украине” (ru). Exponenta Film (2017年10月19日). 2017年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月25日閲覧。
  142. ^ “「君の名は。」が台湾でも人気!3日間の先行上映は大盛況、1日に2回見るファンも―台湾メディア”. Record China. (2016年10月18日). http://www.recordchina.co.jp/a152913.html 2016年12月9日閲覧。 
  143. ^ 台北週末票房排行榜”. 開眼電影網. 2016年12月9日閲覧。
  144. ^ “「君の名は。」台湾で歴代邦画興収ランキング1位に、「リング」の記録抜く”. 映画ナタリー. (2016年11月4日). http://natalie.mu/eiga/news/208090 2016年11月16日閲覧。 
  145. ^ https://home.gamer.com.tw/creationDetail.php?sn=3523833
  146. ^ a b “「君の名は。」タイと香港でも週末興収1位獲得”. 映画ナタリー. (2016年11月16日). http://natalie.mu/eiga/news/209569 2016年11月16日閲覧。 
  147. ^ “「「君の名は。」中国とタイで日本映画の興収新記録”. 朝日新聞. (2016年12月19日). http://www.asahi.com/articles/ASJDM4R4CJDMUCVL015.html 2016年12月24日閲覧。 
  148. ^ 劉健華 (2016年12月4日). “《你的名字。》打破《千與千尋》紀錄 成香港最高票房日本動畫”. 香港01電影. 香港01. https://www.hk01.com/article/57996 2016年12月5日閲覧。 
  149. ^ a b “「君の名は。」が中国全土で公開 巨大市場を取り込めるか”. 週刊朝日(dot. 提供). (2016年12月7日). https://dot.asahi.com/wa/2016120600162.html 2016年12月8日閲覧。 
  150. ^ “「君の名は。」中国で快進撃 異例の早期公開、韓流排除と映画市場の伸び悩み背景か”. 産経新聞(産経ニュース). (2016年12月7日). http://www.sankei.com/world/news/161207/wor1612070032-n2.html 2016年12月8日閲覧。 
  151. ^ “『君の名は。』中国で好調なスタート 外国映画上映は9割が米映画”. ローリングストーン 日本版. (2016年12月7日). http://rollingstonejapan.com/articles/detail/27226 2016年12月8日閲覧。 
  152. ^ a b “「君の名は。」中国公開3日間で興収42億円!日本では邦画歴代2位に浮上”. 映画.com. (2016年12月6日). http://eiga.com/news/20161206/4/ 2016年12月8日閲覧。 
  153. ^ “「君の名は。」邦画収入歴代2位に 中国でも新記録”. 朝日新聞. (2016年12月5日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASJD54F9CJD5UCLV00W.html 2016年12月5日閲覧。 
  154. ^ “「君の名は。」興行収入、日本映画の記録更新”. 毎日新聞. (2016年12月17日). http://mainichi.jp/articles/20161218/k00/00m/030/042000c 2016年12月24日閲覧。 
  155. ^ “Shinkai's 'your name.' Film Becomes #1 2D Animated Film in China Ever”. (2017年1月3日). http://www.animenewsnetwork.com/news/2017-01-03/shinkai-your-name-film-becomes-no.1-2d-animated-film-in-china-ever/.110576 2017年1月5日閲覧。 
  156. ^ “「君の名は。」中国で上映終了、興行収入95億円=中国ネットからはさらなる日本アニメの上映を期待する声”. livedoor. (2017年2月5日). http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12634961/ 2017年2月5日閲覧。 
  157. ^ “映画「君の名は。」韓国でも初日1位を記録”. 産経新聞. (2017年1月6日). http://www.sankei.com/entertainments/news/170106/ent1701060022-n1.html 2017年1月6日閲覧。 
  158. ^ “『君の名は。』韓国で1位に!ハウル以来13年ぶり”. シネマトゥデイ. (2017年1月6日). https://www.cinematoday.jp/page/N0088788 2017年1月6日閲覧。 
  159. ^ “日本アニメ『君の名は。』 韓国公開5日で観客100万突破”. 中央日報. (2017年1月10日). http://s.japanese.joins.com/article/488/224488.html 2017年1月12日閲覧。 
  160. ^ “興行成績:『君の名は』200万人突破、日本映画としては最速”. 朝鮮日報. (2017年1月15日). http://ekr.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2017011500260 2016年1月15日閲覧。 
  161. ^ “'너의 이름은.' 300만 명 돌파, 역대 日 애니 최고 흥행작”. MBC. (2017年1月22日). http://imnews.imbc.com/news/2017/culture/article/4208067_21421.html 2016年1月22日閲覧。 
  162. ^ “『君の名は。』韓国で最もヒットした日本映画に!”. シネマトゥデイ. (2017年1月23日). https://www.cinematoday.jp/page/N0089117 2017年1月23日閲覧。 
  163. ^ a b c Charles Gant (2016年11月29日). “Fantastic Beasts still No 1 in UK as A United Kingdom and Allied start strong | Film | The Guardian” (英語). ガーディアン. 2016年12月6日閲覧。
  164. ^ Charles Gant (2016年11月22日). “Fantastic Beasts sprinkles magic dust over the UK box office | Film | The Guardian” (英語). ガーディアン. 2016年12月6日閲覧。
  165. ^ New anime Your Name breaks Irish and UK recordsIrish Examiner, November 25, 2016
  166. ^ 「君の名は。」フランスでも絶好調 アニメファン以外も注目映画ドットコム、2017年1月29日
  167. ^ Your Name. Nexo Digital
  168. ^ Your Name. Repliche Nexo Digital
  169. ^ Japanese Animation Hit ‘Your Name’ Sells to FUNimation for U.S.Variety, October 26, 2016
  170. ^ ジブリ参加作「レッドタートル」候補に=「君の名は。」漏れる-米アカデミー賞時事通信、2017/01/24
  171. ^ a b “「君の名は。」北米公開決定、英語版主題歌が流れるバージョンの国内上映も”. 映画ナタリー. (2017年1月18日). http://natalie.mu/eiga/news/217199 2017年1月20日閲覧。 
  172. ^ 「君の名は。」米国デビュー絶好調!評論家も絶賛 アニメ部門封切り週末歴代9位 (1/2ページ)ZakZak 夕刊フジ(2017年4月18日), 2017年4月18日閲覧。
  173. ^ “Your Name review – a beautiful out-of-body experience _ Film _ The Guardian”. The Guardian. (2016年11月20日). https://www.theguardian.com/film/2016/nov/20/your-name-review-makoto-shinkai 2017年1月29日閲覧。 
  174. ^ “Your Name Review _ Movie - Empire”. (2016年11月14日). http://www.empireonline.com/movies/name-3/review/ 2017年1月29日閲覧。 
  175. ^ “Your Name review_ this dazzling, gleaming daydream is anime at its very best”. The Telegraph. (2016年11月17日). http://www.telegraph.co.uk/films/2016/10/31/your-name-review-this-dazzling-gleaming-daydream-is-anime-at-its/ 2017年1月29日閲覧。 
  176. ^ “Your Name Review_ Makoto Shinkai's Anime Stunner Deserves Oscar Buzz _ IndieWire”. indieWire. (2016年12月22日). http://www.indiewire.com/2016/12/your-name-review-makoto-shinkai-anime-oscar-1201761813/ 2017年1月29日閲覧。 
  177. ^ “"Your Name" Anime Film Makes 89th Academy Awards Consideration List”. comicbook.com. (2016年11月7日). http://comicbook.com/2016/11/07/your-name-anime-film-makes-89th-academy-awards-consideration-lis/ 2017年2月26日閲覧。 
  178. ^ Your Name. (Kimi No Na Wa.)”. 2017年4月15日閲覧。
  179. ^ Your Name.”. 2017年4月15日閲覧。
  180. ^ “「君の名は。」フランスでも絶好調 アニメファン以外も注目 _ 映画ニュース”. 映画.com. (2017年1月29日). http://eiga.com/news/20170129/8/ 2017年2月5日閲覧。 
  181. ^ “Critiques Presse pour le film Your Name”. AlloCiné. http://www.allocine.fr/film/fichefilm-249877/critiques/presse/ 2017年2月5日閲覧。 
  182. ^ Mathieu Macheret (2016年12月27日). “« Your Name » : aimer et animer, conjugués en genre et en nombre”. Le Monde. http://www.lemonde.fr/cinema/article/2016/12/27/your-name-aimer-et-animer-conjugues-en-genre-et-en-nombre_5054446_3476.html 2017年2月5日閲覧。 
  183. ^ Edmund Lee (2016年11月7日). “Film review_ Your Name – Makoto Shinkai’s hit anime is a body-swapping, time-travelling romance _ South China Morning Post”. SCMP Film. http://www.scmp.com/culture/film-tv/article/2044432/film-review-your-name-makoto-shinkais-hit-anime-body-swapping-time 2017年2月26日閲覧。 
  184. ^ RADWIMPS - 君の名は。”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2016年8月29日閲覧。
  185. ^ “【オリコン】RADWIMPS、初の2週連続1位 映画『君の名は。』サントラ好調”. ORICON STYLE. (2016年9月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2077939/full/ 2016年9月10日閲覧。 
  186. ^ 入倉功一 (2016年9月10日). “『君の名は。』“聖地巡礼”マナー守って 騒音など苦情寄せられ注意”. シネマトゥデイ. 2016年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月25日閲覧。
  187. ^ 「君の名は。」聖地巡礼で苦情 公式サイトで“節度ある行動”呼び掛け”. スポーツニッポン (2016年9月10日). 2016年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月25日閲覧。
  188. ^ “【2016新語・流行語】大賞は「神ってる」 今年も芸能ネタ逃す”. オリコン. (2016年12月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2082294/full/ 2016年12月8日閲覧。 
  189. ^ 第33回 2016年 受賞語”. 新語・流行語大賞. 2016年12月8日閲覧。
  190. ^ "アニメ映画「君の名は。」 舞台、飛騨市をイメージ"岐阜新聞(2016年8月25日) 2016年10月30日閲覧
  191. ^ a b 映画「君の名は。」に一部イメージとして登場する飛騨市を満喫しよう!”. 飛騨市観光協会. 2016年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月26日閲覧。
  192. ^ 浜崎陽介 (2016年10月14日). “映画見て、飛騨でお得に 「君の名は。」舞台”. 中日新聞(岐阜地域版) (中日新聞社). オリジナル2016年10月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161020035848/http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20161014/CK2016101402000022.html 2016年10月20日閲覧。 
  193. ^ 平成28年度12月補正予算事業概要説明資料 (PDF) - 飛騨市(2016年12月2日閲覧)
  194. ^ “「君の名は。」展、岐阜の「聖地」で開催へ”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2017年1月6日). オリジナル2017年2月7日時点によるアーカイブ。. http://www.asahi.com/sp/articles/ASK1656VBK16OHGB015.html 2017年2月7日閲覧。 
  195. ^ 山崎春奈. “話題になってるのは知ってるけど…」 聖地・飛騨の人々は「君の名は。」を見ていない?”. BuzzFeed. 2016年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月26日閲覧。
  196. ^ 条件付きで写真撮影OK 「君の名は。」で舞台モデルとして登場する飛騨市図書館が“聖地巡礼者”に柔軟な対応”. ねとらぼ (2016年9月7日). 2016年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月25日閲覧。
  197. ^ アニメーション映画「君の名は。」に関するお知らせ”. 中部電力 (2016年9月30日). 2016年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月20日閲覧。
  198. ^ “「君の名は。」聖地初上映 映画館ない飛騨市、市民感激”. 岐阜新聞 (岐阜新聞社). (2016年11月7日). オリジナル2016年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161107060203/http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20161107/201611070901_28382.shtml 2016年11月7日閲覧。 
  199. ^ 文化村だより63号 (PDF)”. 飛騨市文化交流センター (2016年12月5日). 2016年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月16日閲覧。
  200. ^ “記念TOICAの発売について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2016年12月14日), オリジナル2016年12月15日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20161215082915/http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000032442.pdf 2016年12月16日閲覧。 
  201. ^ “記念TOICAの発売方法等について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2017年1月23日), オリジナル2017年1月24日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170124131512/http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000032864.pdf 2017年1月24日閲覧。 
  202. ^ JR東海「君の名は。」&「クリスマス・エクスプレス」記念TOICA発売”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年12月15日). 2016年12月16日閲覧。
  203. ^ JR東海「君の名は。」&「クリスマス・エクスプレス」記念TOICAの発売方法発表”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2017年1月24日). 2017年1月24日閲覧。
  204. ^ a b 斉藤和音 (2016年10月21日). “「君の名は。」企画書やコンテ紹介 監督の故郷・小海町高原美術館”. 中日新聞(長野地域版) (中日新聞社). オリジナル2016年11月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161109124248/http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20161021/CK2016102102000020.html 2016年11月9日閲覧。 
  205. ^ 公式ビジュアルガイド, p. 65.
  206. ^ 「君の名は。」聖地巡礼過熱で制作委が異例の呼びかけ 「俺らじゃない!」アニオタは反論
  207. ^ Febri』 2016年10月号 pp.148-149
  208. ^ パンフレット, p. 26.
  209. ^ “「君の名は。」劇場外も盛り上がる 「聖地巡礼」かけもちで ココハツ”. 朝日新聞(東京本社夕刊): p. 3. (2016年10月8日) 
  210. ^ “アニメ映画に内陸線・前田南駅? 「君の名は。」ファン来訪”. 秋田魁新報. (2016年9月24日). http://www.sakigake.jp/news/article/20160924AK0004/ 2016年10月1日閲覧。 
  211. ^ 「急行もりよし3号 前田南駅臨時停車」のお知らせ!”. 秋田内陸縦貫鉄道 (2016年10月7日). 2016年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月20日閲覧。
  212. ^ “「君の名は。」違法動画見ないで 公式ツイッターで注意”. 朝日新聞デジタル. (2016年9月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJ9X64GMJ9XUCVL01Q.html 2016年10月8日閲覧。 
  213. ^ “「君の名は。」ネットで無断公開 著作権法違反で書類送検”. 産経新聞. (2016年11月4日). http://www.sankei.com/affairs/news/161104/afr1611040011-n1.html 2016年11月5日閲覧。 
  214. ^ “「君の名は。」違法にネット上で公開容疑、男を書類送検”. 朝日新聞. (2016年11月25日). http://www.asahi.com/articles/ASJCS536KJCSOHGB00L.html 2016年11月28日閲覧。 
  215. ^ 君の…名前は…?時空を超えて、タイムトンネルでそっちの世界へ。”. Everfilter. 2016年12月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  216. ^ “「Everfilter」背景無断使用で謝罪 新海誠作品をめぐる「中国では許可」の真偽”. J-CASTニュース. (2016年12月5日). http://www.j-cast.com/2016/12/05285320.html?p=all 2016年12月10日閲覧。 
  217. ^ EverFilter. "本アプリ内の一部コンテンツにつきまして、ご利用のユーザ様より問題のご指摘をいただきました。この件に関しまして、本アプリ運営より添付の通りご説明とお詫びをいたします。#Everfilter" (ツイート). Archived from the original on 2016年12月10日. 2016年12月10日閲覧Twitterより. 
  218. ^ EverFilter. "現在Everfilterサービスには、著作権問題となるコンテンツは含まれておりませんが、皆様に多大なご迷惑をおかけしたお詫びと反省を表し、App Store及びGoogle PlayでのEverfilterの配信一時停止を決定致しました。#Everfilter" (ツイート). Archived from the original on 2016年12月10日. 2016年12月10日閲覧Twitterより. 
  219. ^ 安藤健二 (2016年12月7日). “『君の名は。』無断使用したアプリが配信停止 「著作権の認識、甘かった」と謝罪【Everfilter】”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/07/everfilter-yourname_n_13477042.html 2016年12月10日閲覧。 
  220. ^ “「シン・ゴジラ」「君の名は。」が文化庁メディア芸術祭の大賞に輝く”. 映画ナタリー. (2017年3月16日). http://natalie.mu/eiga/news/224886 2017年3月16日閲覧。 
  221. ^ “第61回「映画の日」中央大会金賞は「君の名は。」「スター・ウォーズ フォースの覚醒」”. 映画.com. (2016年12月2日). http://eiga.com/news/20161202/7/ 2016年12月2日閲覧。 
  222. ^ “第40回日本アカデミー賞優秀賞の最多受賞は「怒り」、「シン・ゴジラ」「64」が続く”. 映画ナタリー. (2017年1月16日). http://natalie.mu/eiga/news/216979 2017年1月16日閲覧。 
  223. ^ “新海誠&RAD野田、"小さな秘密基地"からの『君の名は。』- 受賞スピーチ全文”. マイナビニュース. (2017年3月4日). http://news.mynavi.jp/news/2017/03/04/115/ 2017年3月5日閲覧。 
  224. ^ “ブルーリボン賞ノミネート決定「湯を沸かすほどの熱い愛」が5部門5ノミネート”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年1月4日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170103-OHT1T50198.html 2017年1月4日閲覧。 
  225. ^ 『シン・ゴジラ』作品賞!『君の名は。』特別賞!第59回ブルーリボン賞決定シネマトゥデイ(2017年1月26日), 2017年1月26日閲覧。
  226. ^ “心に迫る一本 日本映画大賞・日本映画優秀賞候補作”. 毎日新聞. (2016年12月16日). http://mainichi.jp/articles/20161216/dde/010/200/040000c 2016年12月19日閲覧。 
  227. ^ “報知映画賞で「湯を沸かすほどの熱い愛」が4冠、「君の名は。」が特別賞に”. 映画ナタリー. (2016年11月29日). http://natalie.mu/eiga/news/211144 2016年11月29日閲覧。 
  228. ^ “日刊スポーツ映画大賞「64-ロクヨン-」が作品賞に、新海誠や宮沢りえも受賞”. 映画ナタリー. (2016年12月6日). http://natalie.mu/eiga/news/212136 2017年1月4日閲覧。 
  229. ^ “「第26回東京スポーツ大賞」ノミネート決定 2・26授賞式”. (2017年1月5日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/636224/ 2017年1月20日閲覧。 
  230. ^ “山路ふみ子映画賞発表 文化賞に「君の名は。」の新海誠監督”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年10月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161017-OHT1T50090.html 2016年10月17日閲覧。 
  231. ^ ノミネート作品決定と公開選考会開催のお知らせ第19回シナリオ作家協会「菊島隆三賞」2016/12/12
  232. ^ “2016年度「新藤兼人賞」、『湯を沸かすほどの熱い愛』中野量太監督が金賞に”. Real Sound. (2016年11月14日). http://realsound.jp/movie/2016/11/post-3213.html 2016年11月14日閲覧。 
  233. ^ “2017年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. (2017年1月19日). http://www.producer.or.jp/elandor/view/310 2017年1月20日閲覧。 
  234. ^ “神木隆之介、『君の名は。』映画Pに誓う「またご一緒できるよう精進します」”. ORICON NEWS. (2017年3月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2086797/full/ 2017年3月16日閲覧。 
  235. ^ “君の名は。:新海監督が藤本賞受賞 「シン・ゴジラ」「この世界の片隅に」が特別賞”. MANTANWEB(まんたんウェブ). (2017年4月20日). https://mantan-web.jp/2017/04/20/20170420dog00m200030000c.html 2017年4月21日閲覧。 
  236. ^ “第26回受賞作品”. 日本映画批評家大賞 公式サイト. (2017年4月11日). http://jmcao.org/ 2017年4月22日閲覧。 
  237. ^ “TAAF2017アニメ オブ ザ イヤー部門グランプリは『映画『聲の形』』と『ユーリ!!! on ICE』に決定!”. TAAF2017. (2017年2月22日). http://animefestival.jp/ja/post/5967/ 2017年4月22日閲覧。 
  238. ^ “新海誠、高畑充希、妻夫木聡、ゴジラがARIGATO賞に輝く”. 映画ナタリー. (2016年10月22日). http://natalie.mu/eiga/news/206439 2016年10月23日閲覧。 
  239. ^ “「君の名は。」「シン・ゴジラ」が日本レコード大賞特別賞を受賞”. 映画ナタリー. (2016年11月18日). http://natalie.mu/eiga/news/209812 2016年11月18日閲覧。 
  240. ^ “キネマ旬報ベスト・テン、読者選出賞でも「この世界の片隅に」「ハドソン川」が1位”. 映画ナタリー. (2017年2月2日). http://natalie.mu/eiga/news/219195 2017年2月2日閲覧。 
  241. ^ “ヨコハマ映画祭の2016年日本映画ベストテンが決定”. ヨコハマ経済新聞. (2016年12月3日). http://www.hamakei.com/photoflash/3123/ 2016年12月3日閲覧。 
  242. ^ “FILMARKS AWARDS 2016発表!”. FILMARKS. (2017年1月17日). https://filmarks.com/topics/article/001640.php 2017年1月20日閲覧。 
  243. ^ “「ぴあ映画生活ユーザー大賞2016」結果発表!”. ぴあ映画生活. (2017年1月11日). http://cinema.pia.co.jp/award2016/ 2017年1月26日閲覧。 
  244. ^ “新海誠がSUGOI JAPAN贈賞式に登場、細田守からの影響明かす”. 映画ナタリー. (2017年3月16日). http://natalie.mu/eiga/news/224909 2017年3月16日閲覧。 
  245. ^ “【速報】VFX-JAPANアワード2017最優秀賞発表”. vfx-japan. (2017年3月10日). https://vfx-japan.jp/award2017result/ 2017年3月12日閲覧。 
  246. ^ “『君の名は。』『シン・ゴジラ』流行語大賞候補に”. シネマトゥデイ. (2016年11月17日). https://www.cinematoday.jp/page/N0087638 2016年12月5日閲覧。 
  247. ^ “横綱は「リオ五輪快進撃」と「ポケモンGO」 SMBCヒット商品番付 目立った地方の話題”. 産経ニュース. (2016年11月30日). http://www.sankei.com/life/news/161130/lif1611300046-n1.html 2017年1月4日閲覧。 
  248. ^ “横綱は『君の名は。』と『ポケモンGO』、嵐は大関”. 日本経済新聞. (2016年12月7日). http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ05IAJ_W6A201C1EA1000 2016年12月7日閲覧。 
  249. ^ “横綱は『君の名は。』と『ポケモンGO』、嵐は大関”. NIKKEI STYLE. (2016年12月5日). http://style.nikkei.com/article/DGXMZO10156850R01C16A2000000 2016年12月5日閲覧。 
  250. ^ “新海誠監督 “ポスト宮崎駿”の声に「過大評価」 違う方向性の表現追求”. ORICON STYLE. (2016年11月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2081327/full/ 2016年11月13日閲覧。 
  251. ^ “2016年のAMDアワード、優秀賞に「ガリガリ君」「君の名は。」「ユーリ!!! on ICE」など12作品”. INTERNET Watch. (2017年3月2日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1047161.html 2017年3月5日閲覧。 
  252. ^ “今年の「ベストチーム」最優秀賞にポケモンGO 『君の名は。』&体操男子団体も”. ORICON STYLE. (2016年11月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2081508/full/ 2016年11月18日閲覧。 
  253. ^ “ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017、大賞に弭間友子さん”. NIKKEI STYLE. (2016年12月2日). http://style.nikkei.com/article/DGXLZO10189020R01C16A2CR8000 2016年12月2日閲覧。 
  254. ^ “「君の名は。」舞台モデル、飛騨市に特別賞 ロケ地大賞”. 岐阜新聞web. (2017年2月23日). http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170223/201702230807_29066.shtml 2017年2月23日閲覧。 
  255. ^ “宇多田・RADWIMPS・[Alexandros]ら『CDショップ大賞』入賞”. ORICON NEWS. (2017年2月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2086000/full/ 2017年4月22日閲覧。 
  256. ^ “「君の名は。」新海監督、次回作へ「考え始めないといけない時期」”. デイリースポーツ. (2016年12月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/07/0009731005.shtml 2016年12月7日閲覧。 
  257. ^ “YouTube注目動画、年間ランキング発表 「PPAP」「君の名は。」が首位”. ORICON NEWS. (2016年12月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2083350/full/ 2017年1月21日閲覧。 
  258. ^ “「第11回 声優アワード」受賞者の先行発表第2弾! 『君の名は。』がシナジー賞に、『ペット』キャスト一同がキッズファミリー賞に決定”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年3月15日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1489543991 2017年3月15日閲覧。 
  259. ^ “「カバネリ」&「君の名は。」が1位を獲得! ニュータイプアニメアワード最終結果”. WebNewtype. (2016年10月9日). https://webnewtype.com/news/article/89009/ 2016年10月17日閲覧。 
  260. ^ “第1回アニものづくりアワード表彰者”. アニものづくりAWARD. https://animono.jp/ 2017年7月4日閲覧。 
  261. ^ “【第40回日本アカデミー賞】最優秀脚本賞は「君の名は。」新海誠監督!アニメ映画で史上初の快挙”. 映画.com. (2017年3月3日). http://eiga.com/news/20170303/33/ 2017年3月5日閲覧。 
  262. ^ “アニー賞『君の名は。』作品賞&監督賞にノミネート!ジブリ新作も5部門”. シネマトゥデイ. (2016年11月29日). https://www.cinematoday.jp/page/N0087873 2016年11月29日閲覧。 
  263. ^ “「君の名は。」中国とタイで日本映画歴代興収新記録!”. スポーツ報知. (2016年12月19日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161219-OHT1T50089.html 2017年1月8日閲覧。 
  264. ^ “「君の名は。」がシッチェス映画祭アニメ部門で最優秀長編作品賞を受賞”. 映画ナタリー. (2016年10月16日). http://natalie.mu/eiga/news/205628 2016年11月29日閲覧。 
  265. ^ a b “世界が認めた!『君の名は。』シッチェス映画祭で最優秀長編作品賞受賞!”. Tstyle news. (2016年10月17日). http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/31483958/ 2017年1月8日閲覧。 
  266. ^ “「君の名は。」ベルギーのアニメーション映画祭で観客賞 「バケモノの子」に続き2年連続日本から”. アニメーションビジネス・ジャーナル. (2017年3月6日). http://animationbusiness.info/archives/2426 2017年4月22日閲覧。 
  267. ^ “『君の名は。』韓国・プチョン映画祭で初の“ダブル受賞”達成”. ORICON STYLE. (2016年10月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2080518/full/ 2016年10月26日閲覧。 
  268. ^ “「君の名は。」中国とタイで日本映画・歴代興収の新記録を樹立!”. 映画.com. (2016年12月19日). http://eiga.com/news/20161219/23/ 2017年1月8日閲覧。 
  269. ^ “「君の名は。」ロサンゼルス映画批評家協会賞でアニメ賞受賞”. スポニチアネックス. (2016年12月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/05/kiji/K20161205013852300.html 2016年12月5日閲覧。 
  270. ^ “Women Film Critics Circle Nominations: “Hidden Figures,” “13th,” & More”. Women and Hollywood. (2016年12月15日). https://blog.womenandhollywood.com/a62fcaa87784 2016年12月19日閲覧。 
  271. ^ “「お嬢さん」AFA6部門ノミネート、深田晃司、浅野忠信、黒木華、前田敦子も選出”. 映画ナタリー. (2017年1月12日). http://natalie.mu/eiga/news/216548 2017年2月2日閲覧。 
  272. ^ “イタリア CARTOON ON THE BAY 2017にて3部門受賞!”. cwfilms. (2017年4月12日). http://www.cwfilms.jp/news/20170411/ 2017年4月22日閲覧。 
  273. ^ “Japan Expo AwardsのDaruma賞受賞作品”. Japan Expo. (2017年3月6日). http://www.japan-expo-france.jp/jp/actualites/japan-expo-awardsdaruma_104758.htm 2017年4月22日閲覧。 
  274. ^ “君の名は。も選出!英BBCが選ぶ2016年ベスト映画トップ10”. シネマトゥデイ. (2016年12月26日). https://www.cinematoday.jp/page/N0088588 2017年1月8日閲覧。 
  275. ^ “『君の名は。』アカデミー賞ノミネート逃す…スタジオジブリ『レッドタートル』が選出”. CinemaCafe. (2017年1月25日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/01/24/46552.html 2017年1月25日閲覧。 
  276. ^ “『君の名は。』原作小説がミリオン達成 関連作品もセールス好調”. ORICON STYLE. (2016年10月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2080211/full/ 2016年10月20日閲覧。 
  277. ^ 小説版「君の名は。」世界22ヵ国にて刊行決定 全世界シリーズ累計320万部突破 アニメ!アニメ!, 2016年12月27日閲覧
  278. ^ “新海誠監督の劇場アニメ「君の名は。」琴音らんまるによるコミカライズ版1巻”. コミックナタリー. (2016年8月23日). http://natalie.mu/comic/news/199160 2016年8月24日閲覧。 
  279. ^ “「君の名は。」小説版のコミカライズが始動、映画で語られなかった物語”. コミックナタリー. (2017年7月25日). http://natalie.mu/comic/news/242206 2017年7月26日閲覧。 
  280. ^ “「君の名は。」BD/DVD化、RADWIMPSが音楽制作語る特典映像も”. 音楽ナタリー. (2017年5月10日). http://natalie.mu/music/news/231881 2017年8月25日閲覧。 
  281. ^ “【オリコン】『君の名は。』映像合算63.8万枚のヒット 邦画アニメBD初のTOP3独占”. ORICON NEWS. (2017年8月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2095030/full/ 2017年8月25日閲覧。 
  282. ^ “【オリコン】『君の名は。』アニメBD初の2週連続3作同時TOP10 DVDはV2”. ORICON NEWS. (2017年8月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2095386/full/ 2017年8月25日閲覧。 
  283. ^ “【オリコン】『君の名は。』BD作品初、3週連続で3作同時TOP10”. ORICON NEWS. (2017年8月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2095685/full/ 2017年8月25日閲覧。 
  284. ^ “【オリコン】『君の名は。』DVD、ポニョ以来8年ぶり4週連続1位 アニメ映画好調続く”. ORICON NEWS. (2017年8月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2096032/full/ 2017年8月25日閲覧。 
  285. ^ “『君の名は。』15年ぶり記録更新!TSUTAYA初月レンタル邦画歴代1位”. シネマトゥデイ. (2017年9月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0094244 2017年10月18日閲覧。 
  286. ^ “『君の名は。』V10!矢口史靖監督新作が2位に浮上”. シネマトゥデイ. (2017年10月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0094968 2017年10月6日閲覧。 
  287. ^ “「君の名は。」WOWOWでテレビ初放送、新海誠の過去作や特別番組も”. 映画ナタリー. (2017年9月16日). http://natalie.mu/eiga/news/248990 2017年12月8日閲覧。 
  288. ^ “「君の名は。」1月3日に地上波初放送、新海誠が「リアルタイム感を楽しんで」”. 映画ナタリー. (2017年12月7日). http://natalie.mu/eiga/news/259900 2017年12月8日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]