モアナと伝説の海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モアナと伝説の海
Moana
監督 ロン・クレメンツ
ジョン・マスカー
脚本 ロン・クレメンツ
ジョン・マスカー
タイカ・ワイティティ
ジャレド・ブッシュ
製作 オスナット・シューラー
製作総指揮 ジョン・ラセター
出演者 アウリイ・クラヴァーリョ
ドウェイン・ジョンソン
アラン・テュディック
音楽 オペタイア・フォアイ
マーク・マンシーナ
リン=マニュエル・ミランダ
編集 ジェフ・ドラヘイム
制作会社 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年11月23日
日本の旗 2017年3月10日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

モアナと伝説の海』(モアナとでんせつのうみ、原題: Moana)は、2016年11月23日にアメリカ合衆国にて公開の3Dコンピュータアニメーションによるスペクタクル・アドベンチャー映画。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが制作する56作目の映画である。日本では2017年3月10日に公開された。

同時上映は『インナー・ワーキング』。キャッチコピーは「海に選ばれた16才の少女――彼女の名は、モアナ。」。

あらすじ[編集]

モトゥヌイ島の伝承の一つに、このようなものがあった――女神テ・フィティの「心」には命を創り出す力があり、海しかなかったこの世界に島、植物、動物を誕生させた。同時にその心はあらゆる悪党の標的となる。ある時、変身自在の半神マウイは島として鎮座するテ・フィティから心を盗み出すが、逃げる最中に同じく「心」を求める溶岩の巨大な悪魔テ・カァの襲撃を受け、マウイはテ・フィティの心を海の奥底へ落としてしまう。テ・フィティの心がなくなったことで世界は闇に包まれ始める。しかし、世界が闇に覆われ尽くす前に、海に選ばれし者が現れ、珊瑚礁を超えてテ・フィティの元へ心を返しに行く――。

この話を聞いたモトゥヌイの村長(むらおさ)の娘モアナは、幼い頃から珊瑚礁の向こうの海に関心を抱いていた。しかし村には「珊瑚礁を超えてはいけない」という掟があり、父のトゥイも「生活に必要なものは全てこの島が与えてくれる」としてこれを固く禁じ、将来村長となる娘には島のことだけを気にかけて欲しいと願っていた。幼いモアナは砂浜で意思があるかのように振る舞う波と、緑色の石を目にするが、成長するにつれてそのことは忘れ、次第に将来の村長としての自覚も大きくなる。それでも、海への関心は抑えられずにいた。

ある時、島の近海から魚が消え、作物も穫れなくなってしまう。モアナは珊瑚礁を超えて魚を獲りに行くことを提案するが、トゥイに猛反対される。その様子を見た祖母タラは、モアナを閉ざされた洞窟へ連れて行く。そこには漁に使うより大きな船がいくつも置かれており、モアナは先祖が海を渡り島を次々と開拓してきたことを知る。タラは幼いモアナの前に現れた波と緑色の石を見ており、モアナこそが「海に選ばれし者」であると告げた。その直後、タラは病に倒れる。死に際、モアナに緑色の石を手渡し、それがテ・フィティの心であると明かす。そして、珊瑚礁を超え、マウイを探し出し、彼と共にテ・フィティへ心を返しに行くよう伝える。決心したモアナはタラの言う通り、掟を破って洞窟の船で珊瑚礁の向こうの海へ繰り出すも、初めての航海では嵐の前に為す術もなく、無人島へ漂着する。

その島には心を盗んで以来幽閉されていたマウイがいたが、彼は自らの行いについて「感謝されるべきだ」と言い張り、一緒にテ・フィティの元へ行くというモアナの頼みを聞こうとしない。マウイは幽閉されるまで、人間のために島を引き揚げたり、昼間を伸ばしたり、火を人間に与えたりと多くのことをしてきており、そうした彼の偉業や過去はタトゥーとして彼の体に現れているのだと語る。再び人々の英雄となるためマウイはモアナを洞穴に閉じ込め、モアナの船で島を出ようとするが、洞穴から脱出したモアナと「海」の説得により共に航海を始める。ただし、テ・フィティの元へ行くのはマウイがマウイたる所以――テ・カァから逃げる際にテ・フィティの心とともになくした、姿を自在に変える能力を持つ武器「神の釣り針」を、巨大なカニのタマトアから取り返した後に、という条件を付けて。

2人がタマトアの元へ向う途中、テ・フィティの心を狙うココナッツの海賊カカモラの一団が襲撃してくるも、マウイの帆捌きとモアナの機転によりこれを撃退。二人はタマトアの元へ辿り着き、マウイは釣り針を取り返すも、うまく変身できない。タマトアに捕まってしまったマウイを、モアナは光るを塗った石を囮にすることで助け出す。そのまま間欠泉で逃げ出し、二人は神の釣り針を取り返すことに成功する。

変身できないことで自信をなくしているマウイに、モアナはどうして自分を信じられないのか尋ねる。すると、彼の持つ「海に捨てられる赤子」のタトゥーについて語り始める――自分は生まれた直後に捨てられた子であり、神に釣り針を与えられてのち、半神マウイとして人間を助け続けてきたのは、感謝されることで自分にも価値があると信じたかったためであると。「心」を盗んだのも、彼と違い命の限られた人間たちに頼まれてのことであったと。そして、釣り針を扱えなくなってしまったら自分には価値はないのではないかと。しかしモアナは、彼が神に選ばれたのは理由があるはずであるし、彼が英雄と呼ばれたのは彼自身の勇気と自己犠牲のためだ、とマウイを励ます。その後、モアナに感謝し、彼女を信用したマウイは彼女に航海術を教えるようになり、またマウイは変身の特訓を始める。

テ・フィティの島が近づいた時、2人の前にテ・カァが立ちはだかる。一度はこれに挑んだ二人だが、モアナの作戦の失敗で、テ・カァの攻撃を受け釣り針にヒビが入ってしまう。これにマウイは怒り、再びテ・カァに挑もうとするモアナの元を、釣り針を破壊され、マウイとしての力、ひいては人間からの感謝を永遠に失うことを恐れて去る。

自信を失ったモアナは海にテ・フィティの心を沈め、モトゥヌイへ帰ろうとする。すると、モアナの前にエイに生まれ変わったタラが現れ、モアナに自分を見つめ直すよう諭す。自分の海に対する愛情は、海に選ばれたから生まれたのではなく、海を渡っていた先祖から受け継がれてきた心の声だということにモアナは気づく。モアナは再びテ・フィティの心を返すことを決意し、単身テ・カァに立ち向かう。海に入れないという弱点をついて、教わった航海術で立ちはだかるテ・カァをかいくぐる。そうして、内なる声に従ったモアナの元へマウイも戻り、釣り針を犠牲にしながらもテ・カァの追撃からモアナを助ける。ついにモアナはテ・フィティの島に至るも、その島は環礁のようになっており、テ・フィティが鎮座するはずの場所には海が広がるのみ。モアナは、テ・カァこそが心をなくしたテ・フィティの怒り猛っている姿だと気づくと、彼女に自分を見つめ直すよう説き、テ・カァの胸に「心」を嵌め込む。

心を取り戻したテ・カァはテ・フィティの姿へと戻り、世界には緑と平和が戻ってゆく。マウイはテ・フィティに「心」を盗んだことを謝罪し、新たな釣り針を与えてもらう。マウイには新たに「海に選ばれし少女」のタトゥーが現れる。

モアナはマウイに優れた航海士が必要と言って村に来ないか聞くものの、マウイはすでにモアナがいるから必要ない、と断る。モアナは一人で生きる道を選んだマウイと別れ、モトゥヌイへと戻る。家族や村人との再会を果たしたモアナは、村長になるのではなく、先祖がしてきたように海を渡り島を開拓していくことを決意したのだった。

エンドロール後、タマトアが間欠泉によりひっくり返ったまま身動きが取れずにいるところでラストとなる。

登場キャラクター[編集]

主要人物[編集]

モアナ・ワイアリキ(Moana Waialiki)
この物語の主人公である16才の少女。モトゥヌイの村長の娘で、いずれ父親の跡を継ぐことが期待されている。盗まれたテ・フィティの「心」を返す者として海に選ばれ、戸惑いながらも愛する村人を救うため航海に出る。その途中、テ・フィティの心を盗んだ張本人であるマウイと出会い、共に航海をすることになる。
マウイ(Maui)
風と海を司る半神半人で、神に与えられた「神の釣り針」を使ってどんな生き物にも姿を変えられる変身の達人。体中にタトゥーが刻み込まれており、彼の偉業や過去を表す。その中の一つに「ミニ・マウイ」と呼ばれる人格を持ったマウイの分身があり、これは彼の本心に従って動く。かつては偉大な英雄だったが、テ・フィティの心を盗んだことがきっかけで釣り針を失い無人島に幽閉される。その島に漂着したモアナと共に航海をすることになる。

モトゥヌイの村人[編集]

トゥイ・ワイアリキ(Tui Waialiki)
モアナの父親で、モトゥヌイの村長。珊瑚礁を越えようとして波に飲み込まれ親友を失った過去があることから、「珊瑚礁を超えてはいけない」という掟を頑なに守っている。娘であるモアナを、実は誰よりも心配している。
シーナ・ワイアリキ(Sina Waialiki)
モアナの母親。愛情と思いやりに溢れた芯の強い女性。娘のモアナを心配しつつ、航海に出たいモアナの気持ちを尊重し、そっと送り出す。
タラ(Tala)
モアナの祖母で、トゥイの母。不思議な言動が多い変わり者だが、モアナの良き相談相手。島の伝説に詳しく、それを子供達に語り伝えているが、ある日病に倒れ、海に選ばれたモアナを航海に出るように伝える。背中にはエイのタトゥーが刻み込まれており、亡き後はエイに生まれ変わる。
ヘイヘイ(Heihei)
モトゥヌイに住むニワトリ。とてつもなく頭が悪く、前にしか進めず、目の前にあるものを何んでも飲み込んでしまう癖がある。モアナの知らないうちに舟に乗っていたことから、共に航海をすることになる。
プア(Pua)
モトゥヌイに住む子。モアナと共に航海に出ようとするも波に飲み込まれてしまい、命辛々モトゥヌイに逃げ帰る。以来、海を怖がるようになり、航海に出たモアナの帰りを待つ。

その他[編集]

テ・フィティ/テ・カァ(Te Fiti/Te Ka)
海しかなかったこの世界に島、植物、動物を誕生させた命の女神。緑の植物に覆われた巨大な島として普段は鎮座しており、女神に姿を変えることができる。マウイにより「心」を奪われ、溶岩の悪魔テ・カァとなり、我を忘れて世界に闇を広げてゆく。
カカモラ(Kakamora)
モアナとマウイが航海の途中に出会う、ココナッツの海賊。海の漂流物で覆われた舟で暮らし、宝探しに明け暮れている。モアナが持つテ・フィティの心を狙う。
タマトア(Tamatoa)
海底にある魔物の国「ラロタイ」で暮らす、体長15.2mの巨大なヤシガニ。光輝くものを集め自分を飾り立て、それを自慢したのちに獲物を食べるのが趣味で、かつてマウイがなくした釣り針を持つ。また以前マウイに足の一本を奪われており、彼とは仲が悪い。

声の出演[編集]

キャラクター 英語版声優 日本語版声優
モアナ・ワイアリキ アウリイ・クラヴァーリョ[1] 屋比久知奈[2]
ベビー・モアナ ルイーズ・ブッシュ  竹野谷咲
マウイ ドウェイン・ジョンソン 尾上松也[3]
トゥイ・ワイアリキ テムエラ・モリソン、歌:クリストファー・ジャクソン 安崎求
シナ・ワイアリキ ニコール・シャージンガー 中村千絵
タラ レイチェル・ハウス 夏木マリ[3]
タマトア ジェマイン・クレメント ROLLY
ヘイヘイ アラン・テュディック[4] 多田野曜平

制作[編集]

プリンセスと魔法のキス』の制作後、ロン・クレメンツジョン・マスカーテリー・プラチェットの小説『ディスクワールド英語版』シリーズの第4作『死神の館英語版』の翻案に取り組み始めた[5]、しかし権利関係に問題が生じ計画の進行は停止することになった[6]。同様の問題を回避するため、3つの新しい案を売り込み、2011年から独自の構想による映画の制作が開始された[6]。2012年、二人はフィジーサモアタヒチへの取材旅行に赴き、南太平洋の人々と会いその文化を学んだ[7]

モアナは、二人にとってコンピュータアニメーションを主軸とした初めての映画である[7][8]。コンピュータアニメーションを使用する理由の一つとして、海洋を含む環境の表現に従来の2D映画の技法を用いるよりもより有効であった点がある[9]。また、南太平洋の人種の彫りの深い顔を表現するにあたっても、有用であった[10]

半神マウイの入墨は、セルアニメの手法で表現されている[11]

台本は、タイカ・ワイティティ英語版によって書かれた[12]エリック・ゴールドバーグ英語版が動画を制作した[13][14]。音楽は、オペタイア・フォアッイ(ポリネシアンミュージックグループテ・ヴァカ英語版のメンバー)、マーク・マンシーナリン=マニュエル・ミランダ英語版が作曲した[15]

当初、フィフス・ハーモニーのメンバーであるダイナ・ジェーンがモアナ役として有望視されていた[16]。しかし、数百人の候補をオーディションで選考した後[7]、14歳のアウリイ・クラヴァーリョ(2000年11月22日生まれ)が起用されることが公表された(なお、彼女はハワイの先住民の血も引いている)[1][17]

2014年10月20日、ディズニーは公開日を2016年末と発表し[18]、3月に公開日が公表された8本の映画プロジェクトの内容から、公開日は11月23日となるであろうと示唆された[19]。11月10日には、公開日が11月23日と正式に発表された[20]

ヨーロッパのいくつかの国では「モアナ」は既に商標として使用されており、スペインではバイアナ(Vaiana)に変更された[21]。さらにイタリアではオセアニア(Oceania)に変更され、モアナの代わりに主役の名はヴァイアナ(Vaiana)となったが、これはイタリアのポルノ女優モアナ・ポッツィとの混同を避けるためである[22]

日本語題の「モアナと伝説の海」は2016年7月13日に発表され、同時に2017年3月10日に上映開始されることも発表された[23]。また、主演として新人の屋比久知奈が起用されることとなった。

興行成績[編集]

北米[編集]

2016年11月23日に3875館で封切られ、その80%が3Dでの上映となった。公開初日の興行収入は『アナと雪の女王』や『塔の上のラプンツェル』を超える1568万ドルを記録し、5日目時点の成績は『ズートピア』を超える結果となった。映画ランキングでは、公開以来3週連続首位(11月25日〜27日、12月2日〜4日、12月9日〜11日)となり話題を呼んだ。4週目以降も『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』や『SING/シング』などの話題作が続々と封切られる中で、2位(12月16〜18日)、6位(12月23日〜25日)、4位(12月31日〜1月1日)、8位(1月6〜8日)とトップ10に7週連続ランクインした。最終的に興行収入2億4821万8355ドルを記録し、2016年に公開されたアニメ映画の中で5番目のヒットとなった(実写を含めると11番目)。

日本[編集]

日本では一足遅れて2017年3月10日から公開され、3月11日~12日の土日2日間全国映画動員ランキングでは、初登場1位を獲得し、動員46万6480人、興行収入5億8948万5600円を記録した[24]。この記録は、前年大ヒットした『ズートピア』のオープニング成績を上回る結果となった。最終興行収入80億円突破が期待されている。2週目(3月18日〜19日)、初登場の『SING/シング』に首位を奪われ2位にランクダウン。3週目以降も、2位(3月25日~26日)、2位(4月1日〜2日)、2位(4月8日〜9日)、4位(4月15日〜16日)、6位(4月22日〜23日)と、トップ10に7週連続ランクインし続けている。

トリビア[編集]

  • モトゥヌイの島に、『アナと雪の女王』に登場するマシュマロウに類似した生き物が描かれたタパが登場する。
  • ベビー・モアナがテ・フィティの心を見つけるシーンで、海の泡がミッキーマウスの形をしている。
  • モトゥヌイの島で登場するタパに描かれた2人の人物は、本作で監督を務めたロン・クレメンツとジョン・マスカーに類似している。
  • モアナが航海に出るために荷物をまとめるシーンで、人参と2本の木の枝が登場する。これは、『アナと雪の女王』に登場する雪だるまのオラフを連想させる。
  • マウイが「俺のおかげさ」を歌うシーンで、『リトル・マーメイド』に登場する魚のフランダーが登場する。
  • カカモラの中に、『ベイマックス』に登場するベイマックスのデザインのカカモラが一瞬だけ登場する。
  • タマトアが住む魔物の国・ラロタイでモアナに襲いかかる紫のお面をかぶった魔物は、『ズートピア』に登場するナマケモノのフラッシュである。
  • タマトアの背中に、『アラジン』の魔法のランプが乗っている。
  • タマトアのシーンでマウイが一瞬だけ変身するトナカイは、『アナと雪の女王』に登場するスヴェンである。
  • エンドロールで、『シュガー・ラッシュ』の主人公・ラルフが描かれたタパが登場する。

サウンドトラック[編集]

モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック <日本語版>』の他に、歌詞が全て英語の『モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック <英語版>』が存在する。トラック41の「How Far I'll Go(エンドソング)」は、<日本語版>限定のボーナストラックである。

モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック <日本語版>
# タイトル アーティスト
1 タガロア神への祈り オリビア・フォアイ
2 無垢な勇者 ヴァイ・マヒナスラタ・フォアイ=アミアツマシュー・イネリオ
3 いるべき場所 安崎求、夏木マリ、中村千絵、屋比久知奈、竹野谷咲正垣那々花
4 どこまでも~How Far I’ll Go〜 屋比久知奈
5 もっと遠くへ 渕上祥人竹内浩明
6 どこまでも~How Far I’ll Go〜(リプライズ) 屋比久知奈
7 俺のおかげさ 尾上松也
8 シャイニー ROLLY
9 パーテー・ドラム・ダンス オリビア・フォアイ、オペタイア・フォアイタラガ・スティーヴ・セール
10 モアナ 夏木マリ、屋比久知奈
11 自分をみつめて 屋比久知奈
12 もっと遠くへ(フィナーレ) 渕上祥人、竹内浩明
13 どこまでも~How Far I’ll Go〜(エンドソング) 加藤ミリヤ
14 俺のおかげさ(ジョーダン・フィッシャー /リン=マニュエル・ミランダ バージョン) ジョーダン・フィッシャー feat. リン=マニュエル・ミランダ
15 プロローグ マーク・マンシーナ
16 お父さんもあなたと同じ マーク・マンシーナ
17 村の変わり者 マーク・マンシーナ
18 洞窟 マーク・マンシーナ
19 海に選ばれた者 マーク・マンシーナ
20 神の釣り針 マーク・マンシーナ
21 横たわるタラ マーク・マンシーナ
22 意地の張り合い マーク・マンシーナ
23 海賊、カカモラ マーク・マンシーナ
24 海を渡る者 マーク・マンシーナ
25 岩山を登る マーク・マンシーナ
26 タマトアのねぐら マーク・マンシーナ
27 大脱出 マーク・マンシーナ
28 もし俺が海でも マーク・マンシーナ
29 テ・カァを倒す マーク・マンシーナ
30 飛び去るマウイ マーク・マンシーナ
31 肩を落とすモアナ マーク・マンシーナ
32 タラとの再会 マーク・マンシーナ
33 テ・フィティへ向けて出帆 マーク・マンシーナ
34 光を放つ心 マーク・マンシーナ
35 復活したテ・フィティ マーク・マンシーナ
36 女神の手 マーク・マンシーナ
37 航海するタガロア神 マーク・マンシーナ
38 また会おう マーク・マンシーナ
39 島への道案内 マーク・マンシーナ
40 再び航海へ マーク・マンシーナ
41 How Far I'll Go(エンドソング) アレッシア・カーラ

受賞[編集]

映画賞 対象 結果
2017 第74回ゴールデングローブ賞[25] アニメ映画賞 モアナと伝説の海 ノミネート
歌曲賞 How Far I’ll Go ノミネート
第44回アニー賞[26] 作品賞 モアナと伝説の海 ノミネート
編集賞 ノミネート
視覚効果賞 Ian J. Coony, John M. Kosnik, Blair Pierpont, Erin V. Ramos and Marlon West 受賞
キャラクターデザイン賞 ノミネート
絵コンテ賞 ノミネート
ボイスキャスト賞 Auli'i Cravalho 受賞
第70回英国アカデミー賞[27] アニメ映画賞 モアナと伝説の海 ノミネート
第89回アカデミー賞 長編アニメーション映画賞 モアナと伝説の海 ノミネート
歌曲賞 How Far I’ll Go ノミネート
第28回全米製作者組合[28] アニメーション映画部門 未決定
第15回視覚効果協会[29] 未決定

関連書籍[編集]

  • モアナと伝説の海(ディズニーアニメ小説版) - 偕成社刊、3月4日発売、全214ページ。
  • モアナと伝説の海 ビジュアルガイド - KADOKAWA刊、3月16日発売、全96ページ。
  • 角川アニメ絵本 モアナと伝説の海 - KADOKAWA刊、3月16日発売、全96ページ。
  • ジ・アート・オブ モアナと伝説の海 - CLASSIX MEDIA刊、2月9日発売、全159ページ。
  • CD付 ディズニーの英語[コレクション16 モアナと伝説の海] - KADOKAWA刊、4月15日発売、全192ページ。
  • モアナと伝説の海(ディズニーゴールド絵本) - 講談社刊、3月4日発売、全18ページ。
  • Disney モアナと伝説の海 SPECIAL BOOK(バラエティ) - 宝島社刊、3月10日発売。
  • まるごとディズニーブックス モアナと伝説の海 - KADOKAWA刊、3月8日発売、全96ページ。
  • ディズニームービーブック モアナと伝説の海 - 講談社、3月8日発売、全176ページ。
  • モアナと伝説の海(ディズニーブックス)(新ディズニー名作コレクション(雑誌)) - 講談社刊、2月23日発売、全22ページ。
  • モアナと伝説の海(ディズニー プレミアム・コレクション) -  永岡書店刊、2月15日発売、全26ページ。
  • モアナと伝説の海(アニメランド) - 講談社刊、3月7日発売、全26ページ。

出典[編集]

  1. ^ a b Rice, Lynette (2015年10月7日). “Meet the Next Disney Princess – and Get a First Look at Her Movie, Moana!”. ピープル. http://www.people.com/article/disney-princess-moana-aulii-cravalho 2015年10月8日閲覧。 
  2. ^ “ディズニー新作「モアナと伝説の海」ヒロインの吹替版声優が発表”. 映画ナタリー. (2017年1月17日). http://natalie.mu/eiga/news/217146 2017年1月18日閲覧。 
  3. ^ a b “尾上松也と夏木マリ、ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」で吹替担当”. 映画ナタリー. (2017年1月12日). http://natalie.mu/eiga/news/216434 2017年1月12日閲覧。 
  4. ^ Alan Tudyk Confirms Voice Roles in ZOOTOPIA and MOANA”. Collider.com (2015年7月9日). 2015年10月9日閲覧。
  5. ^ Connelly, Brendon (2013年4月6日). “What Disney’s Film Of Terry Pratchett’s Mort Might Have Looked Like... And A Preview Of Things To Come”. Bleeding Cool. http://www.bleedingcool.com/2013/04/06/what-disneys-film-of-terry-pratchetts-mort-might-have-looked-like-and-a-preview-of-things-to-come/ 2014年10月20日閲覧。 
  6. ^ a b Miller, Bruce (2013年8月24日). “Sioux City native Ron Clements preps new film for Disney studio”. Sioux City Journal. http://siouxcityjournal.com/entertainment/movies/sioux-city-native-ron-clements-preps-new-film-for-disney/article_90931eff-4f52-5bfe-8fed-20b21ac104b7.html 2014年10月20日閲覧。 
  7. ^ a b c Deitchman, Beth (2016年春). “Finding Her Way: Directors John Musker and Ron Clements Have Charted A Course For Their New Film, Moana, Which Sails Into Theatres In November 2016”. Disney twenty-three (バーバンク: ウォルト・ディズニー・カンパニー) 8 (1): 32–33. ISSN 2162-5492. OCLC 698366817. 
  8. ^ Desowitz, Bill (2013年9月30日). “Immersed in Movies: John Musker Talks 'Little Mermaid' Going Blu and 'Moana'”. Animation Scoop. http://blogs.indiewire.com/animationscoop/john-musker-talks-little-mermaid-blu-ray-and-moana 2014年10月20日閲覧。 
  9. ^ Kanai, Maria (2015年10月13日). “5 Things You Should Know About Disney’s Moana Starring Auli‘i Cravalho and Dwayne "The Rock" Johnson”. ホノルル. http://www.honolulumagazine.com/Honolulu-Magazine/October-2015/5-Things-You-Should-Know-About-Disneys-New-Moana/ 2015年10月16日閲覧。 
  10. ^ Dell, Brad (2015年10月15日). “'Moana': a look into Disney's upcoming Polynesian voyage”. Ka Leo O Hawaii. http://www.kaleo.org/features/moana-a-look-into-disney-s-upcoming-polynesian-voyage/article_585eff1c-736e-11e5-83df-2f047746c6e7.html 2015年10月16日閲覧。 
  11. ^ Busch, Jenna. “D23: Interview with Moana’s Dwayne Johnson and the Filmmakers”. 2016年4月6日閲覧。
  12. ^ “Taika Waititi behind Disney script 'Moana'”. ニュージーランド・ヘラルド. (2014年10月21日). http://www.nzherald.co.nz/entertainment/news/article.cfm?c_id=1501119&objectid=11345855 2015年10月8日閲覧。 
  13. ^ Madison, Charles (2015年3月1日). “Concept art of Maui, Dwayne Johnson’s character in Disney’s Moana”. filmdivider.com. http://www.filmdivider.com/9120/concept-art-of-maui-dwayne-johnsons-character-in-disneys-moana/ 2015年10月8日閲覧。 
  14. ^ Siegemund-Broka, Austin (2015年6月16日). “Veteran Animator Eric Goldberg Joins USC Film School Faculty”. ハリウッド・リポーター. http://www.hollywoodreporter.com/news/veteran-animator-eric-goldberg-joins-802873 2015年10月8日閲覧。 
  15. ^ Breznican, Anthony (2015年8月14日). “Dwayne 'The Rock' Johnson makes surprise appearance for Disney's 'Moana': 'This is my heritage'”. エンターテインメント・ウィークリー. http://www.ew.com/article/2015/08/14/dwayne-rock-johnson-honors-his-heritage-disneys-moana 2015年10月8日閲覧。 
  16. ^ Roth, Madeline (2015年8月19日). “Did The Rock Just Hint At Dinah Jane Hansen’s Involvement In ‘Moana?’”. MTV. http://www.mtv.com/news/2246267/the-rock-dinah-jane-hansen-moana/ 2015年10月8日閲覧。 
  17. ^ “Meet the Voice of Disney’s New Princess, Moana”. comingsoon.net. (2015年10月7日). http://www.comingsoon.net/movies/news/620383-meet-the-voice-of-disneys-new-princess-moana 2015年10月8日閲覧。 
  18. ^ “Walt Disney Animation Studios Announces 2016 Release, Moana”. comingsoon.net. (2014年10月20日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=124209 2014年10月20日閲覧。 
  19. ^ “Disney Animation Unveils ‘Moana’ From ‘Little Mermaid’ Filmmakers For November 2016”. Deadline.com. (2014年10月20日). http://deadline.com/2014/10/disney-animation-moana-movie-little-mermaid-concept-art-photo-855739/ 2014年10月21日閲覧。 
  20. ^ Yamato, Jen (2014年11月10日). “Disney Dates 2016 Animated Pics ‘Zootopia’ & ‘Moana’”. Deadline.com. http://deadline.com/2014/11/disney-2016-zootopia-moana-1201280412/ 2014年11月10日閲覧。 
  21. ^ Ediciones El País (2015年10月11日). “La princesa Moana en España se llamará Vaiana (y otros problemas de branding)”. Verne. 2015年10月18日閲覧。
  22. ^ In Italia il nuovo film Disney si intitolerà "Oceania" e non "Moana"” (Italian). Il Post (2015年12月3日). 2015年12月6日閲覧。
  23. ^ ディズニーがアナとエルサの次に贈る新ヒロイン!『モアナと伝説の海』2017年3月10日(金)日本公開決定!
  24. ^ ディズニー『モアナと伝説の海』が1位!『ズートピア』超えのハイペース【映画週末興行成績】シネマトゥデイ(2017年3月14日 ), 2017年3月15日閲覧。
  25. ^ “ゴールデン・グローブ賞アニメ賞候補が発表 『君の名は。』入らず…日本勢はゼロ”. シネマトゥディ. http://www.cinematoday.jp/page/N0088197 2016年12月13日閲覧。 
  26. ^ “アニー賞『君の名は。』作品賞&監督賞にノミネート!ジブリ新作も5部門”. シネマトゥデイ. (2016年11月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087873 2016年11月30日閲覧。 
  27. ^ “英国アカデミー賞ノミネート発表「ラ・ラ・ランド」が最多11部門”. 映画.com. (2017年1月11日). http://eiga.com/news/20170111/11/ 2017年1月11日閲覧。 
  28. ^ “米製作者組合賞ノミネート発表 「デッドプール」も候補入り”. 映画.com. (2017年1月12日). http://eiga.com/news/20170112/7/ 2017年1月12日閲覧。 
  29. ^ “「ローグ・ワン」視覚効果協会賞で7部門ノミネート!”. 映画.com. (2017年1月12日). http://eiga.com/news/20170112/8/ 2017年1月12日閲覧。 

外部リンク[編集]