映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プリキュアシリーズ > キラキラ☆プリキュアアラモード > 映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!
映画 キラキラ☆プリキュアアラモード
パリッと!想い出のミルフィーユ!
監督 土田豊
脚本 村山功
原作 東堂いづみ
製作 映画キラキラ☆プリキュアアラモード製作委員会
出演者 美山加恋
福原遥
村中知
藤田咲
森なな子
水瀬いのり
かないみか
悠木碧
尾上松也
音楽 林ゆうき
主題歌 SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード
駒形友梨
「トレビアンサンブル!!」
駒形友梨&宮本佳那子
製作会社 東映アニメーション
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 2017年10月28日(予定)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 映画 プリキュアドリームスターズ!
映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!(シリーズ前作)
テンプレートを表示

映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』(えいが キラキラプリキュアアラモード パリッと!おもいでのミルフィーユ!)は、2017年10月28日公開予定の『キラキラ☆プリキュアアラモード』の劇場アニメ映画

キャッチコピーは「街(パリ)がスイーツになっちゃった!?重なり合うみんなの想いが、奇跡を起こす!」「天才パティシエ誕生のヒ・ミ・ツを大公開!」。

概要[編集]

プリキュアシリーズ」映画作品の第23弾であり、『キラキラ☆プリキュアアラモード』のレギュラー単独映画作品。2010年公開の『映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』以来となるフランスパリが物語の舞台となる[1][注 1]

本作品で初めて映画作品に登場するキラ星シエル(キラリン / キュアパルフェ)を、彼女のパリでの修業時代を含める形で物語の中心に据え、彼女の師匠であるジャン=ピエール・ジルベルスタインとの物語を繰り広げる。今回シエルを中心にした事について、プロデューサーの内藤圭祐は、前年の『映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!』がパートナー妖精であるモフルンをフィーチャーしたことによって、その盛り上がりが内藤が手がけた『魔法つかいプリキュア!』テレビ本編にも跳ね返ってきたという感触を感じ、そう言ったことを踏まえて、今回はテレビ本編のキャラクターでドラマを作りたいという企画となり、その中で追加プリキュアであるシエルのキャラクターを掘り下げる意味でも、彼女のパリでの修業時代を取り上げれば面白いのでは、と考えたという[2]

前年に引き続きコンテスト企画を実施、今回は2017年3月公開の『映画 プリキュアドリームスターズ!』本編上映終了後の特報において、本作劇中で登場するアニマルスイーツのデザインコンテストの募集を告知し、グランプリ作品が劇中で使われる。また、本作のゲスト声優として、ジャン=ピエール役に歌舞伎俳優の2代目尾上松也が起用されている。尾上は起用に驚くとともに、大のスイーツ好きであるため「スイーツがつくられる過程などが映画の中で垣間見えるのも、とても興味深かった」、ジャン=ピエールについては「スイーツと真正面から向き合っていて、スイーツを極めることに人生をかけている非常に熱い男。男として好きなことにひたむきに情熱を傾けるところに共感した」と語っている[3]。パティシエのおばけ・クック役にはシリーズ初出演となる声優の悠木碧が担当、キュアショコラに一目惚れして作品のファンとなった悠木は「テレビの前では童心に返って応援していましたが、マイクの前では大人の気持ちで向き合わねば、と身が引き締まりました」、クックについては「甘くてキュートだけど、ボンボン菓子のようにひと味では終わらないキャラクター」と語っている[4]。この他、前作『魔法つかいプリキュア!』の3人のプリキュアとモフルンがカメオ出演という形で登場、キュアホイップ達と共闘する展開が盛り込まれる。秋のシリーズ映画で過去作のプリキュア達が登場するのは初のことになる[5][6][注 2]

前年までから引き続く形で、CG短編作品『Petit☆ドリームスターズ!レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!』が同時上映される事になっている。

映画では恒例となっているミラクルライトによる鑑賞者参加型システムは継続され、今回は「ミラクル☆キラキラルライト」が中学生以下の子供に配布される。合わせてシールをはがすと別の絵が登場する「ペリッと!トレビアン☆シール絵はがき」も全国30万枚配布される。また、前売券では限定グッズとして映画に登場する「メモワールミルフィーユ」と短編映画に登場する「キラリンクッキー」いずれかのアニマルスイーツ2種のうちいずれか一つを各8万個特典としてプレゼントしている。

ストーリー[編集]

フランスで開催される世界パティシエコンテストに出場するためパリにやってきたいちかたちキラキラパティスリーの面々。しかし、突然シエルの調子が悪くなり、スイーツ作りもプリキュアへの変身もままならない状態となっていた。

そんな時、コンテスト前夜祭のパーティー会場でシエルのパリ時代の師匠だったジャン=ピエール・ジルベルスタインと、彼に付いている妖精に似た女の子クックに出会う。シエルとジャン=ピエールは久しぶりに再会するが、「頼れるのは自分の力のみ」という信念を持つジャン=ピエールは、キラパティの仲間たちと仲良くスイーツ作りをするシエルの姿に落胆する。かつての師匠からそのように言われたことでシエルは落ち込むが、いちかはシエルを元気づけるため、昔シエルがジャン=ピエールに作ってもらったことがあるという、ミルフィーユをコンテストで作れば、と提案する。

一方、パーティー会場にはスイーツを頬張るみらいたち魔法つかいプリキュアの3人とモフルンもいた。みらいたちは水晶のお告げにあった「降りかかる災い」から街を守るため、パリにやってきたのだという。

いちかやシエル達がミルフィーユをいざ作ろうとしようとした最中、パリの街中では次々とパティシエを襲う謎の巨大スイーツが出現、さらにパリの街並みも本物のスイーツに変えられてしまう事態が発生する。混乱する街を救うため、魔法つかいプリキュアの協力を得ながらキラキラ☆プリキュアアラモードの6人は敵と戦う事になる。

登場人物[編集]

本編からの登場人物[編集]

宇佐美 いちか(うさみ いちか) / キュアホイップ
- 美山加恋
有栖川 ひまり(ありすがわ ひまり) / キュアカスタード
声 - 福原遥
立神 あおい(たてがみ あおい) / キュアジェラート
声 - 村中知
琴爪 ゆかり(ことづめ ゆかり) / キュアマカロン
声 - 藤田咲
剣城 あきら(けんじょう あきら) / キュアショコラ
声 - 森なな子
キラ星 シエル(キラほし シエル) / キラリン / キュアパルフェ
声 - 水瀬いのり
ペコリン
声 - かないみか
長老
声 - 水島裕
ピカリオ
声 - 皆川純子

本作品のオリジナルキャラクター[編集]

ジャン=ピエール・ジルベルスタイン
声 - 尾上松也[3]
シエル(キラリン)がパリで修行していたころの師匠だったパティシエ。スイーツに対しては情熱的だが、個性的な性格で変わった一面を持つ。
クック
声 - 悠木碧
ジャン=ピエールと一緒にいるフランス人形のような少女。

本作品の敵[編集]

その他のキャラクター[編集]

朝日奈 みらい(あさひな みらい) / キュアミラクル
声 - 高橋李依
前作『魔法つかいプリキュア!』の主人公。水晶の御告げにあった「災い」から街を守るためにパリにやってきた。
十六夜 リコ(いざよい リコ) / キュアマジカル
声 - 堀江由衣
花海 ことは(はなみ ことは) / キュアフェリーチェ
声 - 早見沙織
モフルン
声 - 齋藤彩夏
前作『魔法つかいプリキュア!』に登場するキュアミラクルたちのパートナー妖精。

作品用語[編集]

ミラクルキラキラルライト
本作のミラクルライト。先端に翼を添えたハート型の蛍光部が付いているが、その蛍光部は、表にはウサギリスネコ、裏にはライオンイヌペガサスといった、プリキュア6名を象徴する動物の顔が描かれている。

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

Petit☆ドリームスターズ!
レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!
監督 宮原直樹
原作 東堂いづみ
製作 映画キラキラ☆プリキュアアラモード製作委員会
出演者 かないみか
齋藤彩夏
東山奈央
古城門志帆
音楽 林ゆうき
製作会社 東映アニメーション
配給 日本の旗東映
公開 日本の旗2017年10月28日予定
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

短編概要[編集]

Petit(プチ)☆ドリームスターズ!レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!』は、3DCGによる同時上映の短編作品で、タイトルの通り2017年3月公開の『映画 プリキュアドリームスターズ!』の参加作品である、本作のペコリン、前作『魔法つかいプリキュア!』のモフルン、前々作『Go!プリンセスプリキュア』のパフとアロマ兄妹がスイーツ作りにチャレンジする内容となっている。製作コンセプトとしては「妖精たちによる『プリキュアドリームスターズ』」で、「ペコリンががんばってスイーツ作りをすると可愛い」と思ったことが企画意図となっており、そこにここ最近のプリキュアの妖精たちをみんな出してしまおう、となったいう[2]

短編の登場人物[編集]

ペコリン
声 - かないみか
モフルン
声 - 齋藤彩夏[7]
パフ
声 - 東山奈央[7]
アロマ
声 - 古城門志帆[7]

短編スタッフ[編集]

  • 原作 - 東堂いづみ
  • 企画 - 内藤圭祐
  • 監督 - 宮原直樹
  • CGディレクター - 小林真理
  • 音楽 - 林ゆうき
  • アニメーション制作 - 東映アニメーション
  • 制作 - 映画キラキラ☆プリキュアアラモード製作委員会(東映アニメーション、東映、ABCアニメーション、バンダイ、アサツー ディ・ケイ、マーベラス、木下グループ)

主題歌[編集]

オープニングテーマ「SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード
作詞 - 大森祥子 / 作曲・編曲 - 大竹智之 / 歌 - 駒形友梨
エンディングテーマ「トレビアンサンブル!!」
作詞 - Nostalgic Orchestra / 作曲・編曲 - 三好啓太 / 歌 - 駒形友梨&宮本佳那子
挿入歌「メモワール・ミルフィーユ」
作詞・作曲・編曲 - 三好啓太 / 歌 - キュアホイップ(美山加恋)、キュアカスタード(福原遥)、キュアジェラート(村中知)、キュアマカロン(藤田咲)、キュアショコラ(森なな子)、キュアパルフェ(水瀬いのり

関連商品[編集]

  • 音楽CD『「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」主題歌シングル』(マーベラス/ソニー・ミュージックマーケティング、2017年10月25日発売、MJSS-09206)
  • 音楽CD『映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ! オリジナル・サウンドトラック』(マーベラス/ソニー・ミュージックマーケティング、2017年10月25日発売、MJSA-01223)

プロモーション等[編集]

  • 恒例となっているスタンプラリーは、2017年7月11日から8月21日にローソン各店舗で実施[8]、同年7月24日から8月31日に京浜急行電鉄で実施する[9]
  • ABCクッキングスタジオとコラボレーションし、2017年9月1日から「キッズ1dayレッスン」に、プリキュアになりきってスイーツが作れるレッスンが追加される[10]
  • スイーツ系店舗とのコラボレーションとしては、2017年7月20日からミスタードーナツが「ペコリンドーナツ」を発売したほか[11]、2017年10月6日からはディッパーダンがコラボメニューを発売する[12]
  • 丸井とのコラボレーションストアを公開旗艦館である新宿バルト9と共に新宿三丁目イーストビルに入居する新宿マルイアネックスなど4店で実施、この店舗限定グッズの販売や各種キャンペーンも行う[13][14]
  • 文部科学省が行っている啓発キャンペーンとタイアップし、食べ物を大切にする心と感謝する気持ちを育むことや、食事の楽しさを伝えることを目的としたポスターを制作、全国の幼稚園、小学校、義務教育学校に配布する[15]

備考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現実世界が舞台なのはクロスオーバー映画『映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち』(横浜みなとみらい21)以来(単独映画では『映画ハートキャッチ』以来)。
  2. ^ 厳密にはシリーズ映画前作『映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!』の同時上映短編作『キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン!』に、『Go!プリンセスプリキュア』のキュアフローラが登場しているが、これはキュアミラクルがモフルンのミラクルモフルンライトで変身しているので、「本人」(および「メイン作」・「複数」)としては史上初となる。

出典[編集]

  1. ^ 「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」10月28日全国ロードショー,アニメ!アニメ!,2017年7月1日
  2. ^ a b Febri』Vol.43 P.40-41
  3. ^ a b “歌舞伎界・初のプリキュア声優! 自他共に認めるスイーツ男子・尾上松也さんが、バラのトックを身につけた超個性的なパティシエ役に挑戦!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年9月10日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1504753429 2017年9月10日閲覧。 
  4. ^ キュアショコラに一目惚れした悠木碧、「プリキュア」新作にゲスト出演,映画ナタリー,2017年9月17日
  5. ^ 『映画キラキラ☆プリキュアアラモード』に『魔法つかいプリキュア!』のキュアミラクル&キュアマジカル&キュアフェリーチェそしてモフルンがカメオ出演!,アニメイトタイムズ,2017年10月15日
  6. ^ 秋映画では初「プリキュアアラモード」のピンチを「魔法つかいプリキュア」が救う,ORICON NEWS,2017年10月15日
  7. ^ a b c ♡プチドリームスターズ!レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!♡プレスコ収録ー!!!,齋藤彩夏オフィシャルブログ「彩夏のブログ」,2017年7月26日
  8. ^ 『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』(10/28(土)全国ロードショー)全国ローソンにてスタンプラリーキャンペーン展開中!,プリキュアガーデン,2017年7月13日
  9. ^ 7月24日(月)から「京急線 夏休みスタンプラリー」仮面ライダーとプリキュアを見つけにいこう!,京浜急行電鉄,2017年7月13日
  10. ^ ABCクッキングスタジオでレッツ・ラ・クッキング☆,映画キラキラ☆プリキュアアラモード公式サイト,2017年8月4日
  11. ^ ミスタードーナツとのタイアップ決定!,映画キラキラ☆プリキュアアラモード公式サイト,2017年7月13日
  12. ^ 『映画キラキラ☆プリキュアアラモード』×ディッパーダンキャンペーン!,映画キラキラ☆プリキュアアラモード公式サイト,2017年10月6日
  13. ^ マルイとのコラボレーションストアが期間限定でオープン!,映画キラキラ☆プリキュアアラモード公式サイト,2017年10月6日
  14. ^ 映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!×OIOI 特設サイト
  15. ^ 『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』とタイアップ! ~ すききらいしないで食べようね! ~,文部科学省,2017年10月6日
  16. ^ 『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』天才パティシエ・シエルの過去に繋がる新エピソードがテレビシリーズで明らかに!,アニメイトタイムズ,2017年10月13日
  17. ^ futagokamikitaのツイート (914075491572707329)
  18. ^ FUJIWARA原西孝幸:「アメトーーク!」で「プリキュア」プレゼン 愛がさく裂,毎日新聞デジタル,2017年09月24日
  19. ^ 9月28日(木)「アメトーーク!」にプリキュア登場!【パブリシティ情報】,映画キラキラ☆プリキュアアラモード公式サイト,2017年9月26日
  20. ^ 『アメトーーク!』、FUJIWARA・原西孝幸の「熱すぎるプリキュア愛」が大好評!,日刊大衆,2017年10月5日

外部リンク[編集]