西尾大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西尾 大介(にしお だいすけ、1959年4月1日[1] - )は、日本アニメ監督プロデューサーである。広島県三次市出身。東映アニメーション所属[2]。血液型はO型[1]

略歴・人物[編集]

修道中学校・高等学校卒業。同級生にフリーアナウンサー山中秀樹、先輩に脚本家遊川和彦コラムニスト神足裕司(一学年上)ら、後輩には歌手吉川晃司らがいる。

立命館大学4回生の時に友人から東映の採用試験の情報を聞いて応募、合格し1981年東映アニメーション(当時・東映動画)に第1期研修生として入社。同期に佐藤順一貝澤幸男芝田浩樹梅澤淳稔、有迫俊彦といった演出家がいる。『Dr.スランプ アラレちゃん』の第128話「正義と愛の板ばさみ」で演出デビューする。

ダイナミックな演出を得意とし、『ドラゴンボール』シリーズや『エアマスター』、『ふたりはプリキュア』などといったアクションアニメを手がけていることで知られている。こういった作風にはジェット・リーのアクション映画などが好きでその影響もあると語っている。他にもバトル物だけでなく、『金田一少年の事件簿』といった前述の作品と作風の違うアニメも手がけている。

『ドラゴンボール』のオープニングの絵コンテでは、歌詞そのままの映像を付けたことに先輩から突っ込みが入ったが反応はよかったという。『ふたりはプリキュア』では不快な要素を入れないこと、主人公たちが自分たちの精一杯の力を出して懸命に戦うことでキャラクターの信念が伝わるようにということなどをモットーにして作品を手掛けた。また演出面、特に絵コンテにこだわるあまり、絵コンテ執筆が非常に遅いことでも知られている[3]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

OVA[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「DRAGON CALL スタッフ8人に聞きました」『ドラゴンボールZ アニメ・スペシャル』集英社〈ジャンプ・ゴールドセレクション4〉、1989年10月18日、124頁。雑誌 29939-10/18。
  2. ^ 第33回 「ドラゴンボール」「金田一少年の事件簿」「ふたりはプリキュア」の監督、西尾大介インタビュー 何が目標で、何をやれば答えが見つかるかわからなかった|お前の目玉は節穴か season 2|Webマガジン幻冬舎
  3. ^ 辻田邦夫ホームページ内作品リスト - 「作品リスト1985年-1993年」の『劇場版ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち』の項によると、コンテ執筆終了が編集作業の1週間前であった(通常、編集作業はアフレコの直前、すなわちアニメ製作工程の終盤に行う)。また、同リストによると『劇場版 金田一少年の事件簿』でもほぼ同様のことが起こったとのこと。
  4. ^ ただし、降板後の202話の演出は担当しており、DVDパッケージでも最後まで西尾がシリーズディレクターとしてクレジットされている。

関連項目[編集]