テイエムプリキュア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テイエムプリキュア
Tm precure.jpg
2009年5月3日京都競馬場
欧字表記 T M Precure
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2003年4月8日(15歳)
登録日 2005年7月14日
抹消日 2010年11月17日
パラダイスクリーク
フェリアード
母の父 ステートリードン
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 タニグチ牧場
馬主 竹園正繼
調教師 五十嵐忠男栗東
競走成績
生涯成績 37戦4勝
中央競馬36戦4勝)
地方競馬1戦0勝)
獲得賞金 2億474万1000円
テンプレートを表示

テイエムプリキュア日本競走馬繁殖牝馬である。2005年度JRA賞最優秀2歳牝馬。馬名の由来は「冠名+キャラクター名」。「プリキュア」とはアニメ『ふたりはプリキュア』シリーズの主人公たちが変身する伝説の戦士の名であり、名付け親は馬主・竹園正繼の娘である。

戦績[編集]

場内に新冠泥火山があるタニグチ牧場で2003年4月8日に誕生。誕生後すぐ母・フェリアードが腸捻転の手術を受けるため入院し、人間の手により乳を与えられて育つ。同年秋に日高軽種馬農業協同組合主催のオータムセールに上場され、250万円で竹園正繼に購買された。2005年、兄・テイエムハクバオーも管理する五十嵐忠男厩舎に入厩。

2005年 阪神ジュベナイルフィリーズ
2009年 日経新春杯
2009年 エリザベス女王杯

2005年[編集]

2005年9月3日小倉競馬場赤木高太郎を背にデビューし、ドリームパスポートなどを退けて初戦勝利を挙げた。続くかえで賞(500万円以下)は、鞍上に熊沢重文を迎えて連勝。2歳女王戦の阪神ジュベナイルフィリーズを迎える。当日は8番人気と低評価であったが中団待機策から残り100mで一気に先頭に立ち、2着のシークレットコードに1馬身半差を付けて優勝した。なお、表彰式には名付け親である竹園の娘も一緒に表彰台に立った。この年、JRA賞最優秀2歳牝馬を受賞。

2006年 - 2008年[編集]

2006年初戦のチューリップ賞ではレース2日前に熊沢が骨折したため、鞍上が上村洋行に乗り替わりとなる。1番人気に支持されたが4着に敗れた。次走の桜花賞では鞍上が熊沢に戻るも、8着。フローラステークス7着を経て臨んだ優駿牝馬では11着と大敗し、さらに脚部不安のために長期の休養を余儀なくされた。2007年初頭の復帰以降は2年間で20戦して入着(5着以内)は2回、2桁着順が13回と極度の不振に陥った。2008年最終戦の愛知杯では最下位に沈んだ。

2009年 - 2010年[編集]

2009年1月、前年3着と好走していた日経新春杯を最後に競走生活からの引退が発表される。 当日は最軽量ハンデの49kgで出走。雨の中をスタートから先頭に立ってレースを引っ張り、後続を大きく引き離す。最後の直線でもスピードは鈍らず、2着のナムラマースに3馬身半差の逃げ切りで阪神ジュベナイルフィリーズ以来3年1ヶ月振りの勝利を挙げた。騎乗した荻野琢真にとっては、これが重賞初勝利であった。

この勝利により予定が変更され、天皇賞(春)を目標としての現役続行が決定した。その後、3月22日阪神大賞典に出走。スタートからハナに立ち大逃げを打つも最後の直線でアサクサキングスに捕らえられ失速、9着に敗れた。そして大一番の天皇賞(春)では道中3番手からレースをしたが3コーナー付近で失速、18着としんがり負けに終わった。

休養を挟んで10月11日京都大賞典ではいつも通りの大逃げを打つも直線で失速し、最下位の14着に終わった。11月15日には、約11ヶ月ぶりに熊沢を鞍上に迎えてエリザベス女王杯に出走。クィーンスプマンテと大逃げを打ち、最後の直線ではブエナビスタに迫られるものの2着と健闘した。なお、6歳(旧表記7歳)以上の牝馬のGI(JpnIも含む。以下同じ)連対2015年ヴィクトリアマイルストレイトガールが優勝するまで、1993年宝塚記念にて2着に入ったイクノディクタス(当時6歳・旧表記7歳)と並び日本調教馬としてGI最高着順だった[1]

2009年有馬記念ファン投票では23位となったが、これを受けてテイエム牧場公式サイトの掲示板でファンに直接意見を求めた結果、馬主が有馬記念に出走させる意向であることを表明し、出走したが14着に終わった。

2010年はまず、連覇を賭けて日経新春杯に挑むも12頭中12着としんがり負けに終わった。半年の休養を挟み、7月25日函館記念ではスタートから大逃げを打つも3コーナー付近で失速し最下位の16着に敗れた。続く8月29日新潟記念では最内枠からいつも通りのマイペースな逃げを見せるも直線で一杯になり16着に敗れた。11月14日のエリザベス女王杯では道中先頭に立ってレースを引っ張り、後続を引き離したが直線で失速し17着に敗れた。11月17日に競走馬登録を抹消し、生まれ故郷のタニグチ牧場で繁殖入りすることとなった[2]

競走で獲得した賞金は2億474万1000円となり、落札額に対して81.9倍の賞金を稼いだ。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手
距離
(馬場)
タイム
3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2005 9. 3 小倉 2歳新馬 16 5 9 7.1(5人) 1着 赤木高太郎 54 芝1200m(良) 1:09.6 (36.0) -0.2 (コスモルビー)
10. 23 京都 かえで賞 12 5 5 16.6(5人) 1着 熊沢重文 54 芝1400m(良) 1:22.6 (35.7) -0.1 (ナイスヴァレー)
12. 4 阪神 阪神JF GI 18 6 12 22.6(8人) 1着 熊沢重文 54 芝1600m(良) 1:37.3 (35.7) -0.2 (シークレットコード)
2006 3. 4 阪神 チューリップ賞 GIII 16 6 11 3.1(1人) 4着 上村洋行 54 芝1600m(良) 1:37.1 (36.3) 0.6 アドマイヤキッス
4. 9 阪神 桜花賞 GI 18 3 5 6.7(3人) 8着 熊沢重文 55 芝1600m(良) 1:35.7 (36.3) 1.1 キストゥヘヴン
4. 23 東京 フローラS GII 18 5 10 3.1(1人) 7着 熊沢重文 54 芝2000m(良) 2:02.0 (34.7) 0.3 ヤマトマリオン
5. 21 東京 優駿牝馬 GI 18 6 11 37.8(10人) 11着 熊沢重文 55 芝2400m(良) 2:27.5 (36.2) 1.3 カワカミプリンセス
2007 1. 6 京都 京都金杯 GIII 16 2 3 74.1(14人) 16着 安部幸夫 52 芝1600m(稍) 1:35.8 (36.4) 1.9 マイネルスケルツィ
1. 24 大井 TCK女王盃 JpnIII 14 3 4 10.1(4人) 12着 熊沢重文 54 ダ1800m(良) 1:54.4 (39.0) 1.7 サウンドザビーチ
2. 3 小倉 小倉大賞典 JpnIII 15 4 7 85.2(14人) 6着 芹沢純一 51 芝1800m(良) 1:47.3 (36.5) 0.5 アサカディフィート
3. 4 中京 中京記念 GIII 16 3 5 23.3(9人) 16着 菊沢隆徳 51 芝2000m(良) 1:59.2 (37.7) 2.3 ローゼンクロイツ
3. 25 中山 マーチS GIII 15 4 8 46.5(13人) 15着 大野拓弥 51 ダ1800m(稍) 1:56.1 (43.6) 4.7 クワイエットデイ
4. 7 阪神 阪神牝馬S GII 10 8 9 67.3(7人) 7着 安部幸夫 55 芝1400m(良) 1:21.5 (34.4) 0.8 ジョリーダンス
4. 21 福島 福島牝馬S GIII 16 3 5 18.6(8人) 8着 熊沢重文 56 芝1800m(良) 1:47.1 (35.1) 0.5 スプリングドリュー
10. 14 東京 府中牝馬S GIII 16 5 9 137.4(14人) 14着 津村明秀 55 芝1800m(良) 1:47.1 (34.4) 1.7 デアリングハート
11. 17 京都 トパーズS OP 16 4 7 159.3(13人) 16着 酒井学 50 ダ1800m(良) 1:54.0 (37.9) 2.7 ロングプライド
12. 15 中京 愛知杯 GIII 16 7 14 153.3(15人) 10着 酒井学 51 芝2000m(良) 1:59.5 (34.0) 0.6 ディアデラノビア
2008 1. 5 京都 万葉S OP 13 8 13 63.7(12人) 8着 酒井学 50 芝3000m(良) 3:08.5 (35.5) 0.9 トウカイトリック
1. 20 京都 日経新春杯 GII 16 8 15 78.8(12人) 3着 酒井学 50 芝2400m(良) 2.27.7 (37.7) 0.3 アドマイヤモナーク
2. 17 東京 ダイヤモンドS JpnIII 14 8 14 19.4(10人) 6着 酒井学 50 芝3400m(良) 3.34.3 (36.3) 0.7 アドマイヤモナーク
3. 9 中京 中京記念 GIII 18 2 3 27.4(11人) 16着 藤岡康太 50 芝2000m(良) 1:59.3 (35.5) 0.9 タスカータソルテ
4. 12 阪神 大阪-ハンブルクC OP 15 6 10 9.0(5人) 14着 酒井学 50 芝2400m(良) 2.28.2 (40.2) 3.2 シルクネクサス
4. 26 東京 メトロポリタンS OP 15 6 10 65.9(12人) 15着 田面木博公 50 芝2400m(良) 2.27.2 (39.2) 3.7 アルナスライン
10. 18 東京 アイルランドT OP 16 7 13 96.8(11人) 12着 後藤浩輝 53 芝2000m(良) 2.00.0 (33.7) 1.7 オペラブラーボ
11. 9 東京 アルゼンチン共和国杯 JpnII 16 2 3 58.8(12人) 4着 石神深一 49 芝2500m(良) 2:31.2 (36.4) 0.4 スクリーンヒーロー
12. 6 阪神 鳴尾記念 GIII 17 6 11 62.6(12人) 13着 熊沢重文 54 芝1800m(良) 1:47.8 (37.8) 1.8 サクラメガワンダー
12. 20 中京 愛知杯 GIII 18 3 5 23.7(9人) 18着 荻野琢真 50 芝2000m(良) 2:00.6 (37.2) 1.4 セラフィックロンプ
2009 1. 18 京都 日経新春杯 GII 16 5 10 34.4(11人) 1着 荻野琢真 49 芝2400m(良) 2:26.6 (36.6) -0.6 ナムラマース
3. 22 阪神 阪神大賞典 GII 12 4 4 22.8(7人) 9着 荻野琢真 56 芝3000m(重) 3:16.0 (43.4) 2.8 アサクサキングス
5. 3 京都 天皇賞(春) GI 18 3 6 60.3(14人) 18着 荻野琢真 56 芝3200m(良) 3:20.6 (40.3) 6.2 マイネルキッツ
10. 11 京都 京都大賞典 GII 14 7 12 43.1(9人) 14着 荻野琢真 56 芝2400m(良) 2:27.5 (40.3) 3.2 オウケンブルースリ
11. 15 京都 エリザベス女王杯 GI 18 6 11 91.6(12人) 2着 熊沢重文 56 芝2200m(良) 2:13.8 (36.9) 0.2 クィーンスプマンテ
12. 27 中山 有馬記念 GI 16 6 12 65.0(14人) 14着 熊沢重文 55 芝2500m(良) 2:35.7 (41.0) 5.7 ドリームジャーニー
2010 1. 17 京都 日経新春杯 GII 12 3 3 14.1(5人) 12着 熊沢重文 54 芝2400m(良) 2:27.7 (38.5) 3.3 メイショウベルーガ
7. 25 函館 函館記念 GIII 16 7 14 31.0(12人) 16着 荻野琢真 53 芝2000m(良) 2:03.7 (41.2) 5.2 マイネルスターリー
8. 29 新潟 新潟記念 GIII 17 1 1 30.7(11人) 16着 国分恭介 53 芝2000m(良) 1:59.6 (35.4) 1.2 ナリタクリスタル
11. 14 京都 エリザベス女王杯 GI 17 2 4 78.4(11人) 17着 国分恭介 56 芝2200m(良) 2:14.7 (38.5) 2.2 スノーフェアリー

エピソード[編集]

パドックに張られたテイエムプリキュアの横断幕(2010年11月14日)

阪神ジュベナイルフィリーズに優勝する前、馬主の竹園は月刊優駿でコラムを連載しており、この馬の2003年のオータムセールでの購入時のことを述べている。それによると竹園は血統等の先入観なしで一目で走る馬だと直感し、竹園のほかに誰も手を上げる者がなく250万円で購入できた。しかしどの調教師もこの馬を預かることに及び腰となったため、竹園は当馬の兄を預けていた五十嵐に押し付けるように預けた。

また、同氏の著書「馬見の極意」(テイエム技研)の収録DVDにセールで競り落とした当馬の映像が収録されている。

その馬名と大逃げを打つ脚質から「記録よりも記憶に残る馬」として人気があり、しんがり負けが全37走中10回もあったにもかかわらず単勝最低人気になったことは一度もなく、レースに出走するたびに馬名の入った横断幕パドックに何枚も掲げられ、ラストランとなった2010年11月14日のエリザベス女王杯では9枚も掲げられていた[3]。また、馬名にちなんで2006年からメンコに『ふたりはプリキュア Max Heart』のワッペンが貼られるようになり、2009年に『フレッシュプリキュア!』のワッペンに更新されている。

「2歳と6歳でJRAの重賞優勝」「2歳と6歳でJRAのGI連対」の記録は、牡馬ではアドマイヤコジーンがいるが、牝馬では本馬が唯一の記録である。

日経新春杯を制した2009年は6歳であり、このレースを優勝した牝馬の中で最高齢記録である。

2018年6月4日に放送されたNHKのバラエティ番組「鶴瓶の家族に乾杯」では、笑福亭鶴瓶吉岡里帆がタニグチ牧場を訪れた際に、仔馬と一緒に放牧されている姿が確認された[4][5]

繁殖成績[編集]

引退後はタニグチ牧場で繁殖牝馬となり、2012年に初仔が生まれた。初仔と2番仔は出産直後に育児放棄が見られ、仔馬に乳母の馬をつけて飼育されていたが、3番仔からはテイエムプリキュア自身が仔馬の面倒を見るようになった。

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
初仔[6] テイエムキュアオウ 2012年 ディープスカイ 栗毛 栗東五十嵐忠男
佐賀吉田昭
→栗東・柴田光陽
→佐賀・吉田昭
→佐賀・坂井孝義
竹園正繼 25戦2勝(引退)[7]
2番仔[6] テイエムプリオネ 2013年 黒鹿毛 栗東・五十嵐忠男
→佐賀・坂井孝義
竹園正繼 10戦0勝(引退)[8]
3番仔[6] テイエムカクテル 2014年 キングズベスト 黒鹿毛 栗東・五十嵐忠男 竹園正繼 2戦0勝(引退)[9]
4番仔[6] テイエムリベンジ 2015年 ヤマニンセラフィム 栗毛 栗東・五十嵐忠男 竹園正繼 未出走[10]
5番仔[6] (テイエムプリキュアの2016) 2016年 テイエムオペラオー 青鹿毛    
6番仔[6] (テイエムプリキュアの2017) 2017年 ジャングルポケット 栗毛    
7番仔[6] (テイエムプリキュアの2018) 2018年 ネオユニヴァース 栗鹿毛    

血統表[編集]

テイエムプリキュア血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 リヴァーマン系

*パラダイスクリーク
Paradise Creek 1989
黒鹿毛 アメリカ
父の父
Irish River 1976
栗毛 フランス
Riverman Never Bend
River Lady
Irish Star Klairon
Botany Bay
父の母
North of Eden 1983
鹿毛 アイルランド
Northfields Northern Dancer
Little Hut
*ツリーオブノリッジ Sassafras
Sensibility

フェリアード 1996
芦毛 日本
*ステートリードン
Stately Don 1984
青鹿毛 アメリカ
Nureyev Northern Dancer
Special
Dona Ysidra Le Fabuleux
Matriarch
母の母
*ユキグニ
Yukiguni 1986
芦毛 アメリカ
Caro *フォルティノ
Chambord
*デリケートアイス Icecapade
Damascene
母系(F-No.) (FN:1-s) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4×4、Nearctic 5×5・5 [§ 3]
出典
  1. ^ [11]
  2. ^ [11]
  3. ^ [11]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 外国調教馬ではホーリックス1989年ジャパンカップで優勝(6歳・旧表記7歳)しており、前述のストレイトガールも6歳時にはさらにスプリンターズステークスを勝ち、7歳時にはヴィクトリアマイルを連覇している。
  2. ^ テイエムプリキュア号が競走馬登録抹消
  3. ^ 阪神JF優勝馬テイエムプリキュアが故郷に凱旋
  4. ^ 吉岡里帆「超あざとかわいい」姿も一瞬で忘れた!? 『家族の乾杯』で一部視聴者が感動したのは......”. Gambling Journal. サイゾー (2018年6月5日). 2018年7月11日閲覧。
  5. ^ 吉岡里帆、G1馬テイエムプリキュアと触れあう”. ニコニコニュース (2018年6月5日). 2018年7月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g テイエムプリキュア”. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年6月4日閲覧。
  7. ^ 地方競馬 データ情報”. 地方競馬全国協会. 2018年6月4日閲覧。
  8. ^ テイエムプリオネ|JBISサーチ”. JBIS. 2017年3月20日閲覧。
  9. ^ テイエムカクテル|JBISサーチ”. JBIS. 2018年6月4日閲覧。
  10. ^ テイエムリベンジ|JBISサーチ”. JBIS. 2018年6月4日閲覧。
  11. ^ a b c 血統情報:5代血統表|テイエムプリキュア”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]